<< じょじょ / サンフジンズ (スリーシンフサンズ 収録) home Chandelier / Sia (1000 Forms of Fear 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2014)
  3. クラムボン / GREAT3@恵比寿LIQUIDROOM 感想&セットリスト #clammbon #Great3

LIQUIDROOMが新宿から渋谷に移動して10周年を祝う「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の一環として行われた、クラムボン(clammbon)とGREAT3(グレイト・スリー)の対バンライブに行ってきました。

「リキッドルームが恵比寿に移動して10年も経ったのか」ってのと、高校生くらいのときに、「なんだかお洒落なバンドだなぁ」なんて思いながら聞いてたGREAT3を、この歳でのライブを初めて見ることになるってのもなんか不思議な感じ。

先行はGREAT3
今日のライブは今年発表の最新アルバム『愛の関係』の曲を全曲やるってのが事前に告知されていて、MCでもその説明をしていた。
アルバムは残念ながら聴けてなかったので、YouTubeで見た"愛の関係"以外全て初聴だったので、どんなライブになるのか楽しみ。

1曲目はアコースティックな静かな曲からスタート。

メンバーは3人に加え、アルバム制作にも参加したキーボードでNEIL&IRAIZAの堀江博久(ビートルズTシャツを着てたけど、これはP.i.L.のギタリスト、キース・レヴィンの真似らしい)、ギターで長田進がサポートで参加。

サウンド面だけでなく、飛び跳ねながらキーボードを演奏したり、私が勝手にトレードマークだと思っている、口を半開きの状態でギターをかき鳴らす姿がライブに花を添えてた。
特に長田さんのギターは私のような民生好きにはたまらん。

曲の方はしっとり目の曲があったり、ちょっとファンキーな曲があったり、シューゲイザー的な爆音があったり、再結成から加入したベースのjanがリードヴォーカルを取るちょっとダウナーな打ち込み系の曲があったりと、1曲1曲色があってカッコいい。

終盤で披露した、janのベースが全編にわたって曲を引っ張り、そこに堀江が12弦のアコギを弾き、片寄のアコギとバトルするように演奏された曲が特に良かった。

初めて見たGREAT3のライブは、「また見たい!」と思わせる素晴らしいものでした。

セトリはこの順番になってるかわからないけど、アルバムの曲順を載せておきます。
・GREAT3 『愛の関係』

01. 丸い花
02. 愛の関係
03. 穴と月
04. Don't Stop
05. 5.4.3.2.1
06. ポカホンタス
07. マグダラ
08. モナリザ
09. タランチュラ
10. 魂消
11. 砂時計


後攻はクラムボン
ベースのミトがGREAT3のライブについて「ずるい、ずるい、としかいえないライブはずるい」言ったり、原田郁子が「あのセットリストの後にやるのは辛い」とべた褒めだったけど、先に言ってしまうと、今日のクラムボンのライブはそれ以上に最高でした。

割と定期的にライブ見てるけど、今日は神セトリと言っても過言ではなかったな。

"はなれ ばなれ"からスタートしたライブは、久しぶりにやる曲と言って始まった"君は僕のもの"など結構初期のころの曲が中心。

今日はリキッドの10周年と言うことで、メンバーもしきりにこの10年について語ってたけど、それこそ10年前(この頃一番クラムボン聴いて時期たかも)に戻ったかのような気持ちになりました。


そして、今日はなんかやるんじゃないかと勝手に思っていた"ララバイ サラバイ"が始まった。
演奏が始まる前の雰囲気でこの曲だ!ってすぐわかった。
後半の爆音で頭が真っ白になりました。
最高。

さらにこの後、クラムボンで一番好きな"バイタルサイン"へとつながり、興奮は最高潮。
その最高のところから降りることを許さない、"KANADE Dance"〜"シカゴ"〜"サラウンド"(最近はハムの歌って言われるらしいww)という流れはそれこそ「ずるい」の一言です。


それにしても、GREAT3もクラムボンもどちらもスリーピースだけど、一方はサポートを2人加え多彩なサウンドを鳴らし、一方は3人だけで圧倒的な音を奏でる、と、どちらが良い悪いということではなく、なんか面白いなぁって思った。


本編が終わり、アンコール。
ドラムの大ちゃんがMCで珍しく長めにしゃべってたんだけど、現在母校の音楽専門学校でドラムを教えているらしく、そこでのエピソードを披露。

生徒との会話で「親が聴いてました」とか「まだバンドやってるんですか?」とか「昔はモテましたか?」と昔の人扱いされることがあるらしく、「そんな若い世代に届く曲を作りたい!」って話してた。

ま、そこだけ聞くとひどい話だけど、もっと新しい世代にも聴いてもらいたいバンドですよ。
というか、聴かなきゃもったいなさ過ぎる。

それを受けて、ミトが「今、曲をいっぱい作ってる」って言ってたのでとても楽しみ。


そんなミトがメインボーカルを取る"波よせて"からアンコールスタート。
「みんなで海行こうぜ!」って言って勢い欲始まったけど、2番の出だしから歌詞をど忘れして演奏をやり直すって言うハプニングがあった。
ミトは「夏を終わらせたくなかったんだよ」って言い訳してたけど(笑)

最終的には大合唱で"波よせて"は終わって、ラストは"Re-残暑"。
ポリリズミックなキーボードのサウンドと、ギターに持ち替えたミトのミニマルなリフレインでライブは終了。

最後に、今度トリビュート盤(GREAT3が参加していること、その他豪華なメンツはまだ言えないらしい)が出ることを告げて去っていきました。

あー、ワンマンも見たいなぁ。

以下、セットリスト。

2014.08.28 クラムボン / GREAT3@恵比寿LIQUIDROOM Setlist

・クラムボン Setlist
01. はなれ ばなれ
02. パンと蜜をめしあがれ
03. GOOD TIME MUSIC
04. 君は僕のもの
05. 恋わずらい
06. ララバイ サラバイ
07. バイタルサイン
08. KANADE Dance
09. シカゴ
10. サラウンド
---encore---
11. 波よせて
12. Re-残暑
【同じカテゴリの最新記事】


【サイト内関連記事】
Oh Baby / GREAT 3 (SINGLES 1994〜2002 収録)
バイタルサイン [mono mix] / クラムボン (てん、 収録)
combination #1@代官山UNIT(クラムボン・Golf・montag)
Re-パンと蜜をめしあがれ / クラムボン (Re-clammbon 収録)
残暑 / クラムボン (ドラマチック 収録)
サヨナラColor feat.忌野清志郎 / ハナレグミ/クラムボン/ナタリー・ワイズ (サヨナラCOLOR~映画のためのうたと音楽~ 収録)
心象21 / クラムボン (ドラマチック 収録)
clammbon presents 『sound circle』@Shibuya O-EAST (クラムボン、toe、manual)
便箋歌 / クラムボン (ドラマチック 収録)
クラムボン@NHKホール clammbon 2009 「Re-clammbon tour」
Ballet Mecchanique(クラムボン、toe)@桜坂セントラル
HiM with 原田郁子 (from クラムボン)@Shibuya O-nest (竹久圏&L?K?O&ダグ・シャリン)
NOW!!! (2010 ver.) / クラムボン (2010 収録)
クラムボン@ヨコハマ創造都市センター 1F ホール(YCC) clammbon tour「2010」
ROCKS TOKYO 2011@若洲公園 初日 Part2 (サカナクション、クラムボン、神聖かまってちゃん、SEBASTIAN X 他)
クラムボン@両国国技館
toe /クラムボン/mouse on the keys / agraph@Shibuya O-EAST
alternative tokyo vol.2@新木場STUDIO COAST (クラムボン、向井秀徳、eastern youth他) 感想&セットリスト

・GREAT3 - 「愛の関係」ミュージックビデオ
カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0)  
2014年08月27日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails