<< ユニコーン 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」@千葉・森のホール21 7月20日 セットリスト home ユニコーン ミニアルバム『Z供戰螢蝓璽昂萃蝓 >>
  1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン@千葉・森のホール21 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」 7月20日 感想

UNICORNユニコーン)の全国ツアー、『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』の千葉の松戸、森のホール21の2DAYS初日に行ってきました。


セットリストだけ知りたい人はこちら。
ユニコーン 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」@千葉・森のホール21 7月20日 セットリスト

その他の公演のセットリストおよび、感想は以下。
ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想


札幌まで遠征して以来のユニコーンです。
1ヶ月ちょいぶりです。


というわけで、その1ヶ月の間にどんな変化があったかも楽しみに行ってきた。


会場となった森のホール21は比較的縦長な会場でした。
横幅は狭め。

私は1階の31列37番で、後ろから2列目のステージに向かって右端の席でした。


いつもは開演時間より5分遅れくらいで始まるんですが、今日は10分ちょっと遅れてスタート。

このオープニング映像も久しぶり!
やっぱりテッシーのとこで笑っちゃいますね。


メンバー登場。今日は海賊ルック。
1曲目はもちろん"ライジングボール"。
今さらながらこれを1曲目に持ってくるのはなかなかのチャレンジだと思う。
そして、今日もこの曲で一気にユニコーンの世界に入る。
ステージの後方からのライトに照らされて、時たま会場の壁に演奏するメンバーの影が映ったりするのがやけにカッコいい。


次々と変わる照明がカッコいい"頼みたいぜ"が続き、3曲目は"ハヴァナイスデー"。
今日は「森のホールで遊んだもんだった」だった。
まさか会場名で来るとは!

で、曲の後半の「さて今夜はどこに繰り出そう?」のとこで阿部Bが「高校時代に・・・」(←ちゃんとよく聞き取れなかった。。)って言って、民生が歌の途中で「え?まじで?」って聞き返す場面も。

曲が終わりMC。
民生の「今日はお日柄もよく・・・カラッとしてますけどね。青空の下・・・」とか天気が悪い日にかならず民生がやるMCを。(今日は台風が来てました)

後、「今日明日と僕たちはここにテントを張ってるんですけど・・・EBIはアソコにテントを・・・」っておもっきり下ネタを(笑)
オッサン・・・


そして、さっきの阿部Bの話に。
高校時代に南柏に住んでたらしい。

民生が「それならMCで『ただいま』って言えるね。最近は韓国のアーティストでさえも『ただいま』って言うからね」とか言ってた。
さらに「なんで千葉を捨てたの?」ってひどいことを(笑)
寮に住んでたから、卒業とともに出ただけっぽいけどね。


次は"手島いさむ物語"。
宙を舞うテッシー。
初日の三郷から観てると、もはやフライングっぷりも貫録がでてきたね。
この曲のでの川西さんのドラミングもやばすぎ!


松戸にゆかりのある阿部ヴォーカルの"WAO!"では、途中で「ただいま!」って言いました。

この"WAO!"のときに、歌いながら阿部Bがかぶっていた帽子を客席に投げたんですが、曲終わりでこれをキャッチしたお客さんに帽子を返してもらう代わりに、メンバー全員からピック(川西さんはドラムスティック)をプレゼントする場面も。(この演出は最近始まったみたいです)

で、その拾ったお客さんがまた変わってて、返すふりして返さなかったりとリアクションをイッパイ取ってて、それを見た民生が「あいつ素人じゃないな」って言ってた(笑)
それを受けた阿部が「プロは仕込みを使うんだ」と返してたのがまたウケた。


そんなこんなで無事帽子も戻って、次は"Maybe Blue"。
さすがに関東だとすでに他会場で観た人も多いのか、以前よりは歓声は減ってたかな。
てか、民生が思いっきり歌詞飛んでたし・・・

続く"シンデレラ・アカデミー"でも歌詞飛んでた・・・
カンペを見なくなったと思ったら・・・、てか、ステージの2階部分に上がったとこにある手すりに貼ってあるであろうカンペを見ながら歌詞間違えてた気がする・・・(笑)


で、そんな間違いは意に介さず、ドSの民生がEBIに無茶ぶり。
「それでは小学校時代を松戸で過ごしたEBIさん・・・」って。

でもそれにEBIが乗っかって話出したときに、阿部が遮って一言
「さっきMCしててわかったけど、(お客さんに)この辺の人いないわ」
って。

実際に、「松戸の人はどのくらいいるの?」って手を上げさせると会場の後ろの席のほうにチラホラいるくらいでした。。。
(初日の三郷の時もそんな感じだったな・・・)
それを見て民生が「チケットの仕組みがおかしい、住民票必要にしよう!」みたいなことを言ってました。


そんなやり取りがありつつも、EBIが松戸話に戻して、帽子の中から「ピーナッツ最中」を取り出した(笑)
でた、帽子の中から出てくるシリーズ!!
ま、松戸の名産みたいだけど、前述のとおり地元の人は少なく、リアクションが薄く・・・

結局、それはテッシーの元に行きました。。


一ネタ終わって次は"AGONY"。
普段は川西さんの激し目のドラミングから入るんですが、今日はジャズっぽいドラムに阿部がキーボードを合わせてかなりメロウな感じになってて、「おぉっ」って思った。
MCとのギャップがイイネ!

民生のスタンディングドラムがカッコイイ"いかんともしがたい男"を挟んで、次の"ニッポンへ行くの巻"の宙吊りテッシーのグッズ紹介コーナーは、今日はマーメイド姿。
今日はかなり生きが良くてクネクネバタバタしててウケた!
しかも、尾ひれで民生の頭のほうをいたずらしてた(笑)


曲終わりに民生に「さっきの最中上で食べればよかったのに」って言われたテッシーがその場で開けて食べた。
テッシーいわく「歯にくっつく・・・。でも俺は好き」らしい。
それに対してドSな民生は「イマイチとは言えないわな」って・・・さすがです。。


相変わらずネタが盛りだくさんの中、ちょっと箸休め的な位置に置かれてる"ウルトラヘブン スーパーマイルド"に続き(この曲好きなんだけどなぁ)、"パパは金持ち"〜"君達は天使"の流れへ。

パパ金のソロ回しではEBIが途中で「1,2,3,4ーーー」って言って、民生に「何が1,2,3,4じゃ」って言われてた。。
そんな民生のドラムソロは例の当てぶりがなくなってて、後はシンバルを1つはずして後ろに投げたりしてた(笑)

今日の君天の「江戸っ子」のところは「松戸、松戸」「マツドナルドー」。
ダジャレ・・・
もはや「●●っ子」ですらなくなってる(笑)
ちなみにこれは民生案らしい。。オサーン・・・


次はEBIの「甲殻系ラップユニット、シュリンプ・クラブ代表、川西幸一」という呼び込みで前に出てきたカニさん。
で、出てくるなり「難破船に乗ってまいりました、ジョン万次郎です」と。
わけわからん(笑)

そんなカニさんはテッシーをイジリはじめ、「テッシーからセクシーになって、テクシーになりました」
って言ったら、民生がかぶせて「タクシーでいいじゃん」とか言いだした。

テッシー・・・

で、「カモン、タクシー」という掛け声からテッシーがイントロを弾く"ブルース"へ。
もはやラップヴァージョンも聞きなれたなぁ。

続く"さらばビッチ"はツアーの前半では、甲殻類の2人がバタバタしすぎて笑いすら起きてたのに、今や堂に入ったステージングを見せてた。


さらにたたみかけるように"Hello"。
前は確か、この曲の前にMCコーナー(というか川西さんの休憩コーナー?)があったんだけど、休みなく曲に行くようになりましたね。
この曲は比較的シリアスな名曲なので、そっちの方がいいかも。


"Hello"終わりで、阿部のピアノソロ。
「あれ、"R&R IS NO DEAD"復活?」って思ったけど、そこから"オレンジジュース"に突入。
まぁR&Rがなくなったのは残念だけど(ツアー初期のセットリストに入ってたんです)、今考えるとHello〜R&R〜オレンジの流れはちょっとトゥー・マッチな気もしなくもない。


で、この曲の後だったか、「たみおー」とか「あべびー」とかいう歓声があるとこで、ちょっとためらい気味に「ゆにこ〜ん」って叫んでる人がいてウケた。

後、また千葉話に。
テッシーがなぜかこの辺に詳しいって話とか。

そっから"Z LIFE"へ。
民生のキーボードも板についてる。
ヴォーカルにギターにドラムにキーボード、ほんとに器用だよなぁ。
勤労ツアーのときは"AUTUMN LEAVES"でベースも弾いてたし。


そしてもう終盤、"車も電話もないけれど"と"デジタルスープ"。
デジタルスープはほんとライブで聴けば聴くほど好きになるスルメ曲だ。

というわけで、約2時間で本編終わり(あっという間!)


アンコール。
フライング・テッシーの弾き語りコーナー。
「ホールツアーも後数本になりましたが」って言葉にちょっと寂しくなった。

今日は"オールウェイズ"。
テッシーの言葉に甘えて席に座って聞きました。


テッシーの呼び込みでメンバー再登場。
今日の紹介は以下。
川西幸一「大学の先輩なんですよ。ずっと川西さん川西さんって呼んでたのに、一時期西川君に・・・」
EBI「大学の後輩なんですよ。見た目でこんなに人は・・・今日もさわやかですね」
奥田民生「声の大きい人」
(ここで民生がテッシーに「何言ってるかわからない。はっきりしゃべって。タクシー」って言ってた)

で、最後は阿部義晴。
今日は天狗のお面で登場。

そして民生に恵比須さまのお面を渡してかぶらせ「良い者?悪い者?」って聞いてその後に「あなたはどんどん悪くなる」って言いながら民生に鬼の面に被らせなおしてた。
で、桃太郎侍のセリフを言わせてた。


そこからもちろん"SAMURAI 5"へ。
曲間の阿部ショーでは、「俺が彼女と竹下通りを歩いてた時(最初間違えて竹下公園って言ってた)、何を見たんだ?」ってテッシーに質問。
以下、そのやり取り。
テッシー:「菊池桃子のポスター」(←昔、阿部Bは菊池桃子のバンドに入りそうになったことがあるらしい)
阿部:「そのポスターはかなり大きなやつだ。それをみた俺はどうしたんだ?」
EBI:「記念撮影をした」(←なぜかダンディー坂野のゲッツみたいなポーズをするEBI)
阿部:「そうだ記念撮影をしたんだ。それを見た俺の彼女は『私と菊池桃子とどっちが好きなの?』って聞いたんだ。俺はなんて答えた?」
川西:「(ブツブツ迷いながら)君だ!」
阿部:「そしてその後俺達はどうなったんだ?」
民生:「そいや!そいや!」

そして、阿部が「そうだ祭りだ!これは2年ぶりの祭りなんだ。次は2年後かもしれないし、16年後かもしれない」って。
毎年とは言わないから、2,3年に一度ツアーしてほしい・・・


さらに阿部ショーは続き、ピックを取り出し、「これはなんだ?」というと、客席からは「コメッコー」って声が飛び交う。
どっか他の会場ではピックと見せかけてコメッコで、それを阿部が食べるというのをやってたらしい。
みんなライブ来る前にネットとかで他公演の様子も調べてるのね。

それにもめげず、阿部は「そうだコメッコだ。コメッコ、コメッコ、・・・」ってだんだん言葉を濁しながら(たぶん下ネタ・・・)って言って、それをテレポーテーションさせる芸を。
って、まぁ事前に客席のイスの裏側に仕込んでおくというものですが・・・

今日は20何列目かの席で、そのお客さんもなかなか見つけられず「ないよー」とか言ってたら阿部に「間抜けだなぁー」って言われてた。。。
で、結局見つかってた。
うらやましー。

そして、「あなたのスピード?」「やばくなーい」のコールアンドレスポンスで曲再開。
もうすっかり侍の途中って忘れてたよ・・・(笑)


大盛り上がりの"SAMURAI 5"が終わって(阿部が「松戸〜!俺の青春!ありがとー」って叫んでた)、いったん下がって、2回目のアンコール。


出てくるなり民生が「雨はどうなってるんですかねぇ。そろそろ帰りのこと考えないといけないですよ」とか言って、「次の曲やるんで、帰りながら聞いてください」って(笑)

で、「また来た時は・・・あ、明日もあるんだ。明日はがらりと変わって・・・、一緒です」って。。
結局今ツアーはほとんどセットリスト変更なしか・・・


そんな感じでGDGDと最後のMCを終え"裸の太陽"でシメ。

あ、今日は阿部がキーボードのところじゃなくて、前にマイクスタンドをおいて、フロントに4人並んで演奏。
民生が「フォーリーブスみたいだ・・・」とか言ってたけど、なかなかレアな感じでよかった。


ネットで誰かが、オープニングの"ライジングボール"が朝日で"裸の太陽"が夕焼けって感じがする、って言ってたんだけど、確かに、曲の雰囲気と照明の感じが夕焼けっぽいなぁって思った。


というわけで、今日も楽しい時間は終わり。

"ぶたぶた"に乗って最後の挨拶代りの行進をしながら戯れる5人のオサーン達。
ステージに設置してある大砲の煙をぶつけたりしてて、子供か!って突っ込みたくなるような・・・


いやぁ今日も楽しかった。

てか、ネタがいっぱいありすぎて毎回、レポート&感想が長くなりすぎて困ります(笑)

次は、また明日の松戸2日目だ!

■過去のセトリ集
ユニコーン 『ツアー2014“イーガジャケジョロ”』日程&セットリスト&感想まとめ
ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン アルバム『Z』作詞・作曲クレジット&各曲レビュー
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト



【サイト内関連記事】
雪が降る町 / ユニコーン (The Very Best Of Unicorn 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
wao! / ユニコーン (シャンブル 収録)
HELLO / ユニコーン (シャンブル 収録)
キミトデカケタ / ユニコーン (シャンブル 収録)
オッサンマーチ / ユニコーン (シャンブル 収録)
AUTUMN LEAVES / ユニコーン (シャンブル 収録)
R&R IS NO DEAD / ユニコーン (シャンブル 収録)
ひまわり / ユニコーン (シャンブル 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
スカイハイ / ユニコーン (シャンブル 収録)
最後の日 / ユニコーン (シャンブル 収録)
パープルピープル / ユニコーン (シャンブル 収録)
裸の太陽 / ユニコーン (裸の太陽 収録)
ぶたぶた / ユニコーン (デジタルスープ / ぶたぶた 収録)
デジタルスープ / ユニコーン (Z 収録)
頼みたいぜ / ユニコーン (Z 収録)
SAMURAI 5 / ユニコーン (Z 収録)
Feel So Moon / ユニコーン (Feel So Moon 収録)
ゴジュから男/新甘えん坊将軍 / ユニコーン (手島いさむ50祭 ワシモ半世紀 収録) #ucjp
あなたが太陽 / ユニコーン (イーガジャケジョロ 収録)
はいYES! / ユニコーン (残念な夫。 サウンドトラック 収録)

SPEED OF LOVE / EBI (Film 収録)
スイマー / 阿部義晴 (スイマー 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : ユニコーン ・ comments(0)  
2011年07月20日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails