<< Into Your Dream 2011@Shibuya O-nest (Her Space Holiday、The Deer Tracks) home ATARI TEENAGE RIOT@恵比寿LIQUIDROOM (Guest:9mm Parabellum Bullet) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Alternative Rock
  3. Art Of Almost / Wilco (The Whole Love 収録)

 アメリカはシカゴ出身のロックバンド、Wilcoウィルコ)の今年2011年リリースの8枚目のアルバム『The Whole Love』(全米5位・全英30位)。リリースは自ら設立したレーベルdBpm Recordsより。

 "Art Of Almost"はアルバムの1曲目を飾る曲。抑制された電子音とビート、そしてジェフ・トゥイーディの歌声。そこから徐々にブーストしていくギターとドラム。1曲目からかっこよすぎてチビりそう。。7分かけて絶頂に上り詰める感じがたまらない。そこから1stシングルになったノイジーだけどポップな2曲目"I Might"に続く流れもイイ!この最初の2曲を聴いただけで名盤の匂いプンプンする。

 アルバム序盤でガツンとやられたけれど、アルバム全体としてはバラエティに富んだ仕上がりになっていて、静かで美しいメロディの曲だったり、これまた激しいロックンロールだったり、Wilcoならではのカントリーテイストな曲があったりと通して聴くとまた楽しい仕上がり。オルタナ・カントリーだとか、ポストロックだとか意味のないジャンル分けは不要。アルバムラストを飾る12分にも及ぶ曲"One Sunday Morning (Song for Jane Smiley's Boyfriend)"は、"Art Of Almost"と対になっているそうで、アコースティックで穏やかなエンディングを迎えます。

 アルバムずっと聴いてて私は、なんか雰囲気がニック・ロウみたいな曲がいくつかあるなぁって思ってたら、シングル"I Might"のカップリングは、ニック・ロウの"I Love My Label"のカヴァーだったと後で知ってビックリ(『ザ・ホール・ラヴ』の限定盤の2枚目と日本盤のボートラにも収録されています)。なんとアメリカツアーはそんなニック御大と一緒に回ったんだとか。YouTubeに動画がいくつか上がってたけど、日本でも実現しないかな・・・

 と、そんなウィルコのライブは今年のフジロックので観ました。最終日のホワイトステージのトリということで、疲労が溜まりに溜まった心と体に沁みたなぁ。ま、圧巻の"via Chicago"で超興奮しましたが。今年のフジのベストアクトの1つと言っても過言ではないです。何気に、初来日のMAGIC ROCK OUTも昨年のワンマンも観てるので来日の少ない彼らのライブは観てる方ですが、またすぐにでも観たい!祈・来日!

・Wilcoの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Wilco


【サイト内関連記事】
You and I / Wilco (Wilco (The Album) 収録)
Wilco@Zepp Tokyo
I Love the Sound of Breaking Glass / Nick Lowe (Jesus of Cool 収録)
Cruel To Be Kind / Nick Lowe (The Doings 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Wilco - Art Of Almost (Live on Letterman)


・Wilco, & Nick Lowe, "36 Inches High" + "I Love My Label", Overture, Madison, WI, October 5, 2011
カテゴリ : Alternative Rock ・ comments(0)  
2011年11月16日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails