<< 『WORLD HAPPINESS 2014』、開催決定! home SONICMANIA 2014(ソニマニ)にKraftwerk出演決定! >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2014)
  3. Glen Matlock@TSUTAYA O-WEST (N’夙川BOYS、THE NEATBEATS、Droog) 感想&セットリスト

渋谷はTSUTAYA O-WESTに『オリジナルSEX PISTOLS”Glen Matlock” ジャパンツアー「ALL THE BEST!!!」』を見に行ってきました。

イベントタイトル通り、パンクと言えばこのバンド、SEX PISTOLSセックス・ピストルズ)のオリジナルベーシスト、Glen Matlockグレン・マトロック)が来日してたのです。
シド・ヴィシャスは2代目ベーシスト)

実は来日するのを知ったのは直前で、e+から無料招待の抽選メールが来たので応募して当たっての参戦でした。

というわけで、たぶんチケットが売れなかったんだなぁと思いながらO-WESTへ。
開演時間より20分ほど過ぎての到着だったのですが、中は満員と言っていい込み具合。

オープニングアクトとして、開演時間前に出たDroogは見逃したけど、対バン1組目のTHE NEATBEATSザ・ニートビーツ)が演奏中でした。

彼らのライブを観るのは超久しぶり。
タイトな演奏のロックンロールに、関西弁の軽快なMCは相変わらず。
"黒いジャンパー"とか懐かしいな。

ヴォーカルのMR.PANがステージから降りてきてフロアでギター弾きまくったり、客を前後左右に動かしたり、盛り上げまくってました。


ニートビーツが終わり、2組目はN’夙川BOYS
こちらは割と久しぶり。
と、言っても1年くらい経ってるけど。

The Vaselinesの"Son of a Gun"のSEにのって登場。
「500円の夙川ボーイズでーす」とマーヤ。
さっきニートビーツのMR.PANが「今日のチケット代の200円や俺らは」「夙川は売れてるから500円」とMCしてたのに被せて。
ちなみにDroogは0円で、残りはグレンの分だそうです。

登場するなり「グレンマトロック、グレンマトロック」と名前を連呼。
(その後も、グレンさん、グレンさん言ってた)

1曲目の"Planet Magic"からテンションアゲアゲ。
リンダのシンプルなドラムがパンクといえばパンクですね。

というか、ベースレスでギター2本がガンガン鳴ってる様がパンク云々置いといても素直にカッコイイ。
カオスバージョンと言ってた、リズムボックスだけの"Boys and Girls"も良かった。

最終的には客を集めてダイヴ、ではなくその上に立って歌ったりと相変わらずやりたい放題やって終了。

・N'夙川ボーイズ Setlist
01. Planet Magic
02. Freedom
03. Boys and Girls
04. Candy People
05. 物語はちと?不安定
06. ??


さてさて、いよいよ最後はグレン・マトロック
ピストルズと言えば、ジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)とシド・ヴィシャスのイメージが強いですが、ほとんどの曲をグレンがメインで作っていたというのは有名な話。
ま、メンバーの中で一番地味なのは否めないですが。。

セットチェンジが終わり、ニートビーツのMR.PANが出てきてちょっと前説した後、いよいよ登場。

バンドメンバーは日本人で、グレン本人はギター/ヴォーカル。
まず「元気ですか?」といきなり日本語にはビビった。
なんか営業色強いですね。

それはさておきライブ。

曲は別にピストルズナンバーを連発する訳ではなく、グレンのソロ曲と思われる曲やピストルズ脱退後に結成したRich Kidsの曲などを披露。
どれもブリティッシュな雰囲気をもつロックでちょっとモッズ入ってる感じ。
曲のクオリティはなかなか高かった。
ま、でもちょっとヴォーカルに関してはさすがにカリスマ性は感じなかったのは正直なところ。。

MCでは2010年の再結成で加入したFacesでフジロックに来た事など話してた。
そういやその時観てるんだな。

最後の方では、誰もが待ってたピストルズナンバーを披露。
本編で"God Save The Queen"と"Pretty Vacant"を。
この歴史に残る名曲2曲ともグレンが作った曲ってのはすごいね。
やっぱりジョンの声が欲しくなってしまいましたが、結局なんだかんだで聴けてテンション上がった自分がいました。

アンコールの前に、突然白人の外国人がでてきて日本語で「グレンは疲れてるけど、まだできるかな」って言ってびっくり。
どうやら通訳の人っぽい。
微妙な流暢さがツボでした。

最後は、さっき名前の挙がったフェイセズの前身バンド、モッズと言えばこれって感じのSmall Faces、"All or Nothing"でシメ。

たまたまタダで観ちゃいましたが、なかなかいい物観れたな。

ジョンおじさんがP.i.L.でノリノリでしばらくピストルズの活動はないはずなので、貴重な物が観れたんじゃないでしょうか。


■オリジナルSEX PISTOLS”Glen Matlock” ジャパンツアー「ALL THE BEST!!!」
・2014年2月5日(水)渋谷O-WEST
【出演】Glen Matlock with his friends in Japan / THE NEATBEATS / N'夙川BOYS / (O.A.)Droog
・2014年2月7日(金)大阪BIGCAT
【出演】Glen Matlock with his friends in Japan / ザ50回転ズ / N'夙川BOYS /(O.A.)イナズマクラブ
・2014年2月9日(日)神戸VARIT
【出演】Glen Matlock with his friends in Japan / THE BOHEMIANS / N'夙川BOYS /(O.A.)イナズマクラブ


【サイト内関連記事】
ANARCHY IN THE U.K. / SEX PISTOLS (NEVER MIND THE BOLLOCKS HERE'S THE SEX PISTOLS 収録)
N’夙川BOYS@桜坂セントラル (guest:我如古ファンクラブ)
THE NEATBEATS+クハラカズユキ+奥野真哉@LIQUIDROOM ebisu
Death Disco / Public Image Ltd. (Metal Box 収録)
P.i.L. (Public Image Ltd)@新木場STUDIO COAST
One Drop / Public Image Ltd (This Is PiL 収録)
PiL (Public Image Ltd)@SHIBUYA-AX 感想&セットリスト



【同じカテゴリの最新記事】
・GLEN MATLOCK (Sex Pistols) "God Save The Queen" solo acoustic 10/14/12 Hamilton, ON
カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0)  
2014年02月05日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails