<< 『KOYABU SONIC 2013』、第1弾出演アーティストを発表! home サマソニ2013、NASほか、MIDNIGHT SONIC枠含む18組追加発表! >>
  1. K's今日の1曲
  2. US Indie
  3. Diane Young / Vampire Weekend (Modern Vampires of the City 収録)

 米NY出身の4人組、Vampire Weekendヴァンパイア・ウィークエンド)が3rdアルバム『Modern Vampires of the City』を5月にリリース。前作『Contra』に続き、全米1位、全英3位を獲得。

 "Diane Young"はアルバムからのリードシングルで、シングルチャートでは、US119位、UK50位。ポップかつハード、「ベイビ、ベイビ、ベイビ、ベイビー」って古典的なロックンロールな要素もあるノリのイイ曲になってます。タイトルは「Dying Young(早死にする)」って言葉にかけてるらしい(ブラック・サバスの"Die Young"が真っ先に浮かんだ人は、私と同じ隠れメタルファンですね(笑)仲良くなりましょう!)。「自分の生きたい様に生きれば早死にしてもよいの?その生き方でほんとにそこにたどり着けるの?」という問いかけになってるのだとか。

 印象的なアルバムのアートワークは1966年のNYの写真。ニュー・ヨーク・タイムズのフォトグラファーであるNeal Boenziがエンパイア・ステートビルの南側から撮ったもの。この写真がスモッグで最も大気汚染されてた時期のNYという前知識をもってアルバム1曲目"Obvious Bicycle"の静かな出だしを聴くと、今作がすこし陰影を帯びたものに感じますが、見ようによってはちょうど早朝の景色にも見えるし、事実"Obvious Bicycle"も夜明けの歌だったりします。そこから2曲目のノリの良い"Unbelievers"がきて、その後はメロディアスで奇麗な曲や勢いのある等様々な表情を見せて、鍵盤の音が印象的な小曲"Young Lion"で終わる。もしかすると1日の朝から晩(または1人の人生)を表したサウンドトラックのようなイメージなのかもね。

 メンバーが名門コロンビア大学在学中に出会ったとかそういう話などを聞くと、曲にいろんな意味があるんだろうなとは思うけど、細かいこと何も考えずに聴いても面白い作品だとおもいます。フジロック’13での来日も決まっているので、この機会にぜひライブを見て楽しみましょう!

■Vampire Weekend 『Modern Vampires of the City』収録曲
1. Obvious Bicycle
2. Unbelievers
3. Step
4. Diane Young
5. Don't Lie
6. Hannah Hunt
7. Everlasting Arms
8. Finger Back
9. Worship You
10. Ya Hey
11. Hudson
12. Young Lion

【サイト内関連記事】
Cousins / Vampire Weekend (Contra 収録)
VAMPIRE WEEKEND@新木場STUDIO COAST

・Vampire Weekendの『Modern Vampires of the City』を試聴&ダウンロード→
【同じカテゴリの最新記事】
・Vampire Weekend - Diane Young


・ヴァンパイア・ウィークエンド「ダイアン・ヤング」日本語字幕付き

カテゴリ : US Indie ・ comments(0)  
2013年06月15日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails