<< K's今年の1曲 2010 (洋楽編) home Ready To Start / Arcade Fire (The Suburbs 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. EX-PRESS ver.4 / II.I.II (KLAXONS / Polysics / the telephones)@Zepp Tokyo 感想&セットリスト

Zepp Tokyoにて『EX-PRESS ver.4 / II.I.II』なるイベントを見てきた。

私の2011年の初ライブ参戦でございます。

そんな新年1発目に観たのは、
KLAXONS / Polysics / the telephones
の3組。

UKのクラクソンズを、ポリシックスと電話ズの日本勢で迎えうつという、一発目にもってこいなメンツですね。
ニューレイヴの親玉的なバンドのクラクソンズをトリに、その影響下にありそうな電話ズって感じだけど、こうなるとある意味ポリシックスが浮いてる気もする。。

ま、新年早々細かいことはいいや。

トップバッターは、the telephones
石毛はのっけからディスコー!って叫びまくり。
下にセットリスト載せるけど、そもそもDISCOが付く曲多すぎ(笑)
MCで、「クラクソンズを見に来た人も、とりあえず何も考えずにディスコと叫んでください!」って言ってた。

で、ライブの方は相変わらずハイパーなサウンドなこと。
シンセの音がキモチイイ。
てか、岡本は良く動くなぁ。そして、細っ。。
動きも含め、もはや江頭2;50ですよ(笑)

2曲目に好きな"urban disco"も聴けたし、後半の"HABANERO"〜"Monkey Discooooooo"〜"I Hate DISCOOOOOOO!!!"の3連打は客の盛り上がりも最高でした。

ちなみにテレフォンズと言えば、ライブを見るといつも石毛が音楽に対する思いをMCでしゃべるっていうイメージがあるんですが、今日は、
「テレフォンズを見に来た人はクラクソンズやポリシックスも楽しんで。クラクソンズを見に来た人は、日本にも良いバンドがいることを覚えて帰って」
的なことを最後に言ってたのが印象的でした。

ま、そんなMCを横目に岡本はキックボードのように台車に乗って去って行きましたが(笑)



40分くらいで電話が終わり、セットチェンジが20分ほどあって、Polysics
年末にイベントで観たので、あまり久しぶり感はないかな。

こちらも電話ズに負けず劣らずハイテンション。
てか、ハヤシの声相変わらず高いな。
32歳だって。私と一個しか変わらん。。。
電話ズが「ディスコ!」ならこっちは「トイス!」を連発。
「明けましておめでトーイス!」
って言ったし。

てか、私も今まで普通に受けれてきてたけど、そもそもトイスってなんだ?って話ですが。
すると今日はハヤシがMCで、
「トイスとはポリシックスが新しく考えた挨拶で、ぜひ皆さんも使ってください」
って言ってた。
ちなみに、
「クラクソンズのメンバーにも、日本で流行っている挨拶だと教えておきました」
とのこと。
・・・ってをい。。

ま、それはともかく、やっぱ楽しい。
1曲1曲それぞれフリがあって、それを皆できちゃうところがすごい。
ハヤシとフミの動きを見てるだけで飽きない。

新曲"Let'sダバダバ"も披露。
これは『eee-P!!!』の対象店舗での購入者の先着の200人が参加して公開レコーディングされた曲。
なるほど、確かにみんなで歌えるようなコーラスがある楽しい曲ですね。
ヤノのドラムもカッコ良かった。

その次の"人生の灰"ではハヤシが客のタオルを2つ取って、ツナギの胸に入れてオッパイみたいにしたり。。

そして、こちらも後半、ハヤシがあのメガネを外してからの"カジャ・カジャ・グー"以降の流れがヤバかった。
個人的には"シーラカンス・イズ・アンドロイド"がツボです。

そんな感じで、ダイバー続出で盛り上がりまくったポリシックスも40分ほどで終了。

(MCで新作のレコーディングが終わり、そろそろ詳細が発表できそうって言ってたけど、家に帰ってネット見たら、『Oh! No! It's Heavy Polysick!!!』というタイトルで3月9日にリリースが決定したみたいです。)


トリはKLAXONS
過去にサマソニ等で観れる機会はなくはなかったけど、いつもタイミングが合わず観れなかったので、ライブを見るのはお初です。

こちらも前2組同様にアゲアゲ。
・・・といいたいところだけど、前の2組とは明らかに違う。
ニュー・レイヴだなんだと騒がれた1stの『Myths of the Near Future』のイメージでちょっと軽いのを想像してたけど、2nd『SURFING THE VOID』を経て、すごくロックバンドとしての重さを手に入れたって感じがした。
(別に前の2組が軽いって言ってるわけではないよ)

意表をついて1stの"Atlantis To Interzone"から始まったものの、ライブが進むにつれてそのロックな佇まいにやられた。

もちろん"Golden Skans"や"Magick"にはテンション上がりまくったものの、それ以上に"Twin Flames"や"Echoes"のカッコよさのほうが記憶に残りました。

たしかに1stのころにあった即効性はなかったかもしれない(ま、1st期にライブを観てないのであくまで推測にすぎませんが)けど、次に進むために必要な2ndアルバムだったのかもしれませんね。

アンコールも含め約1時間。
現在並行して行われているワンマンでのJAPAN TOURとほとんど同じくらいの時間をやって終了。


正直、テレフォンズとポリに比べて客が減っていた感は否めなかった(そもそも今日は客が少なかった。。明らかに主催者の見込みミスだとおもうけど。)けど、これを見なかったのは損してると思うな。


そんな感じの新年1発目のライブ。

今年も良いライブがいっぱい観れるといいな。


以下、セットリスト。


2011.01.11 EX-PRESS ver.4 / II.I.II (KLAXONS / Polysics / the telephones)@Zepp Tokyo Setlist

・the telephones Setlist
01. A.B.C.DISCO
02. urban disco
03. I Wanna Die
04. SAITAMA DANCE MIRROR BALLERS!!!
05. My Final Fantasy
06. HABANERO
07. Monkey Discooooooo
08. I Hate DISCOOOOOOO!!!

・Polysics Setlist
01. Heavy POLYSICK
02. How are you?
03. Young OH! OH!
04. Mach肝心
05. Boil
06. Let'sダバダバ
07. 人生の灰
08. Digital Coffee
09. Kaja Kaja Goo
10. Coelakanth is Android
11. Shout Aloud!
12. BUGGIE TECHINICA

・KLAXONS Setlist
01. Atlantis To Interzone
02. Flashover
03. The Same Space
04. As Above, So Below
05. Gravity's Rainbow
06. Golden Skans
07. Twin Flames
08. Calm Trees
09. Two Receivers
10. Magick
11. Echoes
---encore---
12.Cypherspeed
13.It's Not Over Yet

参考までに、10日の赤坂BLITZ公演のセットリスト。
01. Atlantis To Interzone
02. Flashover
03. The Same Space
04. As Above, So Below
05. Gravilty's Rainbow
06. Venusia
07. Golden Skans
08. Twin Flames
09. Valley of the Calm Trees
10. Two Receivers
11. Magick
12. Cypherspeed
13. Echoes
14. Surfing the Void
15. It's Not Over Yet

【サイト内関連記事】
Atlantis to Interzone / Klaxons (Myths of the Near Future 収録)
Golden Skans / Klaxons (Myths Of The Near Future 収録)
Rocket / Polysics (We ate the machine 収録)
I My Me Mine / POLYSICS (Now is the time! 収録)
『DECKREC NIGHT 2010』@Shibuya O-EAST (POLYSICS、SCOOBIE DO、KING BROTHERS、住所不定無職)
urban disco / the telephones (We are the Handclaps E.P. 収録)
the telephones SUPER DISCO Hits 2 !!!@ディファ有明
version 21.1(サカナクション / ogre you asshole / the telephones)@新木場STUDIO COAST
FACTORY LIVE 0216@FUJI-TV V4 STUDIO(東京スカパラダイスオーケストラ、椿屋四重奏、SUEMITSU & THE SUEMITH、the telephones、THE BAWDIES)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(0)  
2011年01月11日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails