<< フジロック2012、出演アーティスト第2弾発表!! home MISOGI / GRAPEVINE (MISOGI EP 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 蒼き日々 / plenty (plenty 収録)

 江沼郁弥(Vo.&Gt.)と新田紀彰(Ba.)の2人によるバンド(ライブではスリーピース)、plentyプレンティ)が1stフルアルバム『plenty』をリリース。オリコン20位。

 2011年に2枚のep『人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり』『待ち合わせの途中/終わりない何処かへ/空が笑ってる』をリリースし順調に活動を続けていると思われた矢先にDrums吉岡紘希が脱退。それを乗り越え、年末にはSound Film Trackあいという」を発表して、ついにセルフタイトルのフルアルバムが完成。

・plenty 「蒼き日々」


 この"蒼き日々"はアルバムの最終曲。三連ぽいリズムを刻むギターで歌われる江沼の歌声が切なすぎて胸が締め付けられそうになります。ミュージックビデオもシンプルながらすごくグッとくるものでした。

 「部屋の扉を開けてぬるりと歩き出そう」("はじまりの吟")と外の世界に出て、「彷徨えど僕は行こう」("待ち合わせの途中")、「信じたいんだよ」("人との距離のはかりかた")、「時の流れに抗えなくても 僕には逆らう意思がある」("砂のよう")と、戸惑・挫折・諦めもあるけれど、時には他人との繋がりを求めながらもがき前を向いて歩き進もうとする意志に溢れているアルバムだと感じた。

 そのアルバムラストのこの曲の「朝が来るまで僕だけが正義」という歌詞。この「僕だけの世界」だけで全能だった「蒼き日々」の象徴が夜で、夜が終わり朝を迎えればいつものように「明日」が「今日」になり、また外の世界と対峙することになるけど、最初の"はじまりの吟"で拒んでいた「今日」よりは成長してるというか。て、なんか自分でも何言ってるかわからなくなってきた(笑)(解釈が全然間違ってる可能性大・・・)

 サウンド面も、"人間そっくり"や"スローモーションピクチャー"でのアコースティックギター、"あいという"でのストリングス、"風の吹く町"のリズムマシーンのようなビートとこれまでとはちょっと変わった要素もあるかな。とにかくかなりの愛調盤になりそうです。


plenty -『plenty』収録曲リスト
2012年2月15日発売
01.はじまりの吟
02.普通の生活
03.待ち合わせの途中
04.人との距離のはかりかた
05.おりこうさん
06.人間そっくり
07.空が笑ってる
08.スローモーションピクチャー
09.あいという
10.砂のよう
11.風の吹く町
12.蒼き日々
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
ボクのために歌う吟 / plenty (拝啓。皆さま 収録)
枠 / plenty (理想的なボクの世界 収録)
plenty@恵比寿LIQUIDROOM tour 「ボクたちの世界」 感想&セットリスト
GRAPEVINE × plenty@品川ステラボール
plenty@日比谷野外音楽堂
体温 / plenty (体温 収録)
きのこ帝国presents「echoes 2」@恵比寿LIQUIDROOM (guest:plenty) 感想&セットリスト
「CまでNight ♥ ワンツースリー」@Zepp DiverCity Tokyo (Cocco、Plenty、ヒトリエ) 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
■ 『plenty 2012年 春 ワンマンツアー』日程
4月8日(日)日比谷野外大音楽堂
4月21日(土)NHK大阪ホール
4月22日(日)愛知・名古屋市公会堂
4月27日(金)京都磔磔
4月29日(日)高松DIME
4月30日(月・祝)広島クラブクアトロ
5月3日(木・祝)福岡DRUM LOGOS
5月5日(土)熊本DRUMBe-9V1
5月6日(日)長崎DRUMBe-7
5月12日(土)長野CLUB JUNKBOX
5月13日(日)仙台Rensa
5月18日(金)札幌PENNY LANE24

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2012年03月16日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails