<< フジロック2012、出演アーティスト第9弾発表!! #fujirock home モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『31歳、それでも若さを叫ぶ!!Too-Ah!!』 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Hot Fruit / Gaz Coombes (Here Come The Bombs 収録)

 元Supergrassスーパーグラス)のフロントマン、Gaz Coombesギャズ・クームス)がソロデビュー作『Here Come The Bombs』をリリース。プロデュースは、スーパーグラスの全英1位を記録した'95年の1st『I Should Coco』と同じ、サム・ウィリアムズ。

・Gaz Coombes Presents... - Hot Fruit


 "Hot Fruit"はアルバムからのシングル曲。ほぼすべての楽器をギャズ1人で演奏しているということでシンプルではあるけど、ちょっと激しく、アップテンポでノリの良いロックナンバーになってて、さすがブリットポップ時代に名を馳せた人物だけあるなぁって思った。後、声が若かりし頃とは違って大人な声になってるのも注目です。ミュージックビデオも面白い!

 アルバムのどの曲もメロディはいいし、程よいエレクトロサウンドが効いていたりして、スーパーグラスとはまた一味違った佳曲が揃ってます。音楽の方向性の不一致で解散(人間関係のもつれではないそうです)したとのことなので、これがギャズのやりたかったことなのでしょう。ちなみに他の2人もそれぞれ音楽活動を続けるみたいなので、そちらも聴いてみたいですね。

 6月23日(土)に恵比寿ガーデンホールで行われる『Hostess Club Weekender』での来日も決まっています。楽しみ!

■Gaz Coombes Presents...Here Come The Bombs
1. Bombs
2. Hot Fruit
3. Whore
4. Sub Divider
5. Universal Cinema
6. Simulator
7. White Noise
8. Fanfare
9. Break The Silence
10. Daydream On A Street Corner
11. Sleeping Giant

【サイト内関連記事】
British Anthems 2006@新木場STUDIO COAST (Supergrass、The Dead 60s、The Little Flames 他)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2012年06月21日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails