<< 僕から君へ / Galileo Galilei (パレード 収録) home Asian Dub Foundation@Shibuya O-EAST (Special Guest:THE QEMISTS) 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 夏空 / Galileo Galilei (パレード 収録)

 北海道出身の4人組ロックバンド、Galileo Galileiガリレオガリレイ)の1stフルアルバム『パレード』(オリコン5位)収録曲"夏空"。2010年6月に1stシングルとしてもリリースされておりシングルチャートでも14位を記録しています。アニメ『おおきく振りかぶって夏の大会編〜』のオープニングテーマになっていました。
(バンドのバイオは1つ前の記事「僕から君へ」参照)

・Galileo Galilei 『夏空』


 高校2年生の時に作ったという曲で(現在でもメンバーはまだ二十歳になるかならないかくらい。末恐ろしい・・・)、10代の気持ちをドンピシャで言い表しているような歌詞と、瑞々しいメロディとサウンドがたまらないですね。「難しい歌を聴き始めたよ ワタシの人生は思うほど簡単には出来ていないから」とか「好きだった歌が響かなくなったな 誰のせいでもない 僕のせいでもないんだろう」なんて歌詞があるけど、いくつになってもこの曲を聴いて10代の時の気持ちを思い出せるんじゃないかなぁと思います。

 それにしてもこの『Parade』、au by KDDI「LISMO」のCMソングになった"ハマナスの花"や、シングルの"四ツ葉さがしの旅人"をはじめ、曲がどれも良いですねぇ。

 個人的には、エレクトリックな要素もある"どうでもいい"がすごく好き。これからどんなバンドになって行くんだろうと期待が膨らむばかり。ちなみに、「「フラッピー」と「どうでもいい」は、10代の子にも響くポスト・ロックを作ろうと思って、電子的な楽器も採り入れました。Macでエレクトロな部分を先に作って、そこにバンド・サウンドを当てはめるようなやり方をしました。」とインタビューで語っていました。

 また、収録曲の"管制塔"からインスピレーションを受けたという映画『管制塔』も公開予定。もちろん"管制塔"が主題歌になっています。監督は、『ソラニン』を手掛けた三木孝浩とのこと。こちらも楽しみですね。


Galileo Galilei -『パレード』収録曲リスト
1. 僕から君へ
2. 稚内
3. 18
4. ハマナスの花
5. 四ツ葉さがしの旅人
6. 夜の窓辺と四つ葉のクローバー
7. 夏空
8. フラッピー
9. どうでもいい
10. SIREN
11. 管制塔 (acoustic)
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
僕から君へ / Galileo Galilei (パレード 収録)
明日へ / Galileo Galilei (PORTAL 収録)
ウェンズデイ / Galileo Galilei (Sea and The Darkness 収録)
COUNTDOWN JAPAN 10/11 1日目@幕張メッセ国際展示場 Part3
Galileo Galilei@日本武道館 「Last Live〜車輪の軸〜」 感想&セットリスト



(2017.03.21最終更新)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2011年03月03日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails