<< Fuji Rock Festival 12 日記 7/29(日) 最終日 part2 home  フジロック2012 最終日 セットリスト集 >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '12
  3. Fuji Rock Festival 12 日記 7/29(日) 最終日 part3 #フジロック

Fuji Rock Festival 12 日記 7/29(日) 3日目 part2から続く。

コステロから移動。
Red MarqueeでTHE SHINSを見る。
レッドマーキーはガラガラ。
きっとみんなレディへを見に・・・

可哀想だけどこれは仕方ないか。

私もご多分に漏れずある程度みて、Green Stageに移動してしまいました。
ごめんなさい。


というわで最終日のヘッドライナー、RADIOHEADです。
トム・ヨークはAtoms For Peaceですでに苗場の地は踏んでるけど、レディへとして登場するのはなんとも感慨深い。
フジロックがサマソニに唯一遅れをとってる部分としてはレディへが出てないってことくらいだと個人的には思ってます。

というわけで、「待望の」という言葉がふさわしいライブが始まる。

"Lotus Flower"から始まる最新作『The King Of Limbs』を中心としたセットリストだけに、ロック的なカタルシス爆発のライブって感じではないけど、ステージに組まれた素晴らしいライティングも相まってグリーンステージに集まった数万人を飲み込んで行く。

別格。

「ゲンキ?」「コレハキレイデス」「オヤスミナサイ(サマソニのリベンジ?)」と日本語を織り交ぜたトムのMCにほっこりさせられつつも、音と光に身を任せた。

でも、なんだかんだで昔の曲をやると盛り上がってしまうのは昔から聴いてる者の性というやつで、後半にやった"Planet Telex"とか思わず声を出して驚いてしまった。
てか、最初アレンジが変わっててイントロで何を始めたのかわからなかったな。
最新系の"Planet Telex"、すごくカッコ良かった。

アンコールもたっぷり。

最後は、"Paranoid Android"でロックなレディへを叩き付けて圧巻のステージを締めくくりました。

ホワイトのAt The Drive-inも見たかったけど、このレディへなら後悔はないです。


レディオヘッドが去り、毎年恒例のPower To The Peopleが流れ、グリーンの全日程終了。

しばらくグリーンで休憩した後、オアシスエリアに行って、ピロシキとチャイをいただき、会場を後に。

ゲートに掲げられた「See You Next Year」の文字を見ながら、また来年来ることを心に誓って。


といいつつ、これで終わらないのがフジロック。

The Palace of Wonderで朝まで遊ぶ。

中央のステージみたいなところでは、BIR KHALSA DALという、縄回したり蛍光灯を食べたり、やたら痛そうなことするインド人達のステージ繰り広げられてた。

後は、ルーキーステージで、マクナマナンってバンドをチラ見したり。


毎年楽しみにしてる見せ物小屋では、今年は新ネタで耳に象がいる男ってのがあった。
相変わらずくだらない(笑)

お馴染みのゾンビーショッパーとフジウジはちょっとパワーアップしてた。
って、なんのことか分からない人は、フジロックに行って、深夜のパレスで遊ぶと良いと思います。


そして、腹が減ったので、最後に博多白天っていう豚骨ラーメン食って、宿に戻ったのが朝5時半。


今年も目一杯楽しんだ!

満足!


フジロック2012 最終日 セットリスト集

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Fuji Rock Festival '12 ・ comments(0) K 
2012年07月30日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails