<< Ingenue / Atoms For Peace (AMOK 収録) home 『OTOSATA Rock Festival 2013』開催決定!第1弾でOgre You Asshole、80KIDZ、TOTALFAT他発表! >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 社会の窓 / クリープハイプ (社会の窓 収録)

 尾崎世界観(Vo./G)率いる4人組クリープハイプのメジャー第2弾シングル"社会の窓"。オリコン7位を獲得したメジャーデビュー曲"おやすみ泣き声、さよなら歌姫"に続き、こちらも10位と好成績を残しています。

 まずはクリープハイプのメンバー紹介。
尾崎世界観(Vo./G)
小川幸慈(G)
長谷川カオナシ(B/Vo)
小泉拓(Dr)

 元々3ピースで活動していたところ、2人脱退し、一度は尾崎1人になったが、周りのバンドから1人ずつ勧誘し、現在上の4人で活動をしています。

 バンド名自体は昨年くらいから色んなところで目にしてたけど、なかなか聴く機会がなかったんですが、たまたまこの"社会の窓"がテレビで流れたのを見た。軽快で何処かソウルフル、ちょっとさわやかなイントロのギターストロークから始まる曲なのに、尾崎の歌が入って来たとたんに空気が一気にかわりその世界観に引き込まれた(ちなみに尾崎は「世界観がいいね」と言われることに疑問を感じ自らを世界観と名乗ってるのだそう)。「なんかあの声が受け付けない」「もっと普通の声で歌えばいいのに」とこの曲の歌詞にもあるように、甲高く特徴のある声だけど、それがまたカッコイイと思う。

 そして、歌詞。前述のようにデビュー曲がオリコンで7位を記録したバンド自らのことを、バンドが売れる前から追っかけている(と思われる)ファン目線で描いている。メジャーデビューし、売れた瞬間にバンドは終わった(遠い存在になった)、と、インディーズ好きなら誰もが一度は味わったことがあるであろう感覚。これまで私(だけ)の気持ちを代弁してくれていると思ってたバンドが、そうではないと気づいた瞬間。そんな気持ちを、バンドとファン、ファン個人の生活、そして、バンド(尾崎)自身の主観も入り混じりながら、最後は「愛してる 今を愛してる」というシンプルに、ものすごくポジティブな言葉でまとめあげる。上手く説明できないけど、すごいパワーを感じる曲。

 尾崎自身はインタビューで以下のように話しています。
「自分たちの今の状況に対して、お客さんが感じるちょっとした距離を埋められるような、安心してもらえるような曲があったらいいな」という話があったんです。あと、ライブでも映える曲にしたいという想いもありました。

 ちなみに「社会の窓」ってズボンのチャックが開いてるときに昔よくつかわれてたよなぁと思って調べてみたら、「これは1948年(昭和23年)〜1960年(昭和35年)にNHKラジオが放送した番組『社会の窓』からきている。同番組は社会の内情を暴きだすという内容であった。これが大事なものが隠された場所という解釈になり、男性の大事な部分が隠されているズボンのファスナーを社会の窓と呼ぶようになった。」ということらしい。シングルの他の曲の歌詞も含めて、このタイトルはなんかピッタリな気がします。

 4月1日には昨年リリースされたメジャー1stアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』が<愛蔵版>として再発され、5月1日には3rdシングル『憂、燦々ゆう、さんさん)』(資生堂アネッサ2013 CMソング)もリリース、そして5月25日からは全国ツアー『クリープハイプの窓』も始まります。今年中に絶対ライブを見たいと思います。

■クリープハイプ 『社会の窓』(初回限定盤)収録曲
1. 社会の窓
2. 週刊誌
3. さっきの話
4. ウワノソラ ~2012年11月24日、東京キネマ倶楽部にて
5. 社会の窓(オリジナルカラオケ)

【初回限定DVD】
1.ドキュメンタリー・ミュージック・ムービー「あたしの窓」
尾崎世界観が原案、監督は松居大悟氏による作品。松居監督はもはやクリープハイプの映像作品には欠かせない存在だ。こちらの映像作品は、昨年11月に行われたワンマンツアー「アンコールはどうする?」から生まれた、フィクションとノンフィクションが交錯する衝撃的な作品内容となっている。なお、ドキュメンタリー・ミュージック・ムービー「あたしの窓」の主演を演じているのは女優の山田真歩(「SRサイタマノラッパー2」)。ライブ当日のメンバーの姿を収録したドキュメンタリー映像と、仕事に追われて行きたいライブになかなか行くことが出来ないOLの一日をシンクロさせた、全く新しいアプローチの映像世界となっている。
2.ミュージック・ビデオ「社会の窓」“ディレクターズ・カット"

【同じカテゴリの最新記事】
■全国ツアー《クリープハイプの窓》日程
05/25(土) 札幌 cube garden
05/31(金) 仙台 CLUB JUNK BOX
06/01(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
06/08(土) 福岡 BEAT STATION
06/09(日) 広島 ナミキジャンクション
06/14(金) 大阪 BIG CAT
06/15(土) 名古屋 BOTTOM LINE
06/21(金) 東京 中野サンプラザホール

・クリープハイプ/社会の窓


・クリープハイプ/ドキュメンタリー・ムービー「あたしの窓」トレーラー

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2013年03月17日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails