<< Pharoah Sanders@Billboard Live Tokyo home ユニコーン 『Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン』@日本武道館 10月26日 セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン@日本武道館 (JUN SKY WALKER(S)、UNICORN、子供バンド、OverTheDogs)

JUN SKY WALKER(S)ジュン・スカイ・ウォーカーズ)の寺岡呼人主催のイベント『Golden Circle Vol.16 "ジュンスカ×ユニコーン"』の2DAYS初日公演を見に日本武道館に行ってきました。

16回目の開催となるGCで、今回は初めて、出演者が全部バンドとなりました。

出演者は、ジュンスカユニコーンに加え、オープニングアクトとしてOverTheDogs(明日の2日目はOKAMOTO'S)、そして特別ゲストで、子供ばんどというラインナップ。

バンドブームをけん引した2組に、その2組の偉大な先輩、さらに新人という、なかなかなメンツですね。


まずは今日の出演陣が参加してのセッションからスタート。
って、実は今日は仕事終わり観に行ったため、最初の数分を見逃したので途中から。

最初のセッションのメンツはこんな感じだったらしい。
子供ばんどから谷平こういち(Vo, G)、湯川トーベン(B)、やまとゆう(Dr)
JUN SKY WALKER(S)から宮田和弥(Vo)、森純太(G)、寺岡呼人(B)、小林雅之(Dr)
ユニコーンから奥田民生(Vo, G)、阿部義晴(Key)、川西幸一(Dr)
OverTheDogsから恒吉豊(Vo, G)、樋口三四郎(G, Cho)、星英二郎(Key, Cho)
という13人で。

聞いたことない曲だなぁと思ったら、この日のために呼人が書き下ろした新曲だそうです。
タイトルは、"ROCK'N ROLL TRAIN"。
シンプルでちょっとブルースが入ったようなロックロール。
皆でセッションするにはシンプルだし、盛大に盛り上がれる感じもあってオープニングっぽくて良かった。
ドラムが3台並ぶ光景はなかなか壮観ですね。


セッションが1曲で終わりセット転換。
10分ほどして、呼人が登場し挨拶。
初のバンドだけのGCという話と、それならユニコーン以外にも、先輩バンドと若いバンドを出そうという話になったということで、次のバンドのOverTheDogsの紹介。

呼人が審査員を務めている、SUMMER SONICのオーディション、「出れんのサマソニ?」に出てたバンドだそうです。
そして、明日メジャーデビューらしい。

そんな紹介からのOverTheDogs
キーボードが入ってて、ヴォーカルの声の感じとかがちょっとSEKAI NO OWARIに近いものを感じた。
ちょっとRadwimpsも入ってるかな。

それにしても、Vo.恒吉の動きがギターを下した瞬間、踊るように歌い始めたのにはちょっとビックリした。
正直音楽的にはピンとこなかったけど、いろんな意味でなかなか面白いバンドだと思いました。


またまたセットチェンジ。
セッティングされて行く楽器を見てると、どうやら次はジュンスカっぽい。
で、その様子をずっと見てて気になったのが、スタッフがステージの前方にあるモニターアンプを何度も何度も飛び乗って蹴ったりしてたこと。
もしや?・・・と思いつつ、程なくして、またまた呼人登場。

主催者である私が所属するバンドなので、みなさん盛り上げてください、みたいなことを言って、JUN SKY WALKER(S)登場。
で、いきなり1曲目から"歩いていこう"投下。
そう来たか!
これはベストヒット的な内容になる予感。

次は聞いてる方が恥ずかしくなるくらい「青春、青春」と連呼してたMCを挟み"青春"、近くのものは見えなくなってきたけど、遠くのお客さんはよく見えるぜ」(老眼(笑))的なMCからの"スタート"と続く。
「奥田民生と同じ45歳、同級生同士、老体にムチ打ってがんばります」なんてことも言ってて、私のまわりでは「え?若く見える!」って声もチラホラ。
てか、民生は46歳じゃ?って思ったけど、とりあえず突っ込みは保留。

後、今日のメイクがちょっと濃いのは30代になった井川遥を意識したとかなんとか。
なんじゃそりゃ(笑)

ゆっくり目の曲"休みの日"を挟んで、ここでお待ちかねのコラボ。

と、その前に宮田のなが〜いMC。
同じ時期に活躍してたからなんか今でも会うと照れくさいみたないな話をしてて、民生ならまだしも、一時期一緒にバンドをやってた(ジェット機)川西さんですら照れくさいらしい。

そんなこんなで、ユニコーンから阿部と民生を呼び込む。
すると早速民生から「MCが長い」っていう突っ込み。
さすが!

で、さらに「さっき同じ年って言ってたけど、俺は46だ」と突っ込みも。
やっぱり!
真相としては、宮田が早生まれなので、学年は民生と一緒ってことらしい。
ちなみに、生まれ年的には阿部と一緒とのこと。

そんなメンツで、コラボされるのはジュンスカの"すてきな夜空"。
YouTubeでユニコーンがこの曲をカヴァーしてるのは見たことあるけど、生で見れる日がくるとは!

この曲、阿部の声に合ってて、全然すんなり聞ける。
歌詞の最後の方の「君の事好きになったから」ってところを宮田が「阿部のこと好きになったから」って替え歌してたのも良かった!


ユニコーンの2人が去り、今度は新曲"シンフォニー"を披露。
ジュンスカも来年いよいよ本格的に活動を再開し、まずは再録音したベスト盤をリリースし、それに続いてニューアルバムと全国ツアーを開始するとのこと。
ちなみにニューアルバムのタイトルは『ZZ』にする、とかなんとかちょっと寒い冗談も言ってたけど(笑)

新曲はバラードになってて、ペンライトとペンライトがない人は携帯電話の光で応えてなかなか綺麗でした。


そんなこんなで最後は"MY GENERATION"でシメ。
宮田が走ってきてモニターアンプをけってジャンプするのもバッチリ決まった!
(そう、そのためにセットチェンジ中にスタッフが一生懸命、アンプを蹴って確認してたんです!)


メンバー4人とサポートのキーボードの人で肩を組んで挨拶して、ジュンスカ終了。
最後、宮田がなぜか純太におんぶされて去って行きました。


続いて、ユニコーン。
ユニコーンは別記事にて。
ユニコーン@日本武道館 『Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン』 10月25日 感想


ユニコーンが終わり、トリは子供ばんど
まさかトリとは・・・

ジュンスカの中でもとりわけ森純太が子供ばんどの大ファンらしく、呼人と2人で子供ばんどを呼び込む。

そして登場する、4人。
演奏が始まったとたん衝撃が走る。

ハードロックというかもはやヘビメタとも言えるようなサウンドなんだけど、様式なんてくそくらえ的な破天荒さがあってすごくかっこいい。

正直、曲は全然知らなかったんだけど、ただただ圧倒された。
うじきつよしカッコ良過ぎ。
たとえるならエレカシの宮本をさらにぶっ飛んだ感じにしたような。

今年23年ぶりに活動を再開して、まだライブをやるのも6回目とからしいけど、そんなブランクは全く感じさせず。
てか、23年前とか言ったらユニコーンとかジュンスカがデビューしたころだもんね。

ちなみに武道館に立つのは26年ぶりとか!!

そんなうじきに「ステージパフォーマンスを見習いたい」とか言われた阿部ってなんかすごいな。。

後、"マンモスの唄"は民生プロデュースなんだとか。

とにかくもうわずか4曲でおいしいところをすべて持ってったと言っても過言ではないライブを繰り広げて去って行きました。
(終わった瞬間に駆け抜けるように走り去ってったうじきのテンションにしびれた・・・)


この時点で時計は22時を回ってた。
武道館って確か音出せるのって22時までだった気が・・・

ま、そんなことは客は気にしなくてもいいけど、ちょっとヒヤヒヤ・・・
すべて宮田のMCのせい(笑)


でもやっぱり最後は今日の出演者全員でてきてのセッション!

子供バンドを中心に"サマータイムブルース"を。

ドラムが3台も並ぶ光景もさることながら、弦楽器抱えたメンバーが総勢15人で横1列に並んで弾く様はまさに壮観でした。
(てか、明らかに音の出てないメンバーいたよね?阿部とか)

ここでもうじき氏のキレキレっぷりがすごかったです。

ちなみに、この時、EBIとテッシーがさっきユニコーンのときに阿部が着てた「あなたのスピードやばくない?」Tシャツを着てて、阿部と民生は「考えるな感じろ」Tシャツを着てた。
芸が細かいね。


そんな感じで大団円。
楽しかった♪

最後に主催者・呼人の挨拶。
最初にやった新曲"ROCK'N ROLL TRAIN"はユニコーンのメンバーに、昔の曲じゃなくて、お前が新しい曲を作れって言われて作ったというエピソードも披露。


正直、今日のライブを見て、ユニコーンとジュンスカとの間に大きな隔たりを感じたのも事実。
(簡単に言うと、アップデートされたユニコーンと風化したジュンスカって感じ。ま、私がユニコーンファンなので少し贔屓目な評価もあるけど・・・)

その辺のギャップは来年以降のジュンスカの活動次第で変わっていくのかもね。

なんて、思ったイベントでした。


2011.10.25 Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン@日本武道館 Setlist

・セッション
01. ROCK'N ROLL TRAIN(新曲)

・OverTheDogs Setlist
01. イッツ・ア・スモールワールド
02. 神様になれますように
03. 本当の未来は

・JUN SKY WALKER(S) Setlist
01. 歩いていこう
02. 青春
03. スタート
04. 休みの日
05. すてきな夜空 (with 阿部義晴・奥田民生)
06. シンフォニー(新曲)
07. 全部このままで
08. MY GENERATION

ユニコーン 『Golden Circle Vol.16 ジュンスカ×ユニコーン』@日本武道館 10月25日 セットリスト

・子供ばんど Setlist
01. I'M A HUNGRY BOY(珍しい!)
02. 時は流れて(奥田先生のリクエスト)
03. マンモスの唄(お約束)
04. 踊ろじゃないか(ジュンスカカズヤ君が好きな曲)
(()内はmixi日記にドラムの山戸さんが書かれてたのを勝手に引用させていただきました)

・セッション
01. サマータイムブルース

ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン アルバム『Z』作詞・作曲クレジット&各曲レビュー
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト


【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
LET`S GO ヒバリヒルズ / ジュン スカイ ウォーカーズ (MY GENERATION 収録)
さらば愛しき危険たちよ / JUN SKY WALKER(S) (MY GENERATION 収録)
START / JUN SKY WALKER(S) (MY GENERATION 収録)
歩いていこう / JUN SKY WALKER(S) (MY GENERATION 収録)
MY GENERATION / JUN SKY WALKER(S) (MY GENERATION 収録)

SAMURAI 5 / ユニコーン (Z 収録)
頼みたいぜ / ユニコーン (Z 収録)
デジタルスープ / ユニコーン (Z 収録)
ぶたぶた / ユニコーン (デジタルスープ /
ぶたぶた 収録)

裸の太陽 / ユニコーン (裸の太陽 収録)
パープルピープル / ユニコーン (シャンブル 収録)
最後の日 / ユニコーン (シャンブル 収録)
スカイハイ / ユニコーン (シャンブル 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY
RUST OF UNICORN 収録)

ひまわり / ユニコーン (シャンブル 収録)
R&R IS NO DEAD / ユニコーン
(シャンブル 収録)

AUTUMN LEAVES / ユニコーン
(シャンブル 収録)

オッサンマーチ / ユニコーン (シャンブル 収録)
キミトデカケタ / ユニコーン (シャンブル 収録)
HELLO / ユニコーン (シャンブル 収録)
wao! / ユニコーン (シャンブル 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE
VERY RUST OF UNICORN 収録)

雪が降る町 / UNICORN (The Very
Best Of Unicorn 収録)

働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
スターな男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
すばらしい日々 / UNICORN
(SPRINGMAN 収録)

ユニコーン@広島・グリーンアリーナ 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 10月15日 感想
ユニコーン@埼玉・さいたまスーパーアリーナ 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 10月8日 感想
ユニコーン@日本武道館 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 9月6日 感想
ユニコーン@日本武道館 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 9月5日 感想
ユニコーン 『氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン』@Zepp Tokyo 感想
ユニコーン@茨城・国営ひたち海浜公園 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011』 感想
ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月21日 感想
ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月20日 感想
ユニコーン@北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月16日 感想
ユニコーン@北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月15日 感想
ユニコーン@福岡サンパレス 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月4日 感想
ユニコーン@福岡サンパレス 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月3日 感想
ユニコーン@神奈川県民ホール 大ホール 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 5月31日 感想
ユニコーン@神奈川県民ホール 大ホール 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 5月30日 感想
ユニコーン@若洲公園 「ROCKS TOKYO 2011」 感想
ユニコーン@埼玉・三郷市文化会館 「ツアー2011
ユニコーンがやって来る zzz...」 5月26日 感想

ユニコーン@幕張メッセ国際展示場
COUNTDOWN JAPAN 09/10 感想

ユニコーン@山中湖交流プラザ きらら SWEET
LOVE SHOWER 2009 感想

ユニコーン@千葉マリンスタジアム SUMMER
SONIC 2009 東京 感想

ユニコーン@国営ひたち海浜公園 8月2日 ROCK
IN JAPAN FESTIVAL 2009 感想

ユニコーン@横浜アリーナ 7月20日 ASIAN
KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009 感想

ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労
5月22日 番外編

ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労
5月20日 感想

ユニコーン@横浜アリーナ ツアー 2009
蘇る勤労 4月1日 感想


かたちごっこ / 奥田民生 (OTRL 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic
OT9 収録)

奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録)
無限の風 / 奥田民生 (無限の風 収録)
遺言 / 奥田民生 (股旅 収録)
手紙 / 奥田民生 (LIVE SONGS OF
THE YEARS 収録)

サプリメン / 奥田民生 (LION 収録)
トリッパー(one light club mix)
/ 奥田民生 (「カスタムメイド10.30」オリジナル・サウンドトラック 収録)

トリッパー / 奥田民生 (トリッパー 収録)
custom / 奥田民生 (E 収録)
ベビースター / 奥田民生 (comp 収録)
快楽ギター / 奥田民生 (comp 収録)
ギブミークッキー / 奥田民生 (comp 収録)
愛のために / 奥田民生 (29 収録)
恋のかけら / 奥田民生 (股旅 収録)
長田進 presents bar
MALPASO@品川ステラボール (guest:GRAPEVINE、奥田民生、KUMI&NAOKI (LOVE
PSYCHEDELICO)、他)

奥田民生 DOUBLEHEADER@ZEPP
LEAGUE 『TRIPLEHEADER SPECIAL!!!』@Zepp Tokyo (guest:木村カエラ、B-DASH)


スイマー / 阿部義晴 (スイマー 収録)
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(0)  
2011年10月25日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails