<< P.i.L. (Public Image Ltd)@新木場STUDIO COAST home ユニコーン 『J-WAVE LIVE 2000+11』@東京・国立代々木競技場第一体育館 8月20日 セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン 『氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン』@Zepp Tokyo 感想

氣志團のデビュー10周年を記念した対バンライブシリーズ、KISHIDAN DEBUT 10th ANNIVERSARY「極東ロックンロール・ハイスクール」にわれらがUNICORNユニコーン)が出演。

対バンのタイトルは、
氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン

前戯って・・・(笑)

イベントに対しての綾小路翔のコメントは以下。

from 綾小路 翔
不況、不況と言われる我が国の音楽シーンなど、どこ吹く風。彼らの通った後には笑顔しか残らない。バンドブームが生んだ、伝説の"GONIN"ことUNICORN。所属事務所の大先輩であり、名誉顧問として君臨する奥田民生、そして氣志團にとっての絶対師匠・阿部義晴有するこのモンスターバンドとの戦いは、前代未聞の師弟対決巌流島。果たして、ロックンロール下剋上は成るのか?注目必至のGIG!


そうそう、氣志團と言えば阿部Bプロデュースですもんね!

ちなみに私は、その氣志團がデビューした10年前に、フジテレビの深夜の音楽番組Factoryでメジャーデビュー前の氣志團を観たことがあって、その回は奥田民生リスペクトなるもので、民生をトリに、民生を尊敬するアーティストを集めてやった回でした。
そこでは、"服部"をカヴァーしてました。
あの時は、阿部Bプロデュースととはつゆ知らず、そして、10年後にユニコーンが再結成していて、こんな対バンイベントがあるなんて夢にも思わなかったなぁ。


というわけで感想。
※普段はイベントとユニコーンの感想は別記事にしてますが、今回は対バンなので一緒にしておきます。

ユニコーンのセットリストだけ知りたい方はこちら↓↓
ユニコーン 『氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン』@Zepp Tokyo 8月19日 セットリスト


開演時間前に、なんか番長みたいな感じのしゃべりのアナウンスで注意事項。
演出の都合上、非常灯は叩き壊したとか(笑)
ついでにグッズの宣伝もあった。

客電が落ち、いよいよライブ!
・・・と思いきや、2階のサイドの方にライトがあたり、小芝居(寸劇)。
氣志團ファン(KISSES)のヤンキーと田舎娘、元KISSESのゴスロリの3人が織りなすストーリー。
で、元KISSESがユニコーンに鞍替えして・・・
テッシー人形とか出てきたり、キッシーズの大半はユニコーンから流れて来てるとか。
後は、ユニコーンが復活した今では氣志團を見る必要はないとか、氣志團なんてユニコーンの5番煎じとか、結構自虐的なネタを・・・(笑)


そんなこんなで先攻のユニコーンの登場。
今日の登場SEは海援隊の"贈る言葉"。
そして、メンバーの衣装は、学ラン!!

衣装を今日のために発注したとかいう噂を事前に聞いてたので、氣志團にちなんだものだろうと思ったら、そう来たか!
ちなみにちゃんとした(?)普通の学ランなんだけど、「Uc」って書かれた校章が付いてたりして、意外と手がこんでた。


で、始まったのが"ライジングボール"。
対バンで衣装も別とはいえ、今日もライブはこのモードで行くようです。

それにしても、さすがゼップ!メンバーが近い!!
民生のソロはゼップで観たことあるけど、ユニコーンをここで観る日が来るとはなぁ。

"頼みたいぜ"〜"WAO!"と盛り上がる曲を連発して、ライブハウスならでは盛り上がりもあって、序盤で早速暑くなってきた!


てか、学ランきて演奏してるユニコーンはもっと暑いわけで、MCでも暑い暑い言ってた。
オサーンたちに無理させちゃだめですよね。。。


MCでは、木更津高校、氣志團先輩の・・・来年受験なので帰って勉強しなきゃ、って。
どうやら中学生の設定(しかも、UC中学らしい)らしい。
たぶん、民生がMCしながら適当に考えただけだと思うけど(笑)


お次はもうすぐでるミニアルバム『Z』から"レディオ体操"をRIJFに続き披露。
2回目ともなると落ち着いて聞けたけど、なかなかキャッチーな佳曲だと思った。
今後のホールツアーでもセットリストに入ってくるのかな。
曲の感じからしてライブではお決まりの動きとかついてくるのかも。

"手島いさむ物語"では中学生テッシーの見せ場が終わったところで、次は甲殻類の2人の見せ場、"さらばビッチ"。
すると、イントロでテッシーが軽くギターをしくじる。。
あわてて中断しようとするテッシー。
でも、他のメンバーがそれに気付かず演奏を続けてしまうという珍しいハプニング。

結局なんとか持ち直し、甲殻類ラップも冴えわたって、最後の民生・阿部・テッシーのギタリスト3人のポーズもばっちり!


ここで、学ランが暑い⇒氣志團の学ラン話からのテッシーいじり。
なぜか第2ボタンが外れてるテッシー。
すかさず民生にいじられてた(笑)

彼女募集中ってことらしい(笑)
(ホントは、ギターのストラップが当たるから外してたらしいけど)


とかなんとかゆるい流れからの"HELLO"。
当然のようにゆるい流れをガラッと変えてしまう名曲で、やっぱり感動。

さらにたたみかける"オレンジジュース"。
ロッキンでは数万人を圧倒してたこの曲が、この3000人足らずのライブハウスで鳴らされるってのもなかなか趣深し!


続けて、ワンマンでもライブのハイライトの1つ、"SAMURAI 5"へ。
曲の途中でのおきまりのブレイク。
阿部Bが氣志團の"One Night Carnival"の歌詞を読み上げ「Can you master,baby?ってなんだ?」とメンバーに聞いて回る。
みんな答えに困りつつもなんとか答えたんだけど、最後に民生が一言
「このレコーディングの時にお前その場にいただろ!」
って鋭い突っ込みが!

さすが民生!

で、結局その答えは氣志團に丸投げして、「あなたのスピード?」「やばくないですかー」(←いつも「やばくなーい?」だけど、今日は中学生だからね)の掛け合いで曲が再開し、大団円。

からの、"デジタルスープ"〜"大迷惑"の流れでシメ。
先攻ということもあり、デジスーの後にアンコールのワンクッションを挟まずに大迷惑に行くってのもちょっと面白かったな。
てか、セットリストはロッキンと一緒だった。

なのにライブ全体の印象がだいぶ違ってて、会場とかのシチュエーションも重要だなと思った。


貫録の後輩(中学生だから)が終わってセットチェンジ。
転換中はユニコーンの曲がずっと掛かってましたね。
なぜか"I'm A LOSER"の時だけ合唱が起きた!ホールツアーでやんないかなぁこれ。
(ちなみにこの時かかってたユニコーンミックスは氣志團の手作りらしい。愛あるね)



程なくして暗転。
再び寸劇(というかコント(笑))。
氣志團の曲では"One night carnival"しか盛り上がる曲がないとか、綾小路翔の品のないMCとか、またまた自虐的な・・・
で、さっきのヤンキーがすっかりユニコーンに染まってた(笑)
さすがに「あんな落ち目のバンド、観る価値ない」ってセリフには、ネタとはわかってても「えーー」って声が上がってましたが。。


そうこうしてるうちにチャイムが鳴り、みんなでせーので呼びかけて、後攻の氣志團へ。

呼びかけの後、Complexの"Be My Baby"のイントロが流れ出し、氣志團登場。
そういや、こんな登場のし方だったね。
なんかライブ観るの久しぶりすぎて、忘れてた。。

それにしてもほんと氣志團観るの久しぶり。
7,8年ぶりかも。
序盤で、"ゴッド・スピード・ユー!"とか聞いて、なんかすごくノスタルジーを感じてしまった。

そんな久しぶりに観る氣志團。
師匠(阿部B)と事務所の顧問(民生)との対決で気合が乗ってるのもあるかもしれないけど、なかなかカッコイイ!


そして、曲間にあるMCがこれまた面白い。
どれもすごーく長かったんだけど、全然ダレない面白さ。
ユニコーンのオサーン達のGDGDとはまた違う、綾小路だけあって綾小路きみまろすら彷彿させる(ほんとか?(笑))しゃべりのテクニックというかんつーか。

面白いだけじゃなくて、音楽愛にも満ちた情熱的な話もあって、それも熱くなりすぎるだけじゃなくて笑いを交えてしゃべってたのが印象的でした。

震災後の日本を元気づけるために師匠の阿部Bに相談して(もちろんノーギャラ(笑))無料配信した"スタンディング・ニッポン"をやって、次の"黒い太陽"ではなんと途中で「今なんてった?」って着て、「あなたのスピード?」「やばくなーい」とまさかの"SAMURAI 5"のカヴァーが始まるというサプライズ。

ちなみにこの"黒い太陽"は師匠と初めて作った曲らしい。
うわぁなんと感動的!

さらにここからの長尺のMCで、音楽ファンへの感謝、渋谷のクアトロでの師匠阿部Bとの出会いの話、そして、自分たちは神に選ばれたような才能はないけど、自分たちにとって神のようなバンドであるユニコーンと対バンできる喜びを語ってた。

このMCからの"愛羅武勇"は結構沁みたな。


で、さっきの"SAMURAI 5"に続いてのサプライズは、綾小路と光がステージからはけた後に残ったメンバーで演奏されたユニコーンの"SUGAR BOY"。
星グランマニエがギターを弾きながら歌ったんだけど、なかなか歌上手いし。
しかも、ほぼ完コピで、かなりテンションあがった(たぶん、ユニコーンはやってくれないので・・・)


その後も、衣装チェンジを終えて出てきた綾小路と光が加わり、"俺達には土曜日しかない"〜"愛してナイト"をやった後は、ついにここで氣志團で唯一盛り上がる曲(もちろん冗談ですよ!)、そう、"One night carnival"へ。

曲のサビの合唱が終わったところで、一旦ブレイク。
この曲にまつわるエピソードを。

他のメンバーが当初この曲が好きじゃなかったとか言う話とか。
でも、綾小路はこの曲に賭けてたらしい。
そして、「Can You Master Baby?」の誕生の秘密が明かされた。
結局、意味なんてないらしいのです。
当時、友達のホストでテンションだけで仕事してるやつがいて、女の子に酒を飲ませるためにこの言葉を繰り返したのをパクったらしい。。。(笑)

どこにヒットのネタがあるかわらかんもんですね!

で、この大事な曲のサビをみんなで歌ってほしいとお願いし、もし歌ってくれなかったら「EBIさんの自宅のポストに弱った鳩を入れる」と脅してた(笑)
ここでEBIをセレクトしたのがイイネ!

そして、歌詞を読みあげ、大合唱に包まれて感動的に"One night carnival"が終わり、続いて"マイウェイ"で氣志團終了。


さすがにこの対バンイベントがここで終わるはずはないと思い、期待してアンコールを待つ。

ほどなくして再び氣志團登場。
今日来てくれたお客さんに感謝を述べた後、自分たちがバンドを始めたときにはすでに存在してなかったユニコーンと今、同じステージに立ててる喜びを語って、師匠・阿部義晴を呼び込む。

そんな師匠をキーボードに据えて、氣志團 with 阿部義晴で始まったのは"スターな男"。
最後にこれ持ってきたかーっていう選曲。
盛り上がらないわけないですね!

でも、阿部Bだけかぁ、他のメンバーはもうオフモードかなぁとか思ってたら、なんと途中からみんな出てきて、氣志團の楽器をそれぞれ奪って演奏し出した!
その演奏に合わせて歌う氣志團の面々。

これは本人たちも感動だろうなぁ。

もちろん恒例のソロまわしまであったりして、ほんと盛り上がりまくった。

はぁもう大満足!

ってことで、最後のあいさつ。

・・・のはずが、「阿部さんから素敵な言葉をもらった」って言うとすかさず「何てったの?」って流れになって、みんなに促されてたまらず阿部が「あなたのスピード?」って言わされ「やばくなーい」で"SAMURAI 5"に突入。

しかも、このくだりを2回もやった!

もうこれ以上ないくらいの満腹・満足。

いやぁもう楽しかった。

ユニコーンがいいのは承知の上ですが、それに加え氣志團がほんと良かった。
胡散臭さや出オチ感はプンプンだけど、こうやって10年やってこれて、今でもこれだけのことができて、さらにこれからも向上しながら続けて行こうとする姿勢に感動すら覚えました。

そして、終始、何て素晴らしい師弟関係なんだろうって思う、素晴らしい対バンでした。

どうでもいいけど、この楽しさは実際に行かないと伝わらないと思う。
ぜひ両バンドともライブを観てほしいと思った。


以下、セットリスト。

2011.08.19 氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン@Zepp Tokyo Setlist

・ユニコーン Setlist
ユニコーン 『氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール 〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン』@Zepp Tokyo 8月19日 セットリスト

・氣志團 Setlist
01. 房総スカイラインファントム
02. ゴッド・スピード・ユー!
03. キラキラ!
04. スタンディング・ニッポン
05. 黒い太陽
06. SAMURAI5(ユニコーン cover)
07. 愛羅武勇
08. 喧嘩ボンバー
09. SUGAR BOY(ユニコーン cover)
10. 俺達には土曜日しかない
11. 愛してナイト
12. One night carnival
13. マイウェイ
---encore---
・氣志團&ユニコーン
01.スターな男
02.SAMURAI 5

ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン アルバム『Z』作詞・作曲クレジット&各曲レビュー
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト
ユニコーン 2010ライブスケジュール&セットリスト集



【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
SAMURAI 5 / ユニコーン (Z 収録)
頼みたいぜ / ユニコーン (Z 収録)
デジタルスープ / ユニコーン (Z 収録)
ぶたぶた / ユニコーン (デジタルスープ /
ぶたぶた 収録)

裸の太陽 / ユニコーン (裸の太陽 収録)
パープルピープル / ユニコーン (シャンブル 収録)
最後の日 / ユニコーン (シャンブル 収録)
スカイハイ / ユニコーン (シャンブル 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY
RUST OF UNICORN 収録)

ひまわり / ユニコーン (シャンブル 収録)
R&R IS NO DEAD / ユニコーン
(シャンブル 収録)

AUTUMN LEAVES / ユニコーン
(シャンブル 収録)

オッサンマーチ / ユニコーン (シャンブル 収録)
キミトデカケタ / ユニコーン (シャンブル 収録)
HELLO / ユニコーン (シャンブル 収録)
wao! / ユニコーン (シャンブル 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE
VERY RUST OF UNICORN 収録)

雪が降る町 / UNICORN (The Very
Best Of Unicorn 収録)

働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
スターな男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
すばらしい日々 / UNICORN
(SPRINGMAN 収録)

ユニコーン@茨城・国営ひたち海浜公園 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011』 感想
ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月21日 感想
ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月20日 感想
ユニコーン@北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月16日 感想
ユニコーン@北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月15日 感想
ユニコーン@福岡サンパレス 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月4日 感想
ユニコーン@福岡サンパレス 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 6月3日 感想
ユニコーン@神奈川県民ホール 大ホール 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 5月31日 感想
ユニコーン@神奈川県民ホール 大ホール 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 5月30日 感想
ユニコーン@若洲公園 「ROCKS TOKYO 2011」 感想
ユニコーン@埼玉・三郷市文化会館 「ツアー2011
ユニコーンがやって来る zzz...」 5月26日 感想

ユニコーン@幕張メッセ国際展示場
COUNTDOWN JAPAN 09/10 感想

ユニコーン@山中湖交流プラザ きらら SWEET
LOVE SHOWER 2009 感想

ユニコーン@千葉マリンスタジアム SUMMER
SONIC 2009 東京 感想

ユニコーン@国営ひたち海浜公園 8月2日 ROCK
IN JAPAN FESTIVAL 2009 感想

ユニコーン@横浜アリーナ 7月20日 ASIAN
KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009 感想

ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労
5月22日 番外編

ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労
5月20日 感想

ユニコーン@横浜アリーナ ツアー 2009
蘇る勤労 4月1日 感想


かたちごっこ / 奥田民生 (OTRL 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic
OT9 収録)

奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録)
無限の風 / 奥田民生 (無限の風 収録)
遺言 / 奥田民生 (股旅 収録)
手紙 / 奥田民生 (LIVE SONGS OF
THE YEARS 収録)

サプリメン / 奥田民生 (LION 収録)
トリッパー(one light club mix)
/ 奥田民生 (「カスタムメイド10.30」オリジナル・サウンドトラック 収録)

トリッパー / 奥田民生 (トリッパー 収録)
custom / 奥田民生 (E 収録)
ベビースター / 奥田民生 (comp 収録)
快楽ギター / 奥田民生 (comp 収録)
ギブミークッキー / 奥田民生 (comp 収録)
愛のために / 奥田民生 (29 収録)
恋のかけら / 奥田民生 (股旅 収録)
長田進 presents bar
MALPASO@品川ステラボール (guest:GRAPEVINE、奥田民生、KUMI&NAOKI (LOVE
PSYCHEDELICO)、他)

奥田民生 DOUBLEHEADER@ZEPP
LEAGUE 『TRIPLEHEADER SPECIAL!!!』@Zepp Tokyo (guest:木村カエラ、B-DASH)


スイマー / 阿部義晴 (スイマー 収録)
カテゴリ : ユニコーン ・ comments(0)  
2011年08月19日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails