<< ユニコーン 「ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...」@広島・ふくやま芸術文化ホール・リーデンローズ 6月9日 セットリスト home BEAST MASTER / TADZIO (TADZIO 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. MIDOFES 2011 EAST@SHIBUYA-AX (ミドリカワ書房、ミ・ドリフターズ、谷村伸一、Mid Children、浜田伸吾、YO-SING、伸として梅雨)

今日はミドリカワ書房が主催する夏フェスならぬ梅雨フェス、『MIDOFES 2011 EAST』に行ってきた。

出演者は以下。
()内は元ネタ
伸として梅雨 (凛として時雨)
浜田伸吾 (浜田省吾)
YO-SING(緑心ブラザーズ) (YO-KING(真心ブラザーズ))
Mid Children (Mr.Children)
谷村伸一 (谷村新司)
ミ・ドリフターズ (ザ・ドリフターズ)
・ミドリカワ書房

フェスのコンセプト及び出演者のアーティスト写真はオフィシャルを参照のこと。

ま、どっかで聞いたことある名前ばっかりですが、ネタばらしは各アーティストの後ろの()に書いておきます。


会場に入るときに、野外フェスでおなじみのリストバンドとかもらえてなかなか凝ってた。


まずはミドフェスの開会を宣言する前説としてでてきたのは、アメトーークの「滑舌悪い芸人」でお馴染みの元・ハムの諸見里大介
相変わらず「サ・シ・ス・セ・ソ」が「シャ・シィ・シュ・シェ・ショ」になるしゃべりで盛り上げ、最後は「アカシャカシャカシュ(赤坂サカス)」でミドフェス開幕。


トップバッターは、伸として梅雨。
出てきた瞬間笑った。
なんつっても、3人と思いきや、1人黒子がいてギター弾いてるし・・・
しかも、曲が始まった瞬間、黒子の弾くギターのフレーズがおもっきり時雨っててウケた!
ギターソロでは黒子なのにミドシンより前に出てきたりして超ウケた!!

ちなみに何気にツボだったのが、ドラムの時雨っぷりでした。
いやぁ一発目からやられた。


トップバッターは2曲で終了。(これから後もすべて2曲ずつでした)

セットチェンジの間にアナウンスでグッズのタオルを「2枚と言わず3枚買ってください」って普通に言ってた(笑)


そうこうしてるうちに2番手、浜田伸吾
もうここで出るか、ハマシン!
袖を破ったジージャンにバンダナってのが時代を感じさせるね。
てか、これをやりたくてこのフェスやってんじゃないか・・・(笑)
で、普通にハマショーをそのまんま歌ってしまうという(笑)

SAXが普通にカッコ良かった!


3番手は、緑心ブラザーズからYO-SINGの登場。
Tシャツに皮ジャンを着たシンプルながらカッコイイいでたち。
こちらもホーン隊がすごく効いててかっこいい。
"自信があるんです"の後半で「拝啓ジョン・レノン」って連呼してた(笑)


こっからはセット転換の間は茂木淳一によるDJ。
DJつってもクラブDJではなく、ラジオのディスク・ジョッキーの方ね。
これがまた楽しい。


そうこうしてるうちに4番手、Mid Childrenの登場。
ミドチルのミドライの衣装・・・似たようなの桜井も着てたけど、なんか違う(笑)
てか、1曲目はおもっきり"シーソーゲーム"で2曲目は"Tomorrow Never Knows"!
まんまのフレーズもあったし(笑)
曲のアレンジ的に、もっとも違和感なく曲が溶けこんでた気がする。


次のセットチェンジ中は茂木淳一が会場をうろうろして客イジリ。


5組目は、谷村伸一
谷村新司っつうより高橋幸宏っぽい。。
いやぁそれにしてもあの名曲が・・・
さくらーふぶーきーのーー♪
会場全体が一体となったな。


次の茂木淳一のDJタイムでは、バンドメンバーや関係者からの緑川伸一のタレコミ情報が・・・
ま、どれも暴露ってほどではなかったな・・・


で、次はミ・ドリフターズ。
バンドメンバーが客席後方からステージまで走って登場し、ミドリヤチョースケの「7時半だヨ!全員集合!」という掛け声で演奏開始!
ドリフの大爆笑のテーマの合間合間にミドリカワ書房の曲を挟むという展開。
いや、これ上手いわ。
最後はドリフの転換の時の音楽に乗ってさってったのも面白かったな。
とにかく徹底してオマージュを捧げてるのが楽しい!


と、ここで最後のDJタイム。
今日のライブの間、ラジオへのリクエストのようにメールで投稿を受け付けていて、それをいくつか読み上げてたんだけど、なんと私の投稿が読まれた!
「谷村伸一の2曲目は歴史に残る名曲だと思います。なんて曲名ですか?」ってのが読まれました♪
もうちょっと時間があればひねりたかったんだけど、ま、結果オーライです。


そんなこんなでついにトリ。

もちろんミドリカワ書房。
(登場SEや退場SEがすべてハマショー。何故か武藤敬司のモノマネつき(笑))

なんか普通に見えちゃうね(笑)
まぁアレンジ的には一番聴きやすい。

来月発売の新作『愛にのぼせろ』からのリード曲"君は僕のものだった"なんかもやりました。
メジャー復帰作ってことでなかなか気合入ってるな。
売れるといいな。
あ、でもミドフェスのチケットがますます取れにくくなるのはやだな・・・

ハマシンの時にやるかなぁと期待してたのにやらなかった"I am a mother"もここで聞けて良かった!


トリなのでもちろんアンコールも。
メンバー紹介や、諸見里や茂木淳一との絡みもグダグダだったけど、面白かった。
てか、緑川の「〜だわ」ってしゃべりが「つって」より気になって仕方なかったよ(笑)

GOING UNDERGROUNDとのコラボ曲をやって、最後は"笑って俺について来い"で終了。


ほんと、フェスが始まって、最初から最後までずっとニヤニヤさせられるフェスでした!!

大阪で行われるMIDOFES 2011 WESTも見たいなぁ。

大阪限定で、あの緑原敬之が出るらしいよ。

関西方面の方はぜひ!!


以下、セットリスト。


2011.06.11 MIDOFES 2011 EAST@SHIBUYA-AX Setlist

・伸として梅雨
01. 恋に生きる人
02. 続それぞれに人生がある

(BGM:LIVING ON A PRAYER / BON JOVI )

・浜田伸吾
01. MONEY
02.

(BGM:I Was Born To Love You / Queen)

・YO-SING(緑心ブラザーズ)
01. 自信があるんです
02. 私の恋愛

(茂木淳一のウィークエンドは生乾き)

・Mid Children
01. 雄と雌の日々(シーソーゲーム)
02. 私には星が見える(Tomorrow Never Knows)

(茂木淳一DJ)

・谷村伸一
01. 保健室の先生(いい日旅立ち)
02. 春よ来るな(サライ)

(茂木淳一DJ)

・ミ・ドリフターズ
01. 泊まっていけよ〜真っ赤な太陽〜チューをしよう(ドリフ大爆笑のテーマ)

(茂木淳一DJ)


・ミドリカワ書房
01. ミドシンを聴きながら
02. だまって俺がついて行く
03. リンゴガール
04. 君は僕のものだった(新曲)
05. 顔2005
06. I am a mother
07. さらばグッバイ
---encore---
08. また明日(GOING UNDERGROUNDとのコラボ曲)
09. 笑って俺について来い



【同じカテゴリの最新記事】
・【MIDO FES 2010】 浜田伸吾


・ミドリカワ書房 - 顔2005
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(0)  
2011年06月11日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails