<< ドッコイ生キテル街ノ中 / eastern youth (心ノ底ニ灯火トモセ 収録) home ユニコーン 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」@静岡市民文化会館・大ホール 7月16日 セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. eastern youth@Shibuya O-EAST 『極東最前線/巡業2011〜アノ窓、コノ窓、灯火トモセ。〜』

今日はeastern youthイースタン・ユース)の『極東最前線/巡業2011〜アノ窓、コノ窓、灯火トモセ。〜』のファイナル、渋谷はO-EAST公演に行ってきました。


イースタンのライブは何度か見てるけど、良く考えるとワンマンは初めてかも。

定刻よりちょっとだけ過ぎたところに3人が登場。
ステージ上には中指を立てた指の置物と、ヒマワリが1輪。

シンプルなステージに、シンプルな照明、そしてシンプルな3人。

吉野がしゃべりだす。
何気に私は吉野の話す時の声のトーンが好きです。
結構いい声してるんだよなぁ。

「暑いですねぇ」という話から、「ツアーで全国回ってきて(東京に)戻ってきた」的な話をして、始まった1曲目は"ドッコイ生キテル街ノ中"。
最新作である『心ノ底ニ灯火ヲトモセ』の1曲目を飾る曲ですね。

吉野の絶唱とも言えるボイスを聞いてると1曲目からアガるアガる!


続いて、アルバムから"靴紐直して走る"と"這いつくばったり空を飛んだり"を。
アルバムの曲順とは2曲目と3曲目でテレコですね。

「全国回って東京に戻ってきても、街を歩いて目に映るもののほとんどは俺と関係のないものばっかり」というようなMCもありました。


ここで最新作から離れて"沸点36℃"と"荒野に針路を取れ"。
盛り上がりも一入。

"沸点36℃"とか思わず一緒に歌ってしまった。


続く"東京west"は新作の中でも特に疾走感があって好きな曲。
"進んでいるように見える景色は 戻っているようにも見える景色さ"ってフレーズがなんかイイ。


"踵鳴る"を挟んで、再び"雑踏"〜"午前0時"〜"尻を端折ってひと踊り"と最新作モードに。

"尻を端折ってひと踊り"ではなんとミラーボールが回転。
吉野がMCで言った時には冗談かと思ったけど、ほんとに回りました!


MCで「昔の曲をやれ、っていうような顔してるけど、やらねぇよ」とか言っておきながら、ここから過去の代表曲のオンパレード。

まずは、『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』から"男子畢生危機一髪"と"青すぎる空"。
イースタンのCDで初めて買ったのがこのアルバムだから思い入れも一入。

昨年、ドラマ『モテキ』の最終話のタイトルが「男子畢生危機一髪」だったのも記憶に新しいね。

"青すぎる空"の叙情性あふれる歌詞とメロディは何度聞いても泣きそうになる。


そして、今日のMCのハイライト。
先の大震災後の原発に対してのコメント(原発とははっきり言わなかったけど)。
「人それぞれいろんな考えがあるから、押し付けるつもりはない」と前置きした後に「俺たち間違ってた。やっぱり使わない方が良かったんだよ」と。

で、「それがたとえどんな雨であっても、俺達は断然濡れて帰るねっ!」と言って始まった"雨曝しなら濡れるがいいさ"へ突入。

声高に「原発反対!」と叫んだわけじゃないけど、なんか強い意志を感じた。


そして本編最後は"素晴らしい世界"。
「相変わらずクソったれだけど、素晴らしい世界」的なことを始まる前に言ってたのがグッときた。


演奏が終わり、すべてを出し切ったかのようにフラフラしながら去ってく吉野。
他の2人は結構クールに去ってった。


で、しばらくしてアンコール。

吉野に促されてベースの二宮がしゃべりだす。

で、その内容が「パンチラを見た」って話と「タンクトップから乳首が見えた・・・男の・・」という話(笑)
何の話をしてんだか・・・
(ちなみに田森のMCはなかったです。)

そんな脱力なMCから"夜明けの歌"〜"一切合切太陽みたいに輝く"と2曲。

いい曲だなぁと思いつつも、ついつい"一切合切太陽みたいに輝く"で、ライトに照らされる吉野と二宮の頭を見てしまった。。。(すみません。)


アンコールが終わり3人が去っていく。

客電がついて少し明るくなって、BGMみたいのも流れ出したけど、それでも止まらないアンコールの拍手。

それに応えてダブルアンコール。


事前に他会場のセットリストを見たりして、ダブルアンコールなのは知ってたけど、予定調和ではなく、求められたから出てくるっていう本来のアンコールの形になっててカッコイイ。


そして、口笛から始まったのは"夏の日の午後"。

このうだる様な暑さの夏の夜の最後に鳴らされるには最適な曲ですね。


もちろん今日1番の盛り上がりを見せて終了。


楽しかった。


時にグダグダだったりするけど吉野の言葉に今日も感銘(ちょっと違う気もする・・・)を受けて帰路につきました。


次観るのはフジロックかな。


以下、セットリスト。

2011.07.15 eastern youth@Shibuya O-EAST Setlist

01. ドッコイ生キテル街ノ中
02. 靴紐直して走る
03. 這いつくばったり空を飛んだり
04. 沸点36℃
05. 荒野に針路を取れ
06. 東京west
07. 踵鳴る
08. 雑踏
09. 午前0時
10. 尻を端折ってひと踊り
11. 男子畢生危機一髪
12. 青すぎる空
13. 雨曝しなら濡れるがいいさ
14. 素晴らしい世界
---encore1---
15. 夜明けの歌
16. 一切合切太陽みたいに輝く
---encore2---
17. 夏の日の午後


・eastern youthの『心ノ底ニ灯火トモセ』を試聴&ダウンロード⇒心ノ底ニ灯火トモセ - eastern youth


【サイト内関連記事】
ドッコイ生キテル街ノ中 / eastern youth (心ノ底ニ灯火トモセ 収録)
雨曝しなら濡れるがいいさ / eastern youth (雲射抜ケ声 収録)
沸点36℃ / eastern youth (地球の裏から風が吹く 収録)
極東最前線〜ジャンプ・スウィング・花に嵐〜@渋谷CLUB QUATTRO (eastern youth、the band apart)
極東最前線〜ファイトバック現代〜@渋谷CLUB QUATTRO (eastern youth、SPARTA LOCALS)
【同じカテゴリの最新記事】
・eastern youth - ドッコイ生キテル街ノ中


『極東最前線/巡業2011〜アノ窓、コノ窓、灯火トモセ。〜』
2011年5月29日(日) 千葉 LOOK
6月4日(土) さいたま新都心HEAVEN'S ROCK
6月5日(日) 横浜 F.A.D
6月10日(金) 仙台 CLUB JUNK BOX
6月12日(日) 弘前 Mag-Net
6月14日(火) 札幌 cube garden
6月17日(金) 新潟 GOLDEN PIGSBLACK
6月18日(土) 金沢 vanvanV4
6月19日(日) 京都・磔磔
7月1日(金) 広島 ナミキジャンクション
7月3日(日) 福岡 DRUM Be-1
7月5日(火) 岡山 ペパーランド
7月8日(金) 心斎橋 クラブクアトロ
7月10日(日) 名古屋 クラブクアトロ
7月15日(金) 渋谷 O-EAST
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(0)  
2011年07月15日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails