<< サマソニ2011、出演アーティスト第18弾発表! home ユニコーン 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」@長野・ホクト文化ホール・大ホール 6月29日 セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. Dance / Techno / House
  3. Blood In My Eyes / Atari Teenage Riot (Is This Hyperreal? 収録)

 Atari Teenage Riotアタリ・ティーンエイジ・ライオット)復活。2010年にライブ活動を再開したATRが1999年の『60 Seconds Wipe Out』以来12年ぶりとなる新作『Is This Hyperreal?』を発表しました。もちろんリリースはDigital Hardcore Recordings(DHR)です。

 メンバーは、以下。
Alec Empire(アレック・エンパイア) - プログラミング、シャウト
Nic Endo(ニック・エンドウ) - ノイズ・コントロール、ボーカル
CX KiDTRONiK(CX・キッドトロニック) - MC
 
 Carl Crack(カール・クラック)は死んじゃったし、同じく結成メンバーのHanin Elias(ハニン・エライアス)もいないけれど、ニック・エンドウと新メンバーCX・キッドトロニックをひきつれて皇帝アレック・エンパイアが帰ってきました。

 "Blood In My Eyes"はアルバムからの2ndシングル。ニック・エンドウをフィーチャーした曲で、昨年のうちに公開されていた1stトラックの"Activate!"のようなのっけからハードコアなシャウトが聞ける曲とは違ってちょっと抑え気味なヴォーカルが逆にカッコよくて好き。ちなみにこの曲のテーマは「人身売買」。

 ATRといえば過激なデジタルハードコアサウンドもそうだけど、やはりメッセージ性の強い楽曲が特徴。今作でもデジタルの衰退、ウィキリークス、政治的混乱、自由至上主義など様々なものがテーマとして歌われているけど、アルバムタイトル『Is This Hyperreal?』にすべてが集約されてる気がする。インターネット等で得られる情報が本当に起こっている現実なのか、本当に真実なのか?ということに疑問を持たないといけない、というような趣旨のことをアレックが言ってて、さすが!って思った。

 そんなATRは、Fuji Rock Festival '11への出演が決定しています。SUMMER SONIC 2010のステージを私は観ましたが、新メンバーのキッドトロニックも大活躍で、もちろんアレックとニックがかっこよすぎて、深夜なのにテンションあがりまくって大変だったのを覚えてるので、フジロックでのステージも楽しみで仕方ない。1年経ってさらにパワーアップしてるのは間違いないでしょう!必見!!

・Atari Teenage Riotの『Is This Hyperreal?』を試聴&ダウンロード⇒Is This Hyperreal? - Atari Teenage Riot

【同じカテゴリの最新記事】
・Atari Teenage Riot - Blood in my Eyes


・Atari Teenage Riot - Blood In My Eyes (Live)


・Atari Teenage Riot - "Activate" (Live - 2010) Digital Hardcore
カテゴリ : Dance / Techno / House ・ comments(0)  
2011年06月29日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails