<< Noel Gallagher’s High Flying Birds@TOKYO DOME CITY HALL 感想&セットリスト home 奥田民生@渋谷公会堂 「okuda tamio tour 2011-2012 〜おとしのレイら〜」 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2012)
  3. 斉藤和義@ナムラホール

今日は斉藤和義のライブを観に那覇のナムラホールにいってきました。


開演時間が近づいたところで女性の声で「間もなく開演します」とアナウンス。
珍しいなぁと思っていたら、19時を5分ほど過ぎたところで、「それでは開演します。1曲目は"Would you join me?"です」
と続けてアナウンスされて斉藤和義(普段私はこう呼ばないけど、この後はせっちゃんで統一します)始め、揃いのシャツを着たメンバーが登場し、演奏開始。

なかなか面白い演出です。

そこから、リフで攻める"桜ラプソディ"、3人のギターが鳴り響く"ささくれ"と冒頭3曲はかなりロックなナンバーが続く。

シングル曲の"劇的な瞬間"(この曲好き!)もライブならではの迫力でカッコイイ。

ここで、MC。
今回のツアー「LIVE TOUR 2011-2012“45 STONES”」で、ライブハウスでやるのは、この沖縄公演だけとのこと。
そして、「気分の悪い人は・・・かわいい子はステージに。僕が介抱します。すぐ終わるから。2分で・・・」と、エロオヤジ全開(笑)
この辺のキャラは一般的なイメージとは違うかもしれないけど、こっちが本性です(笑)

MCも上々の滑り出しのMCに続いて"ずっと好きだった"。
この辺になるともはやメジャーアーティスト感が強い。

「10年前に出した『35 STONES』から」という短いMCからの"グッドタイミング"、「去年の震災の次の日にできた(降りてきた)曲」という"ウサギとカメ"と続く。

この曲が終わって、ギターからキーボードへチェンジ。

ここでメンバー紹介も。
ギターはおなじみ、キセル(お兄ちゃんの方)の辻村豪文
ドラムは3,4本ツアーを一緒に周ってる玉田豊夢
ベースは社長こと隅倉弘至
そして、もう1人、ギターで藤井謙二
元マイラバで、今は極悪非道のバンド、The Birthdayのギタリストって紹介されてた。
極悪非道って(笑)


キーボードで数曲演奏。
ドラムセットが2個ある時点で、もちろんこの後にドラムもやることは確実。
多才だ。


アコギにもちかえ静かに歌われた"虹が消えるまで"(シンプルな白い照明が曲にピッタリ)の後、今度はエレキを静かに弾き始め、何の曲をやるんだろう?って思ってたら、"歌うたいのバラッド"でした。
後半、バンドの他のパートも加わって盛り上がってくとこがカッコイイ!!
曲の終わりの方ではかなり熱のこもったギターソロも聴かせてくれた。
名曲!


次の"おとな"が終わって、何やらエプロンを付けるせっちゃん。
どうやら主題歌"やさしくなりたい"を歌ったドラマ「家政婦のミタ」の主演の松嶋菜々子からもらったものらしい。
日テレ系のない沖縄では、ちょうど年明けから再放送でこのドラマを連日やってて、つい先日最終回をやったばかりなのである意味ベストタイミング!

さらにそのエプロンに書かれてるメッセージを見ながら
「斉藤さん大好きです。反町と別れます。早くいれてください。菜々子」
って「どスケベ菜々子が書いてる」とまたまたど下ネタ(笑)

歌の世界観と、このキャラのギャップがたまらんね。

そんなことを言ってるうちに辻村があのミタさん風のキャップを被り、せっちゃんの業務命令で「承知しました」とあのお決まりのセリフを言ってあの印象的なギターのイントロ開始。
ドラマのおかげもあるだろうけど、オリコンでも過去最高順位を記録しただけあって、かなりキャッチーでカッコイイね。


ここで、今度はドラムセットに着席し、ドラムをたたきながらヘッドマイクで2曲披露。
ツインドラムで疾走。
""もカッコ良かったけど、今回のツアーのモードにぴったりの"罪な奴"のパンキッシュな感じはやばかったな。

そっからの玉田豊夢とのドラムバトル。
さすがに本職には勝てないか(笑)


ツインドラムの勢いそのままに、ギターに持ちかえ怒りの2曲。
"猿の惑星"と"オオカミ中年"。
もうまさに今の世情を反映した、この時代だからこそ生まれるナンバー。

歌詞に、東電・関電・九電とか、例の"ずっとウソだったんだぜ"を挟みこんだり。
(沖縄電力は原子力発電ないからね)
ま、正直すべてに同意できるわけではないけど、こういった意見を反映させるのはミュージシャンとしてあるべき姿なのかもね、と思った。


KARAのヒップダンスも飛び出した"Stick to fun,Tonight!"、"COME ON!"と明るめの曲が続いた後は、私のような世代にはどんぴしゃな"歩いて帰ろう"で大合唱。
この曲がポンキッキーズで流れてた頃は、大ヒットドラマの主題歌を歌うなんて想像しなかったなぁ。
ちなみに「どうすりゃいいの?」の後の「教えて」が「沖縄」って替え歌してた。


と、盛り上がりも最高潮に達したところで、ギターの藤井謙二が三線(三味線)を持って登場し、沖縄と言えばこの曲"ハイサイおじさん"を披露。
なんか微妙にメロディが抜けてた気がするけど・・・盛り上がったので良しとしよう。

そんなこんなで"ボクと彼女とロックンロール"で本編終了。


アンコールで再登場し、"Are You Ready?"、"やわらかな日"、"ドレミの歌"、"ギター"の4曲を披露。
メンバー揃いのTシャツに着替えてきたなぁって思ったら、胸に「THE BEACHIKS」の文字が。
さすがです(笑)

"やわらかな日"は沖縄では久々に演奏する曲って言ってた。

客席を真中から2つに分けてコーラスを振り分けた"ドレミの歌"が終わり、最後は"ギター"。
もうすぐ新しくHPを立ち上げて、所有のギターの数々をオークションに出すとのこと。

なんでもその売り上げで新しくギターを購入して、東日本大震災の被災地に送るということ。

なんかそういうのイイね。

3時間近くに及んだライブはこれで終了。
大満足。

今日はライブハウスだったけど、ホールでも見てみたいと思った。

以下、セットリスト。


2012.01.28 斉藤和義@ナムラホール Setlist

01.Would you join me?
02.桜ラプソディ
03.ささくれ
04.劇的な瞬間
05.ずっと好きだった
06.グッドタイミング
07.ウサギとカメ
08.映画監督
09.わすれもの
10.雨宿り
11.虹が消えるまで
12.歌うたいのバラッド
13.おとな
14.やさしくなりたい
15.虹
16.罪な奴
17.猿の惑星
18.オオカミ中年
19.Stick to fun,Tonight!
20.COME ON!
21.歩いて帰ろう
(藤井謙二 三線ソロ)ハイサイおじさん
22.ボクと彼女とロックンロール
---encore---
23.Are You Ready?
24.やわらかな日
25.ドレミの歌
26.ギター



【サイト内関連記事】
月影 / 斉藤和義 (Because 収録)
彼女 / 斉藤和義 (Golden Delicious 収録)
フラワーカンパニーズ×斉藤和義〜フラカン和義の300万ボルト〜@渋谷O-EAST (guest:キセル、リリー・フランキー 他)
UBC-Jam vol.18@早稲田祭2004(斉藤和義、PE'Z、東京エスムジカ、椿屋四重奏)
なぜか今日は / The Birthday (I'M JUST A DOG 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
斉藤和義 LIVE TOUR 2011-2012“45 STONES”日程
2011年11月5日(土) さいたま市文化センター 
2011年11月10日(木) ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)中ホール 
2011年11月11日(金) 金沢本多の森ホール 
2011年11月13日(日) 千葉県文化会館 
2011年11月18日(金) 仙台サンプラザホール[東日本大震災 被災地復興支援ライブ] 
2011年11月19日(土) 盛岡市民文化ホール[東日本大震災 被災地復興支援ライブ] 
2011年11月25日(金) 二トリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 
2011年11月27日(日) 幕別町百年記念ホール 
2011年12月4日(日) 神奈川県民ホール 大ホール 
2011年12月10日(土) 長崎市公会堂 
2011年12月11日(日) 福岡サンパレス 
2011年12月13日(火) 徳島市立文化センター 
2011年12月22日(木) 島根県民会館 大ホール 
2011年12月24日(土) 岡山市民会館 
2011年12月25日(日) 広島市文化交流会館 
2011年12月27日(火) 京都会館第一ホール 
2012年1月8日(日) 崇城大学市民ホール(熊本市民会館) 
2012年1月9日(月・祝) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
2012年1月11日(水) 周南市文化会館 
2012年1月13日(金) 松山市民会館 大ホール 
2012年1月19日(木) なら100年会館 大ホール 
2012年1月21日(土) 三重県文化会館 大ホール 
2012年1月22日(日) 中京大学文化市民会館 オーロラホール 
2012年1月28日(土) ナムラホール 
2012年2月3日(金) サンポートホール高松 
2012年2月4日(土) 高知県立県民文化ホール オレンジホール 
2012年2月11日(土) 日本武道館 
2012年2月12日(日) 日本武道館
2012年2月18日(土) 東京エレクトロン韮崎文化ホール 
2012年2月19日(日) 渋川市民会館 
2012年2月25日(土) 大阪城ホール 
2012年3月3日(土) 新潟県民会館 
2012年3月4日(日) 富山県民会館 
2012年3月9日(金) メディキット県民文化センター 演劇ホール
2012年3月11日(日) 臼杵市民会館
2012年3月12日(月) 鳥栖市民文化会館
2012年3月17日(土) 静岡市民文化会館 大ホール 
2012年3月18日(日) 長良川国際会議場 メインホール 
2012年3月20日(火・祝) ひこね市文化プラザグランドホール
2012年3月21日(水) 神戸国際会館こくさいホール
2012年3月28日(水) 秋田市文化会館
2012年3月30日(金) いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
2012年3月31日(土) 宇都宮市文化会館 

・斉藤和義 ずっとウソだった
カテゴリ : LIVE (2012) ・ comments(0)  
2012年01月28日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails