<< Helicopter / Deerhunter (Halcyon Digest 収録) home 擬態 / Mr. Children (SENSE 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. US Indie
  3. Undertow / Warpaint (The Fool 収録)

 ロサンゼルス出身の女性4人組ロックバンド、Warpaintウォーペイント)がデビューアルバム『The Fool』を英ラフ・トレードよりリリース。全米176位・全英41位。プロデュースはTom Biller、ミックスをAndrew Weatherall、Adam Samuelsが手がけています。

 まずはメンバー紹介。
・Warpaint - member
Emily Kokal(エミリー・コーカル) - vocals, guitar
Jenny Lee Lindberg(ジェニー・リー・リンドバーグ) - bass, vocals
Theresa Wayman(テレサ・ウェイマン) - vocals, guitar, drums, keyboards
Stella Mozgawa(ステラ・モズガワ) - drums, keyboards, vocals, guitar

 結成は2004年と意外と古く、オリジナルメンバーには、ベースのジェニーの姉であるハリウッド女優(『ROCK YOU!』(2001年)のヒロイン役等)のShannyn Sossamon(シャニン・ソサモン)がいたり、現Red Hot Chili PeppersのJosh Klinghoffer(ジョシュ・クリングホッファー)が参加していたり、2008年のEP『Exquisite Corpse』では元レッチリ(って表現が悲しい・・・)のJohn Frusciante(ジョン・フルシアンテ、エミリーと付き合ってたらしい)がミックスを手掛けていたりと一部ではすでに話題になっていたみたい。ちなみに"War Paint"とは、アメリカ原住民が戦いの前に顔や体にする出陣化粧のことらしい。

・Warpaint - Undertow


 前置きが長くなりましたが、"Undertow"は『The Fool』からのリード曲。ダウナーといえばダウナーな感じもするけど、演奏が絡まりあってクールに燃え上がっていく後半部分はむちゃくちゃイイですね。少ない音数ながらセンスのあるギター(そう、まさにジョン・フルシアンテのように)、ベースとドラムの絡みもかっこいい。また、日の光が印象的な映画のようなこの曲のビデオは、元メンバーのシャニンによるもの。

 全体的な音の雰囲気は、彼らを前座に抜擢しアメリカおよびヨーロッパツアーを行ったUKのThe XXに通じますね。毎年BBCが発表しているその年のブレイクしそうなアーティストをピックアップするリストの2011年版、『Sound Of 2011』にもノミネートされているそうです。The XXは2010年のマーキュリープライズを受賞しましたが、Warpaintもひょっとしたらそれくらいのブレイクを果たすかもね。とにかく要チェック。


Warpaint -『The Fool』収録曲リスト
1. Set Your Arms Down
2. Warpaint
3. Undertow
4. Bees
5. Shadows
6. Composure
7. Baby
8. Majesty
9. Lissie's Heart Murmur
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
Love Is to Die / Warpaint (Warpaint 収録)
New Song / Warpaint (Heads Up 収録)
Crystalised / THE XX (xx 収録)
CHARLIE / RED HOT CHILI PEPPERS (STADIUM ARCADIUM 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : US Indie ・ comments(0)  
2010年12月12日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails