<< Asian Dub Foundation@Shibuya O-EAST (Special Guest:THE QEMISTS) 感想&セットリスト home サマソニ2011、SPECIAL GUEST from UKとしてBeady Eye出演決定! >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. Corinne Bailey Rae@SHIBUYA-AX 感想&セットリスト

UK出身の女性シンガー、Corinne Bailey Raeコリーヌ・ベイリー・レイ)のライブを観にSHIBUYA-AXに行ってきました。

フジロック'10の夜のホワイトステージでのライブは後半の1/3くらいしか観れなかったけど、それだけでも素晴らしすぎて、単独があったら絶対行こうと思ってたので。


定刻より10分ほど遅れて、コリーヌとバックバンドのメンバーが5人の6人が登場。
(フジロックの時も同じメンバーだったかな)
私は会場の前から3列目くらいのど真ん中というあり得ないくらいのベストポジションにいたので、コリーヌが近すぎて逆にビビった(笑)

「コンバンワ、トーキョー」(←コンニチワだっけ?)というコリーヌの一言からライブスタート。

1曲目は『The Seaあの日の海)』でも冒頭を飾る"Are You Here"からスタート。
コリーヌ自ら弾くエレキのイントロから歌へ。
抑えたような歌声から、伸びやかな声へと変わっていき、一気にコリーヌの世界観に引き込まれていく。
曲の途中に2か所ほど、小さくブレイクするところがあって、その時にコリーヌがドラムに視線を送って息を合わせて演奏するという細かいところまで見えて嬉しい。

続いて軽快なギターのカッティングが気持ちいい"Paris Nights"と"Closer"を。
"Closer"では楽器を持たずに歌ったんだけど、長い腕を伸ばしたりしながら歌うコリーヌが麗しすぎる。
そして、ライブ中、終始見せてた笑顔が愛くるしすぎでした。

軽快なナンバーが続いた後は、しっとりしたナンバーを3連続。

その中でも"Diving for Hearts"は個人的に大大好きな曲なので、聴けてすごくうれしかった。
この曲のサビの部分のメロディと歌詞、そしてコリーヌの歌声がすごく心に沁みる。


次は、ボブ・マーリーのカヴァーで"Is This Love?"。
パッと聞くと原曲に気付かないくらいにコリーヌ色に。

コリーヌのタンバリンとバンドサウンドが一体になってロックな演奏を聴かせてくれた"Paper Dolls"に続き、シングルにもなった"I'd Do It All Again"をアコギを爪弾きながら。

この曲の悲痛なまでに美しいメロディと歌声は生で聴くとさらにヤバすぎる。
しかも、こんな間近で。
観客からの拍手に、胸に手を当ててお辞儀して答えるコリーヌにグッときた。


ここからひたすらクライマックス。
ドラムソロを挟んだ"The Blackest Lily"ではコリーヌ自身がステージを左へ右へ移動し、客を煽る場面も。
ドラムカッコ良かったなぁ。
コリーヌはレッド・ツェッペリンが好きらしいので、ドラムにもこだわりありそうですね。

カヴァー2曲目のプリンスの"Wanna Be Your Lover"もコリーヌ色にし、続く"Put Your Records On"ではタンバリンとカウベルを叩きながら歌ったり。

そして、ひときわ大きな歓声が上がった"Like A Star"。
ただひたすら歌声に酔いしれる。

ノリノ良い演奏を聴かせる"Feels Like the First Time"としっとりした"I Would Like to Call It Beauty"が終わり、2ndアルバムのタイトルトラックでもある"The Sea"。

大好きな曲だけど、この曲でライブの本編が終わることは大体知っていたので、ちょっと寂しくもなりましたが。
ほんと時間が経つのがあっちゅーま。

『The Sea』というアルバムはコリーヌが最愛の夫を亡くすという大きな喪失からはじまった作品であるため、このタイトルトラックに込められた思いは並大抵のものではないことは当然で、そこに思いをはせながら"Goodbye"と繰り返されるこの歌を聴くとかなりグッとくるものがありました。

コリーヌの弾く、スライドギターのような琴のような楽器の調べも良かった。

ここで本編が終わり、アンコールの拍手が巻き起こる。

そして、再登場し、アンコール。

フジロックの時にも歌った"Que Sera Sera"。
オリジナルはドリス・デイで、Sly and the Family Stoneで有名な曲ですね。

この曲のコリーヌのヴォーカルはもう最高の一言。
ギタリストの男性の歌も良かったし、登場するなり靴を脱ぎ捨て、後半はギターのピックを投げ捨て、力いっぱい歌うコリーヌが最高でした。

悲しみを乗り越え、"なるようになるさ"と歌う彼女のその笑顔に力をもらうことのできた素晴らしいライブでした。

以下、セットリスト。

2011.03.08 Corinne Bailey Rae@SHIBUYA-AX Setlist

01. Are You Here
02. Paris Nights/New York Mornings
03. Closer
04. Love's on It's Way
05. Till It Happens To You
06. Diving for Hearts
07. Is This Love? (Bob Marley cover)
08. Paper Dolls
09. I'd Do It All Again
10. The Blackest Lily
11. Wanna Be Your Lover (Prince cover)
12. Put Your Records On
13. Like A Star
14. Feels Like the First Time
15. I Would Like to Call It Beauty
16. The Sea
---encore---
17. Que Sera Sera (Doris Day cover)

・Corinne Bailey Rae 2011来日スケジュール
2011年3月7日(月) 大阪BIG CAT
2011年3月8日(火) 東京 渋谷AX

【サイト内関連記事】
I'd Do It All Again / Corinne Bailey Rae (The Sea 収録)
The Skies Will Break / Corinne Bailey Rae (The Heart Speaks in Whispers 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(3)  
2011年03月08日(火)

COMMENT
dannyelzorro    (2014.09.10 Wed 22:48)
www.setlist.fmによると8曲目だったようです。

http://www.setlist.fm/setlist/corinne-bailey-rae/2011/shibuya-ax-tokyo-japan-4bd2772e.html
K    (2011.05.31 Tue 13:58)
>dannyelzorroさん
どのへんでしたでしょうか?
dannyelzorro    (2011.03.09 Wed 11:36)
あと1曲breathlessをどこかでやってた気がします。
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails