<< サマソニ2014、第19弾発表で矢沢永吉とファンキー加藤の2組追加! home あなたが太陽 / ユニコーン (イーガジャケジョロ 収録) #unicorn >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2014)
  3. Hostess Club Weekender 2014.JUNE@新木場STUDIO COAST (Blonde Redhead、Simian Mobile Disco、SOHN 他) 感想&セットリスト #hcw #hostessclub

新木場STUDIO COASTにて開催された通算8回目の開催となるイベント『Hostess Club Weekender』の初日に行ってきました。

今日の出演者はこんな感じ。

BLONDE REDHEADSIMIAN MOBILE DISCO performing WHORL
PERFUME GENIUSSOHNHIGHASAKITE

(ちなみに明日2日目は、Cat Power、Cloud Nothings、JOAN AS POLICE WOMAN、TOY、THE BOHICAS)


恵比寿のガーデンホールでやってた頃に2回くらい行った事あるけど、コーストに移動してからは初めての参戦でした。

まずはHIGHASAKITEハイアズアカイト)。
今回初めて知ったバンドで、ノルウェー出身の男女5人組バンドらしい。
ボン・イヴェールのジャスティンも絶賛してるバンドだって。

女性メンバーが2人。
どちらも美人さん。
ヴォーカルの子のキラキラのショートパンツがイカしてる。

音の方はポップなんだけど、少し哀愁のあるインディーポップ。
そこがアメリカとかじゃなくて北欧のバンドっぽいかも。
ベースレスの編成だけど、ドラムがいろいろな音を出して様々なリズムを刻んでてすごく良かった。



2組目はSOHNソン)。
今日のお目当ての1人。

タイムテーブルより少し遅れてスタート。
全身黒尽くめの衣装で登場。
本人同様にサンプラーなどを操るメンバー2人を従え(1人はベースも弾いてた)、3人編成。

演奏が始まると、スタッフに細かく指示を与えながら音を調整しながら進んで行く。
ちょっと神経質すぎるんじゃないかって言うくらいの拘りよう。

こういう言い方をすると元も子もないけど、ジェイムス・ブレイクのヴォーカルをポップにした感じ。
音の拘りようはすごいんだけど、彼の歌を聴いてると、良い意味でそれを感じさせない歌力がある。

客のリアクションを掴みかねてMCは若干不安そうだったけど、後半にアップテンポな曲を連発して、一気にフロアの熱を上げて、最後はかなり盛り上がりました。

これは売れそう。


ここで、ちょっと会場の外のエリアへ。
コーストの海側にあるテントのところでGAPがブースをだしてて、そこで無料でかき氷を配ってて、もらって食べました♪


中に戻って3組目はPERFUME GENIUSパフューム・ジーニアス)。
2012年の同ベントでもライブを見てます。

マイク・ハドレアス1人でキーボードを弾き語りしたり、ベース、キーボード、ドラムとバンド編成になったりと曲によってフレキシブルに編成を変えていく。

マイクは黒いツナギのスーツ見たいのをきてて、なんかかわいかった。

基本的には静謐なサウンドで歌を聴かせる曲が多いけど、ドラムが加わる曲のダイナミズムもすごく良かった。
キーボードの人と1つのキーボードで連弾したりもしてました。




4組目はSIMIAN MOBILE DISCO
WHORL」って何だろう?と思ったら、どうやら今度出る(出た?)アルバム『WHORL』をやるライブみたい。
デビューしたころは覚えてるけど、その後の動向は全然追ってなかった。。
もう7年とかになるのね。

というわけで約1時間の持ち時間を使ってアルバムを丸っと披露。
さすがに1つの作品だけあって、ダンスミュージックだけど、物語性を感じさせる流れになってた。

ま、欲を言えば"Hustler"とか昔の曲も聴きたかったけど、それはまたの機会にでも。


トリはBLONDE REDHEADブロンド・レッドヘッド)。
日本人女性カズ・マキノとイタリアはミラノ出身の双子アメデオとシモーネのパーチェ兄弟からなる3人組。
数年前にレーベル『4AD』のイベントでライブ観て、それが最高だったので、今回もかなり期待して臨んだ。

アメデオのヴォーカル曲から始まり、その後はカズと、メインボーカルをとる曲が交互に並ぶセットリスト。
ノイズの入ったオルタナギターロックな曲の多いアメデオボーカルと、エレクトリックな要素の入ったポップなカズボーカルって感じの曲が多い。

それにしてもクネクネと身を揺らしながら歌い、演奏し、踊るカズさんが艶っぽすぎです。
パーチェ兄弟もいかにもイタリアの伊達男って感じだし、3人とも絵になりますね。


どの曲もすごくカッコ良かったけど、特に盛り上がったのは"23"かな。
日本でも「クリスタル・ガイザー」のCMソングに使われてたので、知らずに耳にした人も多いかな。


トリということでアンコールもありました。
日本語で「嬉しいです」とカズが伝えて、1曲だけ。

持ち時間よりちょっと短かったけど、良いライブでした。


ライブ終了後、ステージ前でセットリストの紙でももらえないかなと待ってたら、同じくセトリをもらおうとスタッフに頼んで断られてた人を見かねてか、カズさんが出てきてセトリを渡してた。

で、セトリはもらえなかったけど、そのタイミングでカズさんに握手してもらいました♪

以下、そのセトリに書かれてた紙からフルで曲名わかるものは変換しておきます。

2014.06.21 Hostess Club Weekender@新木場STUDIO COAST Setlist

・Blonde Redhead Setlist
Falling Man
Dr. Strangeluv
Spring And By Summer Fall
Love Or Prison
DEF ANTH
MTBH
Not Getting There
Messenger
NO MORE
XX
23
Melody Of Certain Three
Equally Damaged

・Highasakite Setlist
01. Lover, Where Do You Live?
02. Leaving No Traces
03. Hiroshima
04. Darth Vader
05. The Man on the Ferry
06. I, the Hand Grenade
07. Iran
08. Since Last Wednesday
09. Science & Blood Tests


早速次回、11月開催のHostess Club Weekenderの第1弾発表がありました。
Kaiser Chiefsカイザー・チーフス)がヘッドライナーとして登場します。

【サイト内関連記事】
Hostess Club Weekender@恵比寿ガーデンホール (Spiritualized、atlas sound、TORO Y MOI、ANNA CALVI、PERFUME GENIUS)
Hostess Club Weekender@恵比寿ガーデンホール (The Cribs、Mystery Jets、Gaz Coombes、Cloud Nothings、Exlovers)
23 / Blonde Redhead (23 収録)
4AD evening@O-EAST (DEERHUNTER、BLONDE REDHEAD、ARIEL PINK’S HAUNTED GRAFFITI)
Hustler / Simian Mobile Disco (Attack, Decay, Sustain, Release 収録)
Artifice / SOHN (Tremors 収録)



【同じカテゴリの最新記事】


カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0)  
2014年06月21日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails