<< フジロック2012、ステージ別ラインナップ発表&これまでの出演者まとめ home I Wanna Be Adored / The Stone Roses (The Stone Rose 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2012)
  3. 相対性理論 presents 位相I@Zepp Tokyo

Zepp Tokyoへ、相対性理論のワンマンライブ『位相 I』を観に行ってきた。

と、その前に、昨日オフィシャルサイトにて以下のような内容のことが発表された。

今回ライブに出演するメンバーは、やくしまるえつこ(Vo, etc)と永井聖一(G)に加え、ベースはOpen Reel Ensembleの吉田匡、ドラムとパーカッションはShing02や湯浅湾で活躍する山口元輝、d.v.dのitokenが担当。

さらにサウンドエンジニアとしてzAkが参加する。

そして、真部脩一(B)と西浦謙助(Dr)は本日のステージには不参加となる。
とのこと。

しかも、ドラムの西浦は今後のライブにも不参加と自身のブログで発表。
事実上の脱退?!

うーん、よくわからん。
特に真部は相対性理論の曲作りの中心であるだけに詳細がきになるところ。
ひょっとしたらライブには出ないけどレコーディングには参加するみたいな、昔のビーチボーイズでいうところのブライアン・ウィルソン的なものになるのかも。


とまぁライブ前から荒れた感じですが、早速ライブのレポ。


15分ほど開演時間から過ぎたところで暗転。
・・・というかちょっと薄暗くなって、SEが流れ出す。
ライトが会場を一回り照らしながらSEが流れ終わった後、一気に暗くなり、幕が開けられメンバー登場。


1曲目は"スマトラ警備隊"。
いきなり飛ばしてきた。

今日は結構前の方で観てたんだけど、初っ端から軽いモッシュ状態で熱い!
(後ろの方は相変わらず地蔵な人が多かったらしい)

やくしまるえつこは相変わらず棒立ちで、時に歌詞を見ながら淡々と歌ういつもの感じだったんだけど、ドラムに加え、パーカッションが加わったことで明らかに音的には厚くなってた。


最初のMCは「今日は、転入生を紹介します」。
その直後の"学級崩壊"に掛けたのか、それとも今回の突然のメンバー交代劇のことなのか、とにかく意味深な発言で気になった。
なんだかもう彼らの術中にハマってる感がしなくもない。


個人的には彼らのライブを見るのはこれで3回目なんだけど、やっと今日初めて"LOVE ずっきゅん"を聴けた。
すでにオリジナルメンバーじゃないところは悔しいところですが。

さらに続けて私の好きな"小学館"をやって、なんかもう前半だけでも好きな曲は大半やったんじゃないかという感じ。

最近の曲はちょっと追えてなかったので、後半は知らない曲もあったりしたけど、どれも結構良かったな。


本編最後は山Pこと山下智久に提供したやくしまる作詞、永井作曲の"愛、テキサス"のセルフカヴァーで終了。

「アミーゴ!」って言って去ってたんだけど、それってあれか、山Pと亀梨和也の"青春アミーゴ"にかけてるのか・・・


そんな感じで、けむに巻いた感じで終わった本編の後は、アンコールで"ペペロンチーノ・キャンディ"を。
もはや「ROVOか!」と突っ込みたくなるようなスペーシーでトランシーなアレンジになってて最初何の曲かわからなかったけど、カッコ良かった。

Thin LizzyのTシャツを着てギターを弾きまくってた永井がすごいギタリスト然してた良かったです。


そんな新生・相対性理論の初ライブ。
今後どうなっていくのか不安もあるけど、楽しみです。


以下、セットリストとやくしまるえつこのMC。


2012.06.09 相対性理論 presents 位相I@Zepp Tokyo Setlist

01. スマトラ警備隊
02. 気になるあの娘
03. 人工衛星
MC1「今日は、転入生を紹介します」
04. 学級崩壊
05. LOVE ずっきゅん
06. 小学館
MC2「パンはパンでも、入口は一つ、出口は二つ、これなーんだ?」
07. P/Q
08. ミス・パラレルワールド
MC3「東京、テレポ〜ト」
09. 新曲
MC4「あ、あれ、終電だったのかな?」
10. ノルニル
11. ほうき星
MC5「結婚、おめでとう」
12. ムーンライト銀河
13. 愛、テキサス
MC6「アミーゴ!」
---encore---
14. ペペロンチーノ・キャンディ
MC7「おやすみ」



【サイト内関連記事】
テレ東 / 相対性理論 (ハイファイ新書 収録)
UKAWANIMATION! PRESENTS EBIS RESIDENTS/相対性理論@恵比寿LIQUIDROOM 感想&セットリスト
ミス・パラレルワールド / 相対性理論 (シンクロニシティーン 収録)
DUM-DUM PARTY 2010 「A.A.A」@SHIBUYA-AX (相対性理論、U-zhaan×rei harakami、フルカワミキ 他) 感想&セットリスト
ホーミング・ユー / 集団行動 (集団行動 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・相対性理論「Q/P」
カテゴリ : LIVE (2012) ・ comments(0)  
2012年06月09日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails