<< MISOGI / GRAPEVINE (MISOGI EP 収録) home 明日へ / Galileo Galilei (PORTAL 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2012)
  3. SYNCHRONICITY’12@Shibuya O-EAST&duo MUSIC EXCHANGE (渋さ知らズオーケストラ、KIMONOS 他)

渋谷はO-EASTとduo MUSIC EXCHANGEの2会場に渡って開催された『SYNCHRONICITY'12』に行ってきた。

イベントコンセプトのコンセプトはこんな感じ。
『SYNCHRONICITY』とは、「CREATION FOR THE FUTURE」をテーマにグリーン電力で開催する都市型アートフェスティバル。音楽、ライブペインティング、映像、ダンスパフォーマンス、デザイン等、ジャンルを超え様々なアートが交わる空間を通して、未来へ続く前向きなエネルギーを生み出すことを目的に開催しています。


以下、出演者。

【出演アーティスト】
■LIVE
 渋さ知らズオーケストラ / the band apart / KIMONOS
 GOMA & The Jungle Rhythm Section / Buffalo Daughter
 DE DE MOUSE + his drummer / cro-magnon
 高野寛伊藤大助クラムボン) / rega / JABBERLOOP
 世武裕子 / Conguero Tres Hoofers / NITORON
■DJ
 クボタタケシ / DJ YOGURT / DUBINCH / Ko Umehara(-kikyu-)
■VJ
 矢吹和彦(-kikyu-)
■VISUAL SPACE DIRECTION
 Tomoya Kishimoto
■LIVE PAINTING
 Gravityfree / SHOHEI TAKASAKI / shina(-kikyu-)
■PHOTOGRAPHIC MOVIE
 長谷良樹(-kikyu-)
■DECORATION
 大島エレク総業(Dormitory K, atombox)


予定より家を出るのが遅くなって、会場に着いたのは16時半位。

まずは、duoにて高野寛+伊藤大助
今日がライブデビューらしいとのことで、なかなか貴重な体験です。
私はクラムボンが大好きで、大ちゃんのドラムがとりわけ好きなので、今日はドラム側で食い入るように見てた。
1曲目"助けて"って曲では、普段のドラミングとは違って、かなりロックな叩き方で、ある意味新境地な感じでした。
高野寛のギターも歌もカッコ良くて、ループやサンプラー等も使ってはいたけど、2人だけでも十分面白い音楽できるんだなって思った。
6月8日には同じくduo MUSIC EXCHANGEにてワンマンをするそうです。
それまでにツアーで何本かやるらしいので、今日とは全然違う音になってたりして。


お次はO-EASTにてバッファロー・ドーター
bdのライブ見るの久しぶりだな。
会場に入ると既に始まってて、グルーヴィーなサウンドが。
ドラムは柔道二段、松下敦。
すっかりZAZEN BOYSな人だけど、個人的にはbdの印象も強い。
シュガー吉永のギターも炸裂して、松下の圧倒的なドラミングも加わると下手なロックバンドよりもロック!
カッコよすぎた。
ワンマンが観たい!


続いてduoにてDE DE MOUSE
人が超集まってて会場はぎゅうぎゅうで、前の方はかなりの盛り上がりでした。
生ドラムを加えた編成で、なかなかライブ感があって良かった。
とにかくデ・デ・マウスのライブってわかりやすくてノリやすい曲多いし、盛り上がるね。
サンバ調になるやつが良かった。


イーストに戻り、GOMA & The Jungle Rhythm Section
ライブ見るのは初めて。
トライバルなビートに絡むディジュリドゥの音色、というか咆哮。
高揚感がハンパない。
まさに祭り、祝祭。
これ野外フェスで聞いたら最高だろうなあって思った。
てか、今日のイベントをそのまま初夏の野外とかでやると超気持ち良さそう。

そういやドラマーが椎野恭一だった。
メンバー紹介するまで気づかなかったけど、見た目老けたなぁ。。


duoにてバンアパを2曲ほど。
相変わらず演奏上手い。
原昌和のMCを聞かずにEastに戻っちゃったのがちょっと心残り。


イーストで世武裕子をちょこっとだけ。
世武さんがピアノで、ドラムとコントラバスの3ピース。
最後の曲の演奏が圧巻でした。


そのままの流れでKIMONOS
今日のお目当て。
ちょっと横の方だったけど、最前で。
LEO今井の挙動不審っぷりと向井秀徳の達観したような落ち着きの対比が面白い。
ま、両方変人なことは間違いなさそうだけど(笑)
前半は2人だけで。
向井のギターがかなりニューウェイヴィーな感じで、ザゼンとかにはない感じなのがイイ!

後半からはドラムを加えて3人編成。
さっきまでの路線から一転、金属質なギターの音色に。
"MOGRA"とか超イイ。

新曲聴けるかなぁってちょっと期待してたけど、今日は無かった。
ライブもやってるし、今後も活動は継続しそうなので、期待。


キモノス終わりでちょっと休憩しながらイーストの2ndステージのNITRONを見る。
なんかよくわからんバンドでした。。

途中、KIMONOSの物販に行ってライブ会場限定だったアルバム向井の『サッドソング・フォー・アグリードーター オリジナル・サウンドトラック』を購入。


そんなこんなでラスト。
トリは渋さ知らズオーケストラ
ステージには所狭しと人が。
ぷかぷかタバコをふかしながら不破大輔が指示を出しつつ、ステージ上はカオスな状況へ。
まぁカオスっつってもかなりショーとしては長年やってるもので確立されたものだけど。
白塗りのダンサーさんたちは何度見てインパクト絶大ですね。

ちなみに今日はMCを務める渡部真一の誕生日とのこと。
おめでとうございます!

中盤からの盛り上がりは凄まじく、終盤の"本多工務店のテーマ"はもう鉄板の盛り上がり。
イベントのトリとして申し分ないパフォーマンスで大熱狂の中終演。

楽しかった♪


2回目の開催となったシンクロニシティ。
第3回もきっと開催するとのことなので、次もぜひ参加したい!


セットリストはよくわからないので、割愛。



【サイト内関連記事】
火男 / 渋さ知らズ (渋旗 収録)
the band apart@幕張メッセ イベントホール
極東最前線〜ジャンプ・スウィング・花に嵐〜@渋谷CLUB QUATTRO (eastern youth、the band apart)
Soundtrack To Murder / KIMONOS (KIMONOS 収録)
UBC-jam vol.24@早稲田大学記念会堂(DE DE MOUSE、Luminous Orange、ZAZEN BOYS)
クラムボン@両国国技館
クラムボン@ヨコハマ創造都市センター 1F ホール(YCC) clammbon tour「2010」
Ballet Mecchanique(クラムボン、toe)@桜坂セントラル
クラムボン@NHKホール clammbon 2009 「Re-clammbon tour」
clammbon presents 『sound circle』@Shibuya O-EAST (クラムボン、toe、manual)
combination #1@代官山UNIT(クラムボン・Golf・montag)

【同じカテゴリの最新記事】
・渋さ知らズオーケストラ@苗場 FUJI ROCK FESTIVAL 09/07/26
カテゴリ : LIVE (2012) ・ comments(0)  
2012年03月18日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails