<< サマソニ2011、出演アーティスト第6弾発表 #summersonic home なぜか今日は / The Birthday (I'M JUST A DOG 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 非情なる夜明け / キノコホテル (マリアンヌの恍惚 収録)

 マリアンヌ東雲率いるキノコホテルが『マリアンヌの恍惚』をリリース。

 まずはバンド紹介。メンバーは以下。正確に言うと従業員。キノコホテルの経営者と

・キノコホテル
経営者・創業者
マリアンヌ東雲(まりあんぬしののめ、歌と電気オルガン【ボーカル、キーボード】担当)

従業員
イザベル=ケメ鴨川(いざべるけめかもがわ、電気ギター担当、2008年秋採用)
エマニュエル小湊(えまにゅえるこみなと、電気ベース担当、2008年4月採用)
ファビエンヌ猪苗代(ふぁびえんぬいなわしろ、ドラムス担当、2008年12月採用)

 過去に在籍したメンバーは、ベアトリーチェ桃山・本郷ケメ子・シャルロット御前崎・エミーリー追浜・ジェニファー松井・アンジェラ勅使河原と、名前を挙げていくだけでもなかなかふざけた(笑)バンドです。バンドのコンセプトは「ポップで過激で中毒性の高い大衆音楽」。ライブではなく「実演会」と言ったりと、なかなかキャラ設定が細かいです。おそろいのミニスカートのミリタリールックもいいですね。

 過去にとんねるずがやってた矢島美容室の「はまぐりボンバー」という曲のPVに参加し「ミュージックステーション」にもバックバンドとして出演しています。

 "非情なる夜明け"は『マリアンヌの恍惚』からのリード曲としてPVも作られています。ファズギターとオルガン(エレピ?)の音がカッコイイです。マリアンヌの声がまたサウンドにあってて、若々しくない(ごめん)ところがまた味があっていいんです。本人たちはそればかり言われて嫌かもしれないけど、60年代のグループサウンズ(GS)を彷彿とさせられますね。

 アルバムではちょうど真ん中と最後(レコードでいうところのA面とB面の最後って感じでしょうか)の2曲に"風景"と"マリアンヌの恍惚"という長尺なナンバーを持ってきてて、その2曲ともバンドの新境地を感じさせるという作りになってて面白いです。

 ライブ、あ、実演会も見たい。そして衣装も!

・キノコホテルの『マリアンヌの恍惚』を試聴&ダウンロード⇒マリアンヌの恍惚 - キノコホテル

【同じカテゴリの最新記事】
・キノコホテル「非情なる夜明け」(4/6発売AL「マリアンヌの恍惚」より)


・矢島美容室 / はまぐりボンバー
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2011年04月15日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails