<< TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ (Grapevine、RHYMESTER、SOIL & ”PIMP”SESSIONS他) 感想&セットリスト  home フジロック2013、第6弾出演者発表!MY BLOODY VALENTINE他全8組決定! >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2013)
  3. KRAFTWERK@赤坂BLITZ 感想&セットリスト

ドイツが生んだテクノミュージックのゴッドファーザー、KRAFTWERKクラウトワーク)の来日公演初日に行ってきました!

3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8』と銘打たれた今ツアーは、米ニューヨークのMoMAや独デュッセルドルフ、英ロンドンでも行われた、1974年の歴史的作品『Autobahn』から2003年の『Tour De France』までの8作品を一夜ずつ再現すると言うもの。
(初期3作品は無視ですね・・・)

しかもスクリーンには3DのCGが流れ、それを3Dメガネをかけて鑑賞するというもの。

今日はその初日、『Autobahn』の日です。

まずは現在のクラフトワークのメンバー。

・Kraftwerk member
Ralf Hütter(ラルフ・ヒュッター)
Henning Schmitz (ヘニング・シュミッツ)
Fritz Hilpert (フリッツ・ヒルパート)
Falk Grieffenhagen (ファルク・グリーフェンハーゲン)

フローリアン・シュナイダーが2008年に脱退してしまったのは残念ですが、ラルフ・ヒュッターがいるだけでもよしとしよう。

というわけで、赤坂BLITZへ。
入り口でイカした3Dメガネをもらってテンション上がりつつ、中へ。

チケットはブロック分けされていたけど、あんまり関係なかったみたい。

ステージには幕がかかっていてメンバーのアイコンが映ってた。
そして、開演時間から遅れること5分ちょっとでライブスタート!!

海外のセトリとか観てたらアルバムに関係なく"The Robots"から始まるのがあったんだけど、今日はメインである『Autobahn』の再現から。
幕が開き、メンバーが登場し、車に乗り込みドライブスタート。
(↑アウトバーンのコンセプトね)

いやぁ、3Dってことでショボかったらどうしようってちょっと心配だったけどそうでもなくて安心。
「最新の!!」って感じではないんだけど、このレトロ感がなかなか味があって良い。
アルバムのジャケットのような長閑な感じもイイネ!
高速を走ってるのはもちろんベンツとフォルクスワーゲン。

ファンファンファンっていうビーチ・ボーイズみたいなコーラスも聴けたし、1曲目でかなりの満足感。
表題曲はアルバムバージョンよりはちょっと短めにやって、"大彗星(鼓動)"から残りの4曲。
こちらはさすがに映像のクオリティがさがった感は否めなかったけど、その辺は御愛嬌。


さてさて、早くもアウトバーンの再現終了。

ここからはベストヒットライブに。

"ガイガー・カウンター(放射能測定器)"からの、"放射能"!
歌詞に日本語も飛び出す!
原発反対のストレートなメッセージ。

でも、FUKUSHIMA(福島)とHIROSHIMA(広島)を出すなら、NAGASAKI(長崎)も出してほしかったな、とちょっと思った。


ここから中盤の流れは今日のハイライトか。
ヨーロッパ特急Trans-Europe Express』〜『人間解体The Man Machine』〜『コンピューター・ワールドComputer World』ゾーンへ。
やっぱりこの3作は鉄板曲が多いね。

でも、初期ヒップ・ホップに多大な影響を与えた"Trans-Europa Express"なんかすごくファンキーな曲なんだけど、地蔵になって観てる人が多かったのはちょっと意外だったかな。

ま、とにかく"ロボット"に"モデル"に"マン・マシーン"、そして"コンピューター・ワールド"に"コンピューター・ラヴ"といちいち挙げてたらきりがないけど、名曲を連発。

後、"DENTAKU"は日本語でやってくれた!
スクリーンに「電卓」って書いてあるのはなかなかシュールでしたね。

言語と言えば、ちなみに今回のライブは、英語とドイツ語が半々な感じでした。
どちらの盤も出してたりして、聴き比べると言語が変わるとガラッと雰囲気変わったりするのが楽しかったりするので、両方聴けてお得。


鉄板の3作品の後は、『エレクトリック・カフェElectric Cafe』(『テクノ・ポップTechno Pop』)期を飛ばして、『ツール・ド・フランスTour De France』〜『Expo 2000』の時期の曲へ。

この辺はさすがに新し目の曲なので結構今っぽいテクノなんだけど、逆にクラフトワークっぽさが薄れる感じで正直善し悪しつかないかなぁ。
ま、十分楽しいけど。

というわけで、締めくくり。
最後は、『テクノ・ポップ/Techno Pop』から。

トリを飾った"Music Non Stop"ではメンバーが1人ずつ見せ場を作ってステージから去っていく演出が良かった。
もちろん最後まで残ったのはラルフ。

「サヨナラ」と言い残し、Music Non Stopとリフレインされる中、胸に手を当て何度もお辞儀をして去って行きました。


いやぁ楽しかった。
聴きたかったけど、聴けなかった曲も有るし、全部行きたいくらい。

ま、お財布と相談して、それはやらないけど・・・

今日のセットリスト
UDOのHPにも載ってるのと微妙に違うけど、たぶんこっちのほうが正しいと思う。

2013.05.08 KRAFTWERK@赤坂BLITZ Setlist

01. Autobahn
02. Kometenmelodie 1
03. Kometenmelodie 2
04. Mitternacht
05. Morgenspaziergang
06. Geigerzahler (Geiger Counter)
07. Radioaktivitat (Radioactivity)
08. Trans-Europa Express
09. Die Roboter (The Robots)
10. Spacelab
11. Das Modell (The Model)
12. Neonlicht (Neon Lights)
13. Die Mensch-Maschine (The Man-Machine)
14. Nummern (Numbers)
15. Computerwelt (Computer World)
16. Heimcomputer (Home Computer)
17. DENTAKU
18. Computerliebe (Computer Love)
19. Tour de France 1983
20. Tour de France 2003
21. Expo 2000 〜 Planet der Visionen (Planet of Visions)
22. Boing Boom Tschak
23. Techno Pop
24. Musique Non Stop (Music Non Stop)

■KRAFTWERK 『3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8』日程
2013年5月8日(水) 赤坂BLITZ『アウトバーン/Autobahn』
2013年5月9日(木) 赤坂BLITZ『放射能/Radio-Activity』
2013年5月10日(金) 赤坂BLITZ『ヨーロッパ特急/Trans-Europe Express』
2013年5月11日(土) 赤坂BLITZ『人間解体/The Man Machine』
2013年5月13日(月) 赤坂BLITZ『コンピューター・ワールド/Computer World』
2013年5月14日(火) 赤坂BLITZ『テクノ・ポップ/Techno Pop』
2013年5月15日(水) 赤坂BLITZ『The Mix』
2013年5月16日(木) 赤坂BLITZ『ツール・ド・フランス/Tour De France』
2013年5月18日(土) なんばHatch

【サイト内関連記事】
TOUR DE FRANCE ETAPE 1〜3 / KRAFTWERK (TOUR DE FRANCE SOUNDTRACK 収録)
THE MODEL / KRAFTWERK (THE MAN・MACHINE 収録)
Trans-Europe Express / Kraftwerk (Trans-Europe Express 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
・Kraftwerk - Autobahn


・Kraftwerk Live in London
カテゴリ : LIVE (2013) ・ comments(0)  
2013年05月08日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails