<< Creep / Macy Gray (Covered 収録) home Oblivion / Grimes (Visions 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2012)
  3. あらかじめ決められた恋人たちへ@恵比寿LIQUIDROOM

あらかじめ決められた恋人たちへ、『TOUR 2012 “dubbing04” 30/2 EP “今日”Release One-Man Show』@リキッドルームに行ってきました。

会場に行く前にHPを見ると、「チケットが売れてません」の文字。
そして、当日券に限り「つまらなかったらチケット代返金します」とのことわりが。

ガラガラだったらどうしようと多少不安になりつつもリキッドについてフロアに入るとほぼ満員の大入り。
(当日券売り場には行列が出来てた)


開演時間より10分くらい過ぎたところでライブスタート。

もう全編クライマックスかのようなライブ。

乱れ打たれるドラムとパーカッションにベース、打ち込みのリズムの上を優雅に流れるメロディカの旋律。
さらに上へ上へとクライマックスを助長するかのようなテルミンが加わって気持ちが昂っていくのがわかる。

音の大きさも含め、あまりにも過剰で、ただひたすらに音の洪水の中におぼれてる感じ。


あら恋のライブは昨年のフジロックで1度だけ見たことがあって、その時は野外で聴くと気持ちいいなーって感じだったけど、閉じた箱で聴くとまたその時とは全然表情が違う。

こっちのほうがその世界観にどっぷりハマれていいかも。

ライティングや映像も素晴らしかった。

ちなみに今日のライブは、メンバーの池永正二(track・melodion)、キム・ニールセン(drums)、劔樹人(bass)、クリテツ(テルミン・パーカッション)に加え、数曲でLAGITAGIDAのオータケコーハンという人と、埋火(うずみび)の見汐麻衣という人がギタリストで参加してました。


今回はEP『今日』のリリース記念ってこともあって、EP収録の"前日"、"翌日"の2曲とも披露。

特に本編最後を飾った"翌日"は17分を超える大作は圧巻。
PVもバックのスクリーンで流れてた。

EPの発売によせての池永正二のコメントは以下。
「今日」に寄せて Message from池永正二
今、音楽は何のためにどのように鳴り響けばよいのか。僕は希望と癒しだと思います。僕らはそういった「希望」や「癒し」に対してどちらかというと胡散臭いイメージを持ってしまうタイプの人間でした。そういった僕らが僕らなりのやり方で希望や癒しに真摯に向き合ったEPです。おそらく今は変動の時代です。変動するときには必ず歪みが生じます。その歪みに対しての希望と癒しを鳴らしたいのです。つまり勝った人も負けた人も奪い取った人も奪い取られた人も傍観した人も忘れた人も憶えすぎていた人も勘違いした人も、努力した人も努力できなかった人も何もしなかった人も何かせざるを得なかった人も、誰でもふとした瞬間にフッと入り込んでくる昨日への後悔、明日への不安、切なさ、虚しさ、寂しさ、憧れ、虚無。それらに対しての「希望」や「癒し」。つまり昨日や明日に何があったとしても「さぁ、今日もがんばろうか」。結局はそういうことだと思います。そういうEPに鳴ったと思います。思っています。
是非聴いてください。イメージしてください。
よろしく!

池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)



本編が終わって、アンコールで1曲。
『Calling』から"Back"の多幸感あふれるサウンドで2時間を超える圧巻のライブをシメ。

マジやばかった。
とりあえず今年見たライブの中ではベスト3には入るね。


以下、セットリスト

2012.04.06 あらかじめ決められた恋人たちへ@恵比寿LIQUIDROOM

01. Fire Glove
02. Nothing
03. Start
04. ワカル
05. Calling
06. 十数えて
07. 錆びる灯
08. ムダイ
09. Out
10. トカレフ
11. 前日
12. よく眠る
13. アカリ
14. トオクノ
15. ラセン
16. 翌日
---encore---
17. Back

■TOUR 2012 ”Dubbing 04″日程
2012年4月6日(金) LIQUIDROOM(東京都)
2012年4月14日(土) METRO(京都府)
2012年4月15日(日) 池下CLUB UPSET(愛知県)

・あらかじめ決められた恋人たちへの楽曲を試聴&ダウンロード⇒あらかじめ決められた恋人たちへ


【サイト内関連記事】
Back / あらかじめ決められた恋人たちへ (Calling 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・あらかじめ決められた恋人たちへ - 翌日
カテゴリ : LIVE (2012) ・ comments(0)  
2012年04月06日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails