<< 生きてゆく / KANA-BOON (生きてゆく 収録) home ユニコーン 「OTODAMA’14〜音泉魂〜 ”必死のパッチで10回目!”」@泉大津フェニックス 9月7日 セットリスト #unicorn >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Rather Be feat. Jess Glynne / Clean Bandit (New Eyes 収録)

 UKはケンブリッジ出身の4人組、Clean Banditクリーン・バンディット)のシングル"Rather Be"。今年初頭に全英1位を獲得した後、現在アメリカのビルボードチャートでも13位まで上昇しています。UKではSpotifyでの再生回数がこれまで最高だったDaft Punkの"Get Lucky"を超えたそうです。彼らのデビューアルバム『New Eyes』(全英3位 全米180位)収録。

・Clean Bandit - Rather Be (feat. Jess Glynne) (Official Video)


 メンバーは以下の4人。
・Clean Bandit member
Jack Patterson: bass, sax, deck, keyboard
Luke Patterson: drums, occasional vocalist
Grace Chatto: strings (cello)
Milan Neil Amin-Smith: strings (violin)

 メンバーの担当楽器からも分かるようにクラシカルな要素(ケンブリッジ出身ってとこもちょっとインテリな感じがしますね)もありつつ、それをダンスミュージックと融合させたポップな音を聴かせるバンドで、この曲"Rather Be"でもストリングスが効果的に使われていてすごく聴き心地がいいです。ちなみにヴォーカルはメンバーではなくロンドン出身のシンガー、Jess Glynneがフィーチャーされています。

 この曲は何と言っても日本で撮影されたミュージックビデオが面白い。まずオープニングから「清潔な盗賊」(Clean Bandit)、「ラーザ・ビ」って日本語が出てくる時点でインパクトあります。そして、ロンドンを拠点に女優として活動してる安部春香という女性(映画「47RONIN」などに出演)が、日本に住むバンドのファンという設定で、日常生活でバンドの幻覚を見るようになっていくというもの。築地の市場がメインで出てくるのが面白いです。海外でもウケてそうだけど、どうなのかな。

■Clean Bandit 『New Eyes』収録曲

1. Mozart's House
2. Extraordinary
3. Dust Clears
4. Rather Be
5. A&E
6. Come Over
7. Cologne
8. Telephone Banking
9. Up Again
10. Heart On Fire
11. New Eyes
12. Birch
13. Outro Movement III
14. Rihanna
15. UK Shanty
16. Nightingale
17. Nightingale (Gorgon City Remix)
18. Rather Be (Magician Remix)


【同じカテゴリの最新記事】
・Glastonbury 2014 Clean Bandit on the John Peel stage
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2014年09月03日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails