<< Ordinary Days / toe home SONICMANIA復活! >>
  1. K's今日の1曲
  2. British Rock
  3. You'll Never Walk Alone / Gerry & the Pacemakers (How Do You Like It? 収録)

 Gerry Marsden(ジェリー・マーズデン)率いるGerry & the Pacemakersジェリー&ザ・ペイスメイカーズ)が1963年にリリースした代表曲"You'll Never Walk Alone"。彼らにとっての3枚目のシングルで、デビュー曲"How Do You Do It?"、2nd"I Like It"に続いて3枚連続全英チャートNo.1を記録しています。

・Gerry & The Pacemakers - You'll Never Walk Alone [Official Video]


 この曲はもともと彼らのオリジナルではなく、オリジナルは、リチャード・ロジャーズオスカー・ハマースタイン2世によって1945年のミュージカル、回転木馬Carousel)のために制作された楽曲。その後もシナトラやらプレスリー、日本だとスカパラなんかもカヴァーと錚々たるアーティストがレコーディングしています。

主なものは以下。()はリリース年
・Frank Sinatra (1945) (1963)
・Mario Lanza (1952 and 1956)
・Roy Hamilton (1954)
・Doris Day (1962)
・Ray Charles (1963)
・Patti Labelle & The Blue Belles (1964)
・Elvis Presley (1968)

 その中でも最も有名なのがこのジェリー&ザ・ペイスメイカーズのヴァージョンと言えるでしょう。イギリスはリバプール出身の彼らは、同郷のビートルズに次ぐ存在として活躍。ブライアン・エプスタインをマネージャーに、ジョージ・マーティンのプロデュースというところまで一緒で、ひょっとしたら"How Do You Do It?"はビートルズのデビュー曲になってたかもしれない(ビートルズが断ったらしい。。。)とのこと。日本でマージービートと呼ばれたバンドの中でも抜きんでた人気を誇っていました。

 まぁ正直今では、ビートルズとの扱いは雲泥の差があるものの、彼らのおかげでこの曲が現在でも世界中で大合唱されているという事実があります。それは、彼らの出身地であるリバプールを本拠地とする名門中の名門とも言えるフットボールクラブ、リヴァプールFCのサポーターズソングとして歌われるようになったこと(本拠地アンフィールドには"You'll Never Walk Alone"と刻まれた門すらあります)。そして、それが広がって世界中のサッカークラブのスタジアムで歌われています。

 そこまで多くの人に愛される理由は何と言ってもその歌詞でしょう。歌詞と和訳はページの下のほうに載せておきますが、「困難にぶつかったときでも前を見て歩こう」、そして、「君は一人じゃない(俺達がついている)」という力強いメッセージがチームを応援するのにピッタリなのです。それはもちろんサッカー選手だけでなく多くの人に向けての励ましのメッセージとしても。

 2011年3月11日に、ここ日本で発生した東日本大震災の被災者、そして日本へのエールとしてこの歌と言葉が世界各地から届いています。本家リバプールのサポーターはもちろん、イタリアの名門インテル・ミラノに所属する長友選手からも。そんな長友が所属するインテルとドイツの名門バイエルン・ミュンヘンとの間で行われたチャンピオンズリーグ決勝Tの1回戦でも、試合後、バイエルンのホームスタジムでこの曲が歌われていました。この思いが被災者に届きますように。そして、一刻も早い復興を願っています。

【サイト内関連記事】
UEFA Champions League Anthem
YELLOW SUBMARINE / THE BEATLES (REVOLVER 収録)
I'm Only Sleeping / THE BEATLES (REVOLVER 収録)
TOMORROW NEVER KNOWS / THE BEATLES (REVOLVER 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
・AC Milan - Liverpool FC CL Final (Liverpool fans)


●You'll Never Walk Alone 歌詞

When you walk through a storm
(嵐に出会った時は)
Hold your head up high
(上を向いて歩こう)
And don't be afraid of the dark.
(暗闇を恐れてはいけない)

At the end of the storm
(嵐の先には)
There's a golden sky
(青空が待っている)
And the sweet, silver song of a lark.
(雲雀が優しく歌ってる)

Walk on through the wind
(風の中を行こう)
Walk on through the rain
(雨の中を行こう)
Though your dreams be tossed and blown.
(たとえ夢破れようとも)

Walk on, walk on
(歩こう 歩き続けよう)
with hope in your hearts
(希望を胸に)
And you'll never walk alone
(そうさ 俺達は一人じゃない)
you'll never walk alone.
(俺達は一人じゃない)
カテゴリ : British Rock ・ comments(0)  
2011年03月22日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails