<< 『WORLD HAPPINESS 2014』、第1弾発表!細野晴臣、高橋幸宏、真心ブラザーズなど6組 home SONICMANIA 2014(ソニマニ)にモグワイ出演決定! #sonicmania #summersonic >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2014)
  3. The Rolling Stones@東京ドーム 感想&セットリスト #ローリングストーンズ

The Rolling Stonesザ・ローリング・ストーンズ)の『14 ON FIRE JAPAN TOUR』、東京ドーム公演に行ってきました。

今日は来日2日目。

前回来日したのが2006年の春だから丸8年ぶりですね。
(前回はさいたまスーパーアリーナで見ました→THE ROLLING STONES@さいたまスーパーアリーナ

昨日、今日は急遽仕事が早く終わりそうなのことが判明し、前日でも買えたのが「参加席」というチケット。
S席が1万8千円、A席が1万6千円、B席が1万4千円。
さらに花道の周りを囲むGC(ゴールデンサークル)席が、なんと8万円という値段に対して、参加席は1万円という安さ(1万円で安いと感じるのがもう金銭感覚崩壊してますがww)

なぜ安いかというと、所謂「見切れ席」でステージの真横から見る席でセットの一部が見えないとこだったから。

というわけで、その写真を参考までにアップしておきます。
rolling stones@東京ドーム参加席
(写真の向きが上手くいかないので横で見てください)

完全にチャーリー・ワッツは見れません(笑)
花道は横にも広がっているので、下手に2階スタンドとかの最後尾で見るよりはミック・ジャガーを近くで見れます。
大きなスクリーンがあるので大体の雰囲気はわかるし、音ももしからしたら参加席の方がいいかもね。


前置きが長くなりましたが、いざライブレポートを。

開演時間は18時半となっているけど、初日同様に30分遅れの19時ほぼちょうどに開演。

客電が落ち、"悪魔を哀れむ歌"のリズムをミックスしたSEが流れて、視界に現れたのはキース・リチャーズ
(前述の通り見切れ席なので、前に出ないと見えないけど、見えたときの感動は一入)

1曲目は"Start Me Up"。
スタートの1曲として、これ以上のものがあろうか(初日は違ってたぽいです)

曲の開始とともにミック・ジャガーもロン・ウッドも見えた!
カッコイイ!
しかし、やっぱりチャーリーは見えない。
でも、チャーリーのあのストーンズサウンドの肝とも言えるドラムの音はバッチリ!

今回のツアーメンバーは、ストーンズの4人の他には、アルトとテナーの2人のサックスと、コーラス2人に、ベースのダリル・ジョーンズにキーボードという感じ。
そして、スペシャルゲストであの人が!

ちなみに、女性コーラスのリサ・フィッシャーは、つい先日発表された「第86回アカデミー賞」で長編ドキュメンタリー賞を受賞した作品『バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち』に出演しているというなんともタイムリーな人です。
メンバー紹介の時にミックが日本語で「おめでとう」って言ってましたね。

日本語と言えば、ミック・ジャガーはことあるごとに「帰ってきたぞ東京」とか「東京にもどってこれて嬉しい」とか「東京ドームで27回目のショーだ」とか「新曲です」とか言ってた。
てか、ドームで27回とかどうなってんだ???
1回に5万人で、1人チケット1万円としても、5億円。

って、金の話は置いといて、ライブに話を戻します。

「帰ってきたぞ東京」ってMCの後に披露されたのが"It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) "。
まさにロックンロールしに東京に来た!って感じ。
8年前に見たって書いたけど、その時と全く変わらぬ風貌に、むしろパワーアップしたんじゃないかというサウンド。
一体どうなってるんでしょう。

風貌と言えば、インテリヤクザなミック・ジャガーに、ちょいワルオヤジなロニー・ウッド、激ワルオヤジなキース・リチャーズに、おじいちゃんのチャーリー・ワッツ(笑)、と言った所でしょうか。
個人的にはロンくらいがカッコ良くて好き。
(赤いスニーカーがカッコ良かったですが、ミックに「ロニーのスニーカー、ダサッ!」って日本語で言われてましたww)


前半からロックをかました後、バラードの"Angie"(アコースティックな曲はちょっとドームの音響だと厳しかったです)、新曲の"Doom and Gloom"を演奏し、次の"Silver Train"でいよいよあの人が登場。

ブライアン・ジョーンズ脱退後、『Let It Bleed』(一部)、『Sticky Fingers』や『メインストリートのならず者』など、ストーンズの言ってしまえば黄金期とも言える時期にに在籍したギタリスト、ミック・テイラーです。

まぁすっかり太ったおっさんになってましたが、見れるだけでも嬉しいですね。

ミック・テイラーはその後も何曲がで登場しましたが、白眉は"Midnight Rambler"で見せたミック・ジャガーのハーモニカとのバトルでした。
2人ともむちゃくちゃカッコ良かった!


途中、キースがメインヴォーカルの曲を2曲。
"Slipping Away"と"Happy"を。
ギターが最高なのはもちろんとして、味のある歌声に、くしゃくしゃの笑顔が最高です。


後半、"Miss You"で踊らせた後は、"Paint It Black"(ロンが弾いてたのはエレクトリックシタール?)〜"Gimme Shelter"(リサ・フィッシャーのヴォーカルがヤバ過ぎ)〜"Jumpin' Jack Flash"(もはや言うことなし!)。
と、名曲の連発で悶絶。

極めつけは、私の一番好きなストーンズナンバー、"Sympathy for the Devil"。
これまで演奏風景を映していたスクリーンには山火事のような映像が映り、ステージの通路には松明のような炎が灯るなか、ミック・ジャガーが赤と黒の毛皮のようなコートを羽織って登場し、歌うという演出に震えた!

間奏のキースのギターもしびれるほどカッコ良く、「フー、フー」ってコーラスをこのままずっとしていたい気分でした。


楽しい時間もあっという間、いよいよ本編最後のナンバー、"Brown Sugar"。
ホーンがうなりをあげるファンキーなロックナンバーで大団円。
当然、「イェイ、イェイ、イェイ、フーー!」で大盛り上がり。


ほどなくしてアンコール。
いきなり指揮者が出てきて(たぶん見切れ席だからいきなりに見えたのかも)、日本人の合唱団が歌いだす。
メンバーが出てきて、そのコーラスをバックに"You Can't Always Get What You Want"を。

途中、会場全体で大合唱。
みんな歌えるのね。
(私自身はこの曲に全然思い入れがなく、歌えませんでしたが・・・)


そして、アンコール最後は「まだまだ満足できないぜ」とばかりにお約束の"(I Can't Get No) Satisfaction"をかましてライブ終了。

ミック・ジャガーなんか終止クネクネ踊ったり、走ったりと大忙しで2時間もやってしまうなんて、そりゃまだまだ満足してられないよね。


出演者全員で肩を組んで挨拶した後、メンバー4人に、元メンバーのミック・テイラーを加えた5人だけで肩を組んで挨拶をして去って行きました。
(結局生チャーリーが見れたのはこの時と、メンバー紹介の時だけでした。。)

次はまた何年後になるかわからんけど、きっとまたこの4人で来てくれそうな気がします。
100歳までやってるんじゃないの?って感じ。

次回も行きます!


それでは、以下セットリスト

2014.03.04 The Rolling Stones@東京ドーム Setlist

01. Start Me Up
02. You Got Me Rocking
03. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It)
04. Tumbling Dice
05. Angie
06. Doom and Gloom
07. Silver Train (with Mick Taylor) (by request, first since 7 Sep 1973)
08. Honky Tonk Women (followed by band introductions)
09. Slipping Away (with Mick Taylor) (Keith Richards on lead vocals)
10. Happy (Keith Richards on lead vocals)
12. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
13. Miss You
14. Paint It Black
15. Gimme Shelter
16. Jumpin' Jack Flash
17. Sympathy for the Devil
18. Brown Sugar
---encore---
19. You Can't Always Get What You Want (with the Senzoku Freshman singers)
20. (I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)

フジテレビ開局55周年記念/キョードー東京創立50周年
ザ・ローリング・ストーンズ 14 オン・ファイアー ジャパン ・ツアー   イーストスプリング・インベストメンツ プレゼンツ
■THE ROLLING STONES / 14 ON FIRE JAPAN TOUR 2014 日程
2月26日(水) 東京ドーム
3月4日(火) 東京ドーム
3月6日(木) 東京ドーム

【サイト内関連記事】
Sympathy for the Devil / THE ROLLING STONES (BEGGARS BANQUET 収録)
PAINT IT, BLACK / THE ROLLING STONES (AFTERMATH (US) 収録)
It's Only Rock n' Roll (But I Like It) / The Rolling Stones (Jump Back The best of The Rolling Stones 収録)
THE ROLLING STONES@さいたまスーパーアリーナ

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0)  
2014年03月04日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails