<< Galore / THUMPERS (Galore 収録) home サマソニ2014、第11弾発表で9組追加! >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2014)
  3. モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『「乱れうち。」からの、「打止め!」』 感想&セットリスト

モーモールルギャバンmowmowlulugyaban)のZepp Tokyo公演に行ってきた。

ライブ活動を休止を年初に発表し、その休止前の最後のワンマンツアー、 『「乱れうち。」からの、「打止め!』の最後から3番目の公演です。

なんだかんだで過去3回のZepp Tokyo公演を全て見てますが、これでしばらく打ち止めか・・・
と、ちょっと悲しいけど、それは今日は忘れて楽しむべし!

そんなわけで、ライブ。

ユコ・カティ、Tマルガリータ、ゲイリー・ビッチェの順で出てきて、まずはインスト"MAD MADONNA"からスタート。
最前ブロックの真ん中辺りにいたので一気にモッシュに巻き込まれる。

熱い、狭い・・・
でも楽しい!

黄色いドレスのユコ(でんぱ組.incにいそうとゲイリーに言われてた)に、タンクトップにギラギラのズボン、赤い帽子のマル、そして、もちろんパン一ネクタイのゲイリーという出で立ち。

ステージセットはシンプルで、特にステージバックにスクリーンもなく、バンドロゴの幕がかかっていました。

そんな感じで、ライブ休止前最後のツアーなので音楽に専念か!って思った所で"ATTENTION!"のところで女性ダンサーが5人くらい登場。
これがまた、なかなかB級な感じでそれがすごく良かった。

ちなみにダンサーはその後の全曲で出てくるわけではなく要所要所で出て来る感じでした。


元EXILEとか元いきものがかりとか紹介されるマルに、"琵琶湖とメガネと君"では客の眼鏡をとってかけるゲイリー、ゲイリーに目がいきがちだけど、よく見ると変な表情して激しく踊るユコと、三者三様で見てて飽きないステージを続け、こちらも汗だくで踊り続ける前半。

個人的に一番盛り上がったのは"細胞9"。
歌が無い分、演奏の盛り上がりがすごい!


中盤は"野口、久津川で爆死"の前のゲイリーのMCで、野口が出てくるんじゃないかと期待させられたけど、でてこなかったのは残念(以前見た新木場Studio Coast公演で見たけど)。

この曲の中のマルによるしゃべりコーナーで、野口の近況が明かされる。
結婚して、離婚したとこまでは以前のライブで聞いてたけど、なんと再婚したらしい。
さらに、現在プラハに新婚旅行中だって。

なんか知らんけど、めでたいめでたい!

そんな野口や、私の一番好きな曲"POP!烏龍ハイ"をやって、"Good Bye Thank You"〜"悲しみは地下鉄で"、ユコヴォーカルの"コンタクト"と比較的テンポの遅い曲ゾーン。
ここで呼吸を整えつつ、しみじみと聞きながら、良い曲だなぁって思ったり。
ライブ活動を中止したらこういう曲も増えるのかもね。

と、その前にツアー後にミニアルバムがでることが既に決定していて(タイトルは『モーモールル・℃・ギャバーノ』でモーモールルギャバンファンで知られる女優の橋本愛がジャケット写真に起用されています)、その中の1曲を披露。

ま、これは既に作っているもので、今後の作品を占うものになってはいないだろうけど、ちょっとこれまでと違う感じもした。
ライブで1回聞いただけでは、良いのか悪いのか判断できなかったけど。

そんなこんなで終盤。
"ユキちゃんの遺伝子"〜"ユキちゃん"とユキちゃん2連発で「東京都知事に、俺はなる!」宣言をして(意味不明ww)、本編最後は"サイケな恋人"。

この曲で彼らを初めて知った時は、まさかZepp Tokyoでライブやるようになるなんて思わなかったな。
もちろん、パンティーコールがこんなに当たり前になることも・・・

そして、今日もJ-POPの限界を見ました(笑)
ちなみに、下のパンツは「赤べこちゃん」でした。

アンコールは2回。
1回目が"僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ"と"美沙子に捧げるラブソング"の2曲。

2回目は"裸族"と"スシェンコ・トロブリスキー"の2曲。

どちらも初期と最近のものが取り上げられていた。
今のモーモールルギャバンの集大成と言った感じでしょうか。

曲の歌詞の通り、裸で駆け抜けた約2時間半。
このツアーの後しばらくライブをやらない事に対する淋しさはあまり感じさせない、いつも通りと言ってよいライブでした。

普通に曲作って、CD出して、ライブして、また曲作って、というサイクルでこんなに最高な曲とライブができるんだから別のそのままでいいじゃん、なんて私なんかは思ってしまうけど、その「いつも通り」ってのが当人には満足できなかったのかもね。

とにかく、今後の展開に注目したい所。

中途半端な作品作ってきたら怒るぞ!
ま、モーモールルギャバンならそんなことはしないだろうけどね。

次の作品と、いつあるかわからないけど次のライブが楽しみです!

以下、今日のセットリスト。

2014.05.06 モーモールルギャバン@Zepp Tokyo Setlist

01. MAD MADONNA
02. いつか君に殺されても
03. BeVeci Calopueno
04. ATTENTION!
05. 琵琶湖とメガネと君
06. パンティー泥棒の唄
07. Hello!! Mr.Coke-High
08. 細胞9
09. 野口、久津川で爆死
10. POP!烏龍ハイ
11. Good Bye Thank You
12. 悲しみは地下鉄で
13. コンタクト
14. 愛と平和の使者
15. 新曲
16. LoVe SHouT!
17. サノバ・ビッチェ
18. ユキちゃんの遺伝子
19. ユキちゃん
20. サイケな恋人
---encore1---
21. 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ
22. 美沙子に捧げるラブソング
---encore2---
23. 裸族
24. スシェンコ・トロブリスキー

【サイト内関連記事】
POP!烏龍ハイ / モーモールルギャバン (野口、久津川で爆死 収録)
サイケな恋人 / モーモールルギャバン (野口、久津川で爆死 収録)
Hello!!Mr.Coke-High / モーモールルギャバン (BeVeci Calopueno 収録)
モーモールルギャバン@恵比寿LIQUIDROOM 『Oneman The BeVeci Calo☆Too-Ah』
ヨシオカ トシカズ produces WE BANG! BE READY@Shibuya O-EAST (モーモールルギャバン、嘘つきバービー、マッカーサーアコンチ、雅-MIYAVI-)
モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『31歳、それでも若さを叫ぶ!!Too-Ah!!』
モーモールルギャバン@新木場STUDIO COAST セットリスト&感想 
モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『URBAN NIGHT! 騒ぎまSHouT!』 感想&セットリスト
モーモールルギャバン@Zepp DiverCity Tokyo 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
2014年1月26日から始まるワンマンツアー「“乱れうち”からの“打ち止め”」のツアーの最終日5月17日 石巻BLUE RESUSTANCEでの公演を最後に、暫くの間ライブ活動を休止させて頂きます。

2009年に1stフルアルバム「野口、久津川で爆死」を発表以来、ライブ、音源制作等、全身全霊で取り組んできました。色々な方々、そして全国各地のお客さんの応援の中、非常に色濃い、多種多様な経験をさせて頂き、“モーモールルギャバン”として様々な光景を見させて頂きました。

ただその一方、バンドの中で「よりもっと“濃い”モーモールルギャバンを見せたい。」という欲求が日々強くなっていき、メンバー、スタッフで話し合った結果、それにはきちんと向き合う時間が必要だという結論に至り、今回の発表となりました。

現在のところ、休止期間は未定です。いつ復活するかは全く白紙の状態です。1月から始まるツアーは今までのモーモールルギャバンの“集大成”となるライブにしていくべく、今まで以上の熱量で5ヶ月間、全26公演、全国を駆け回りたいと思います!

皆様にお会い出来る事を楽しみしています!!

モーモールルギャバン



■“ライブ活動休止前”ラストワンマンツアー!! 「乱れうち。」からの、「打止め!」
2014年1月26日(日)京都府 磔磔
2014年1月31日(金)福岡県 LIVE HOUSE MARCUS
2014年2月2日(日)熊本県 DRUM Be-9 V2
2014年2月9日(日)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
2014年2月11日(火・祝)島根県 松江 AZTiC canova
2014年2月15日(土)静岡県 MESCALIN DRIVE
2014年2月21日(金)奈良県 奈良NEVER LAND
2014年2月23日(日)香川県 DIME
2014年3月1日(土)鹿児島県 SR HALL
2014年3月7日(金)茨城県 mito LIGHT HOUSE
2014年3月9日(日)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2014年3月15日(土)群馬県 高崎club FLEEZ
2014年3月21日(金・祝)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2014年3月23日(日)新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
2014年3月29日(土)静岡県 Sunash
2014年4月5日(土)北海道 札幌PENNY LANE24
2014年4月11日(金)福島県 郡山HIP SHOT JAPAN
2014年4月13日(日)宮城県 仙台MACANA
2014年4月18日(金)青森県 青森Quarter
2014年4月20日(日)岩手県 Club Change WAVE
2014年4月27日(日)福岡県 DRUM Be-1
2014年4月29日(火・祝)広島県 広島CLUB QUATTRO
2014年5月3日(土・祝)愛知県 Zepp Nagoya
2014年5月6日(火・祝)東京都 Zepp Tokyo
2014年5月10日(土)大阪府 なんばHatch
2014年5月17日(土)宮城県 BLUE RESISTANCE

カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0)  
2014年05月06日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails