<< I Wanna Be Adored / The Stone Roses (The Stone Rose 収録) home さよなら最終兵器 / The Birthday (VISION 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2012)
  3. SCABIES & JAMES play DAMNED DAMNED DAMNED@新代田Fever

新代田FeverにANOTHER 35th ANNIVERSARY GIGS【SCABIES & JAMES play DAMNED DAMNED DAMNED】なるものを見に行ってきました。

SCABIES & JAMESって誰?って人のためにまずは説明。

1976年に結成されたパンクバンド、The Damnedザ・ダムド)。

Sex Pistols、The Clashと並び、ロンドンパンク3大バンドなんて呼ばれるThe Damnedのオリジナルメンバーがこの2人、ドラムのラット・スケイビーズ(Rat Scabies)とギターのブライアン・ジェイムス(Brian James)です。

2人が同時に在籍したのは1st『Damned Damned Damned』と2nd『Music For Pleasure』の1977年の一時期だけ(ラットはその後も長く在籍、ブライアンも一時的な参加は有)のみ。

しかも、名盤の誉れ高い1stの『地獄に堕ちた野郎ども』のほとんどの楽曲がブライアン作ってところがポイント高く、楽しみにして行ってまいりました。


ちなみに過去に2004年のサマソニ、2009年のパンスプで、残るオリジナルメンバーの2人、ヴォーカルのデイヴ・ヴァニアン(Dave Vanian)とギター(デビュー時はベース)のキャプテン・センシブル(Captain Sensible)擁する現在のダムドのライブを見たことはあります。
(パンスプの方はデイブがのどの不調かなんかで出演できず、キャプテンがGt.&Vo.でした)


というわけで、前置きが長くなってしまったので、前座のEDDIE LEGEND STORYVIBRATE TWO FINGERS(Vinyl Japan主催のイベントでお馴染みの2組ですね)のレポは省かせてもらって、早速SCABIES & JAMESのレポ。


まず最初に気になるのが、ヴォーカルを誰がやるか。
今回は、TERRI LAIRDという女性でした。

ウィキペディアによるとTexas Terriって名前で、Texas Terri & The Stiff Onesというバンドをやってたりして、1955年生まれで年齢も結構行ってて、キャリアも長い人らしい。


まずはセットチェンジでラットがサウンドチェックに出てきて早速フロアの熱が上がる。
まぁ正直昔の面影はないです・・・

いったん下がって、程なくして残りのメンバーが登場。
ブライアンは老けてはいたものの、ラットよりも面影は残ってた!

そして、ヴォーカルのテリー。
赤い髪をした強烈なルックス!
それにしても、御歳57歳とは思えない、若々しさ!
シナロケのシーナっぽい雰囲気と言えばわかりやすいかも。


ベースの方はイマイチどなたか存じ上げませんが、ちょうど登場の時にSEでかかってたTHE RUTSの"BABYLON'S BURNING"を歌ったりしてご機嫌な様子。

そして、1曲目が始まる。
早速"Neat Neat Neat"!!

ラットのドラムのドカドカ感がイイ!
ブライアンのギターもたまにヨレる時もあるけど、カッコイイ。

心配されたヴォーカルも、まぁ悪くはない。
むしろ現在の本家ダムドの方はデイヴは朗々としたヴォーカルを聞かせがちなので、テリーの荒い感じの方がパンクっぽいとも言える。


1曲目にNeat×3をもってきたので、アルバムの曲順にやるかなと一瞬思ったけど、そういうわけでもなく、ランダムに。
MCは「アリガトウ」とかメンバーの名前を呼ぶくらいで、曲をどんどん矢継ぎ早に演奏していく流れ。

1stはもう捨て曲なしの全曲パンク・クラシックな乗りなのでどれをやっても盛り上がる。


ちょうど偶然にも昨夜、タモリ倶楽部の空耳アワーで「作業場」って聞こえるってやってた"Stab Your Back"の時はおもわず笑いそうになったけど・・・


"I Feel Alright"で本編終了。

誰もがあの曲やってないよ!と思いながらアンコール。

ビートルズのカヴァー"Help"なんかやったりして、最後、突然テリーが薔薇の花束を取り出した。

そしてもちろん"New Rose"へ。

薔薇をフロアに数本投げた後、最後の一本、花弁を口にくわえ吹き出した!

ロンドンパンク勢の先陣を切ってリリースされたこの曲。
やっぱりダントツでカッコイイ!

本日最高の盛り上がりを見せ、ライブ終了。

楽しかった!

明日もあるので行ける人はぜひ。

後、いつかオリジナルメンバー勢揃いのダムドのライブも見てみたいな。


以下、セットリスト・・・といきたいけど、本編とアンコールのそれぞれ最初と最後以外覚えてません。
1stの曲は全部やったと思います。
順番がわかり次第更新します。

2012.06.16 SCABIES & JAMES play DAMNED DAMNED DAMNED@新代田Fever Setlist

01. Neat Neat Neat
 ・
 ・
 ・
 ・
I Feel Alright
---encore---
Help
 ・
 ・
New Rose

・The Damnedの楽曲を試聴&ダウンロード⇒The Damned



【サイト内関連記事】
New Rose / THE DAMNED (DAMNED DAMNED DAMNED 収録)
LOVE SONG / THE DAMNED (MACHINE GUN ETIQUETTE 収録)
PUNKSPRING 09@幕張メッセ(Bad Religion、SUM41、NOFX、THE DAMNED他)
【同じカテゴリの最新記事】
・The Damned - New Rose (1976)


・Scabies and James The Damned
カテゴリ : LIVE (2012) ・ comments(0)  
2012年06月16日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails