<< ユニコーン 『Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン』@日本武道館 10月26日 セットリスト home ユニコーン 『東日本大震災復興祭2011〜子供たちの未来のために〜』@国立代々木競技場第一体育館 セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. SPARKS GO GO presents SHIBUYA JUNCTION 2011“また倶知安じゃないジャン!”@SHIBUYA-AX (倶知安乃風、UNICORN、真心ブラザーズ、齊藤ジョニー、住岡梨奈)

SPARKS GO GOスパークス・ゴー・ゴー)主催のイベント『SPARKS GO GO presents SHIBUYA JUNCTION 2011“また倶知安じゃないジャン!”』を見にSHIBUYA-AXに行ってきました。

出演は以下。
主催のSPARKS GO GOをはじめ、同年代のバンドであるUNICORN真心ブラザーズ、オープニングアクトとして齊藤ジョニー住岡梨奈の2組。

そして、スペシャルユニットの倶知安乃風というメンツ。

開演時間になって、主催者であるスパゴーの八熊慎一橘あつやたちばな哲也の3人が登場し、挨拶。

倶知安じゃなくて渋谷なのでSHIBUYA JUNCTIONってタイトルにしたとか言う話や、今日の出演者はお馴染みのメンツ以外に若手が2組、その中でも住岡梨奈が紅一点だ的な流れからヤックが
「楽屋がおっさんばかりで、オッサン酔いする。いや、細かく言うとテッシー酔い」
って言って会場大爆笑。

テッシー・・・
好きなことをずっとしゃべりまくってるらしい。。。(笑)

後は、今日のイベントは全国の映画館でも同時中継されるので、嘘でもいいから渋谷に行きたかったと思わせるくらい盛り上がろう!って。


そんなこんなで、まずは1組目。
齊藤ジョニー
どんな人が知らなかったんだけど(今月26日にメジャーデビューしたばかりらしい)、ステージセット的に弾き語りか何かと思ったら、バンドメンバーをひきつれて登場。
ウッドベースに、ヴァイオリン、マンドリンだかバンジョーだかの編成で、ジョニー本人はさらにバスドラを足で踏み鳴らしながら弾き語るというスタイル。

音楽的にはアコースティックで、ちょっとカントリー(ブルーグラス?)ぽい要素もあったりして、なかなか他にない感じで面白かった。

アイドルなみのスマイルで、客から「かわいいー」って声が飛ぶと、「かわいいでしょ?でもホントはかっこよくしたいよ」って言ってた。

最後に、The Bugglesの(バグルス)の"Video Killed The Radio Star"(ラジオスターの悲劇)をやって終了。


2組目は住岡梨奈
こちらは完全に一人で弾き語り。
しゃべりはかなりふわふわした感じだったけど、ギターを弾きながら歌い出すと歌声がなかなか力強くてびっくり。
繊細ながらも芯が通ってるような感じ。

北海道出身らしく、北海道を数か所回ってライブを行った際に倶知安にも行って、ヤックの両親に会ったりしたことがあるらしい。

見た目もすごいかわいらしく、客席から男の声で「かわいいー」(←ジョニーに続いてこんな客ばっかか(笑))って飛ぶと、「ありがとうございます、初めて言われました」って言った瞬間、客席前方から「えーー」って女性陣からの猛烈な反感の声が・・・
怖い。。
嘘に決まってるんだし、若くてかわいい子に嫉妬しすぎ・・・(笑)

そんな感じで3曲だかやって「これからお兄さんたちがでてきますんで・・・」って言って帰ってった。
「おじさん」じゃなくて「お兄さん」って言うところが、やるな。


ここからが本編。
トップバッターはユニコーン
ユニコーンは別記事で。
ユニコーン@SHIBUYA-AX 『SPARKS GO GO presents SHIBUYA JUNCTION 2011“また倶知安じゃないジャン!”』 感想


スクリーンで過去の倶知安のイベントの映像を流しつつセットチェンジ。
次は、真心ブラザーズ
なんか落語みたいな登場のお囃子がなってYO-KING桜井秀俊が登場。
今回は2人だけで弾き語り。

まずはいきなり"サマーヌード"。
たった2人だけど曲の強さとYO-KINGの力強い声で盛り上がる。

次の"かべ"では、2人で「ギター、YO-KING」「リズムギター、桜井秀俊」って曲の間ずっといいあってて、演奏後桜井が「間を怖がりすぎ」ってYO-KINGに突っ込んでたのが面白かった。

そんな桜井が「超満員の中、みんなが立ってみてるんで、僕も立って歌います」みたいな話から、マイク片手に"BABY BABY BABY"を熱唱。
YO-KINGのような歌力は正直ないけど、この人の歌も味があっていいなぁ。

コーラスを会場全体で歌わせたりして、カッコ良く歌い終わったのはいいけど、その後席に戻ろうとしてマイクを落とすという失態・・・(笑)
20何年やってマイクを落とすなんて・・・って自分で突っ込んでましたね。

そして、"どか〜ん"でそれこそドカンと盛り上げ、次はスパゴーの兄ちゃんこと橘あつやを招き入れて"空にまいあがれ"をやって終了。



お次はお待ちかねの(?)倶知安乃風
と、その前に過去のイベントでの倶知安乃風がスクリーンで放送される。
これがほんとどれも面白くて期待感が高まる高まる。
基本はすべて有名曲の替え歌で、それを全部倶知安の地元ネタに作りかえってしまうっていう。

さていよいよ満を持して倶知安乃風登場。
もちろん全員、某湘南乃風風のかっこうでみんな出てきた!って思ったら最後に1人変な人が・・・
真心桜井が本物(だよね?)のクラシアンの制服で登場。
首からは名札まで下げてる・・・
これ、借りてきたんでしょうか?ユニコーンのSEもひょっとしてクラシアンのお墨付き?


そんな感じで登場から1つ笑いを取ったところでヒップホップなビートに乗せてヤック、いやイモ旦那によるメンバー紹介。
DJ/ドラム、キビ旦那(奥田民生)
ヴォーカル/ギター、ミズ旦那(YO-KING)
これだけのためにやってきた、ヴォーカル/パーカッション、超若旦那(OKAMOTO'S オカモトショウ)
ベースとヴォーカル、イモ旦那(八熊慎一)
そして、もう1人、ミズノクラシアン(桜井秀俊)

やっぱ最後1人だけおかしい(笑)

そんなメンバー紹介が終わって始まったのは、なんとレッチリの"Give It Away"。
超若旦那がヴォーカルをとって普通に歌いだしたと思ったら、途中からサビの「ギヴィラウェイ」のとこが「ジャガラウェイ」に変わってった(笑)
てか、桜井の弾くギターパートと、ミズ旦那の弾くベースパートが、ジョン・フルシアンテとフリーに負けず劣らずかっこよくて、あまりに完成度高くて笑ってしまった。
遊びながらも手を抜かないのがすごい!

その後も「僕たちの熱い思いを聴いてください」って言って、「熱い思い」とはなんだ?って思いつつ聴いてたら、ひたすら「ジンギスカン」押し。
ジンギスカンへの熱い思いか・・・

もちろん"ジンギスカン"をやりました!
しかも、途中で桜井がいなくなったと思ったら、戻ってきてなんとうる星やつらラムちゃん(もちろんラム肉にかけてます)のコスプレで登場し、"ラムのラブソング"をやったり、また"ジンギスカン"に戻ったり、またまた"ラムのラブソング"になったりと目まぐるしく。
歌詞がスクリーンに映し出されてて、「好きよ、好きよ、ラム(子供)」、「好きよ、好きよ、マトン(大人)」とかでてて超ウケた。

続いて、ハウンド・ドッグの"ff"(フォルテッシモ)。
みんなで大友康平の物まねで、ジンギスカンへの熱い思いを・・・
キビ旦那が大友康平っぽく「しぶやぁ〜〜」って言ってて面白かったんだけど、たぶんこの物まねは咽喉に負担がかかるようで、イモ旦那が「いいなぁ、自分たちの本番終わったやつらは」ってボソって言ってのがツボでした。

後、ジンギスカンのタレなのか知りませんが、ひたすら「ベルのたれ」を押してたのも面白かった。

そして、楽しかった時間も最後の1曲。
始まったのは、なんとAKB48の"会いたかった"!!
それを「食いたかった、食いたかった、食いたかった、yes、ジンギスカーン♪」って歌ってた。
まさか民生の歌うAKB(ま、似て非なるものだけど・・・)が聞けるとは・・・
先日の厳島弾き語りではPerfumeの"レーザービーム"もやったというし、何でもありですな!

でも、やっぱり一番おいしいところを持ってたのは桜井。
この曲では、AKBっぽい制服のコスプレで登場!
ま、ラムちゃんの上から着てたので、緑の髪に縞々虎柄のソックスはいてたけどね。

いやぁ面白かった。
倶知安乃風最高!



さて、残すは1組、イベントの主催者、SPARKS GO GOを待つばかり。

と、思ったら何と出来てたのは芸人のAMEMIYA
実はSMAに所属してるらしい。
「SMA所属って知ってた人拍手」「知らなかった人拍手」ってやってたけど、大体半々くらいだったな。

そんなAMEMIYA、まずは1曲JUNK JUNK JUNKにささげる歌を。
その歌詞で知ったんだけど、今の倶知安町長はなんとスパゴーのメンバーの昔のバイト先の店長らしい。

そしてAMEMIYAと言えばこの曲、"冷やし中華始めました"ももちろんやりました。
会場に合唱を促し、「女の子たちだけ」「男の子たちだけ」とか言って合唱させて、「ニューハーフだけ」とか言った時に、1人だけ歌ってる人がいた(笑)

ま、そんな感じで、何度も合唱して終了。
楽しかった・・・けど、ちょっとくどかったかな(笑)
この時間があればユニコーンとか倶知安乃風をもう1曲増やせたような・・・


そんなこんなで、今度こそ正真正銘のトリ、SPARKS GO GO
ライブ観るの超久々だなぁ。
5、6年前(もっと前かも)に武道館でやったSMAのイベント以来かも。
まず1曲目は"FREE"。

たった3人だけでこのぶっとい音を鳴らすなんてすごい。
ブランクなく活動し続けたバンドの強さを見た。

"ハリケーン・ダイナマイト・ボディ"のイントロの稲光のような照明もカッコ良かった。

MCでは関係者への感謝を述べるとともに、AMEMIYAが長すぎって突っ込みも。
後、今回は映画館で生中継ってことで、逆に自分自身が映画館で観たいって言ってた。
そりゃそうだよなぁ。

後は、民生の厳島神社でのひとり股旅と2本立てで深夜でやればいいのにって。
ほんとほんと。ぜひ実現してほしい。

その後も、橘兄弟それぞれの見せ場曲があったり、"鉛の朝"のような大盛り上がりな曲で熱いステージが進んでいく。
"鉛の朝"のウォウォウのところで手を横に振るのとか超良かったなぁ。

"LET'S GO"では出演者全員が登場してのセッション。
ここではついに本物のベルのたれをもってきて、押しまくり。
特に民生。
マイク代わりに使ったり、マラカスのように使ったり(笑)

後、最初控えめに後ろの方にいたのに、突然左端のマイクにやってきてオカモトショウと一緒に歌い始めたEBIがちょっとツボでした。

最後は"Something Wild"でシメ。

最高でした。

来年は倶知安で開催するとかしないとか。
北海道の野外とかで1日中やってくれるなら、遠征してでも行きたいと思った。

ぜひぜひ開催を!!


以下セットリスト。

2011.10.28 SPARKS GO GO presents SHIBUYA JUNCTION 2011“また倶知安じゃないジャン!”@SHIBUYA-AX Setlist

・ユニコーン Setlist
ユニコーン 『SPARKS GO GO presents SHIBUYA JUNCTION 2011“また倶知安じゃないジャン!”』@SHIBUYA-AX セットリスト

・真心ブラザーズ Setlist
01. サマーヌード
02. かべ
03. 軽はずみ
04. BABY BABY BABY(桜井vo)
05. どか〜ん
06. 空にまいあがれ

・倶知安乃風 Setlist
01. ジャガラウェイ (Give It Away) (Red Hot Chilli Peppers cover)
02. ジンギスカン〜ラムのラブソング (ジンギスカン、松谷祐子 cover)
03. ff(フォルテシモ) (HOUND DOG cover)
04. 食いたかった (会いたかった) (AKB48 cover)

・SPARKS GO GO Setlist
01. FREE
02. ハリケーン・ダイナマイト・ボディ
03. しょうがないsad song
04. THE END
05. BLACK BEAUTY'54
06. 2分前に戻りたい
07. LET'S ROCK
08. 鉛の朝
09. LET'S GO
10. something wild



【サイト内関連記事】
サマーヌード / 真心ブラザーズ (B.A.D.〜MB’s・シングル・コレクション 収録)

ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン アルバム『Z』作詞・作曲クレジット&各曲レビュー
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト
【同じカテゴリの最新記事】
SAMURAI 5 / ユニコーン (Z 収録)
頼みたいぜ / ユニコーン (Z 収録)
デジタルスープ / ユニコーン (Z 収録)
ぶたぶた / ユニコーン (デジタルスープ /
ぶたぶた 収録)

裸の太陽 / ユニコーン (裸の太陽 収録)
パープルピープル / ユニコーン (シャンブル 収録)
最後の日 / ユニコーン (シャンブル 収録)
スカイハイ / ユニコーン (シャンブル 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY
RUST OF UNICORN 収録)

ひまわり / ユニコーン (シャンブル 収録)
R&R IS NO DEAD / ユニコーン
(シャンブル 収録)

AUTUMN LEAVES / ユニコーン
(シャンブル 収録)

オッサンマーチ / ユニコーン (シャンブル 収録)
キミトデカケタ / ユニコーン (シャンブル 収録)
HELLO / ユニコーン (シャンブル 収録)
wao! / ユニコーン (シャンブル 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE
VERY RUST OF UNICORN 収録)

雪が降る町 / UNICORN (The Very
Best Of Unicorn 収録)

働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
スターな男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
すばらしい日々 / UNICORN
(SPRINGMAN 収録)

ユニコーン@日本武道館 『Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン』 10月25日 感想
ユニコーン@広島・グリーンアリーナ 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 10月15日 感想
ユニコーン@埼玉・さいたまスーパーアリーナ 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 10月8日 感想
ユニコーン@日本武道館 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 9月6日 感想
ユニコーン@日本武道館 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 9月5日 感想
ユニコーン 『氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン』@Zepp Tokyo 感想
ユニコーン@茨城・国営ひたち海浜公園 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011』 感想
ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月21日 感想
ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月20日 感想
ユニコーン@北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月16日 感想
ユニコーン@北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月15日 感想
ユニコーン@福岡サンパレス 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月4日 感想
ユニコーン@福岡サンパレス 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月3日 感想
ユニコーン@神奈川県民ホール 大ホール 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 5月31日 感想
ユニコーン@神奈川県民ホール 大ホール 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 5月30日 感想
ユニコーン@若洲公園 「ROCKS TOKYO 2011」 感想
ユニコーン@埼玉・三郷市文化会館 「ツアー2011
ユニコーンがやって来る zzz...」 5月26日 感想

ユニコーン@幕張メッセ国際展示場
COUNTDOWN JAPAN 09/10 感想

ユニコーン@山中湖交流プラザ きらら SWEET
LOVE SHOWER 2009 感想

ユニコーン@千葉マリンスタジアム SUMMER
SONIC 2009 東京 感想

ユニコーン@国営ひたち海浜公園 8月2日 ROCK
IN JAPAN FESTIVAL 2009 感想

ユニコーン@横浜アリーナ 7月20日 ASIAN
KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009 感想

ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労
5月22日 番外編

ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労
5月20日 感想

ユニコーン@横浜アリーナ ツアー 2009
蘇る勤労 4月1日 感想


かたちごっこ / 奥田民生 (OTRL 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic
OT9 収録)

奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録)
無限の風 / 奥田民生 (無限の風 収録)
遺言 / 奥田民生 (股旅 収録)
手紙 / 奥田民生 (LIVE SONGS OF
THE YEARS 収録)

サプリメン / 奥田民生 (LION 収録)
トリッパー(one light club mix)
/ 奥田民生 (「カスタムメイド10.30」オリジナル・サウンドトラック 収録)

トリッパー / 奥田民生 (トリッパー 収録)
custom / 奥田民生 (E 収録)
ベビースター / 奥田民生 (comp 収録)
快楽ギター / 奥田民生 (comp 収録)
ギブミークッキー / 奥田民生 (comp 収録)
愛のために / 奥田民生 (29 収録)
恋のかけら / 奥田民生 (股旅 収録)
長田進 presents bar
MALPASO@品川ステラボール (guest:GRAPEVINE、奥田民生、KUMI&NAOKI (LOVE
PSYCHEDELICO)、他)

奥田民生 DOUBLEHEADER@ZEPP
LEAGUE 『TRIPLEHEADER SPECIAL!!!』@Zepp Tokyo (guest:木村カエラ、B-DASH)


スイマー / 阿部義晴 (スイマー 収録)
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(0)  
2011年10月28日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails