<< 岡村靖幸@新木場STUDIO COAST home サマソニ2012、出演アーティスト第1弾発表!! >>
  1. K's今日の1曲
  2. Pop
  3. Born To Die / Lana Del Rey (Born To Die 収録)

 2011年末に"Video Games"という曲ですい星のようにシーンに登場したNY出身の女性シンガー・ソングライター、Lana Del Reyラナ・デル・レイ)、本名Lizzy Grant(リジー・グラント)がメジャー・デビューアルバム『Born To Die』を1月31日にリリース。初登場で、全英1位、全米2位を記録。

 この"Born To Die"はアルバムのタイトルトラックで1曲目を飾る曲。昨年12月にシングルとしてもリリースされUKでは9位を記録しています。けだるい感じの低音ヴォーカルとトリップ・ホップ(死語?)のようなビートを聴きながら、「死ぬために生まれる」ってタイトルを直訳すると何かネガティヴな歌を連想しがちだけど、どちらかというと「いづれ死ぬんだから、今を一生懸命生きる」っていうような前向きな曲だと思います。

 自ら撮ったどこかノスタルジックな"Video Games"のPVとは一転、フランス人映像作家Yoann Lemoine(ヨアン・ルモワンヌ)が手掛けたこの曲のビデオは映像美が素晴らしくラナ・デル・レイの美貌が堪能できます。

 それにしても最初"Video Games"を聴いたときは、「騒がれてはいるわりには、ちょっと地味かな?」って印象をもってしまったけど、アルバムを聴くとその世界に引き込まれて、ハマッてしまった。なんか憎たらしいくらい(笑)センスが良い。個人的には"Video Games"より好きな曲がアルバムにはごろごろあるので、機会があれば他の曲も紹介したいと思います。

 影響を受けたアーティストに、Nirvanaのカート・コバーンやジェフ・バックリーを挙げてるのを目にしたけど、できれば彼女には生き急ぐことなくじっくり活動してほしいところ。ま、今作でシーンからいなくなっても、それはそれで時代に十分爪痕残せそうだけど。

 こうなると観たいのはライブ。3月に渋谷のduo MUSIC EXCHANGEでやることが決まっていて、当然のことながら即ソールドアウトになって、「なんでこんな狭いハコでやるんだよ」って思ってたら、その来日自体が中止になったと発表されましたね。なんか突然人気が出て中止になったとか、最初からツアーに出る予定じゃなかったとか色々言われてるけど真相はいかに。

 夏にはインディー時代のアルバム『Lana Del Ray A.K.A. Lizzy Grant』もメジャーより再リリースされるそうだし、サマソニとかフジロックとか夏フェスで日本に呼んでください。

■Lana Del Rey - 『Born To Die』収録曲
1. "Born to Die"
2. "Off to the Races"
3. "Blue Jeans"
4. "Video Games"
5. "Diet Mountain Dew"
6. "National Anthem"
7. "Dark Paradise"
8. "Radio"
9. "Carmen"
10. "Million Dollar Man"
11. "Summertime Sadness"
12. "This Is What Makes Us Girls"

・Lana Del Reyの『Born To Die』を試聴&ダウンロード⇒Born to Die - Lana Del Rey

【同じカテゴリの最新記事】
・Lana Del Rey - Born To Die


・Lana Del Rey - Born To Die (Live at Poolside at Chateau Marmont)
カテゴリ : Pop ・ comments(0)  
2012年02月09日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails