<< 「∀ 3D」 iLL × ZAZEN BOYS@新代田FEVER 感想&セットリスト home Manic Street Preachers@新木場STUDIO COAST (guest:Carl Barat) 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Run With The Boys / Carl Barât (Carl Barat 収録)

 言わずと知れた2000年代のUKロックを代表するバンド、The Libertinesザ・リバティーンズ)でピート・ドハーティとともにフロントマンを務め、Dirty Pretty Thingsダーティ・プリティ・シングス)でも活躍したCarl Barâtカール・バラー)がついにソロデビュー。デビューアルバムとなったその名も『Carl Barat』(全英52位)からの1stシングルが"Run With The Boys"です。

 印象的なベースのリフに軽快なホーンが絡んでくる展開が、リバともDPTとも違う、ソロアーティスト・カールを宣言するのにピッタリな楽曲。ちなみに元々以前から"Better Let Her Go"という名前でライブ等で披露されていた楽曲を作りなおした曲らしい。さらにこの曲ではピートとのコラボも予定されていたらしいですが、残念ながら見送られた(ピートのドタキャン?)とのこと。YouTubeに上がっていライブ映像とか観ると、ウッドベースやチェロのいる編成で演奏されていました。ベースはピートのバンド、Babyshambles(ベイビーシャンブルズ)のドリューが、チェロはカールの現在の恋人が演奏しているそうです。

 それにしてもこのデビューアルバムは、バラエティに富んでて面白い。リバティーンズなガレージロックを期待した人には肩すかしかもしれないけど、リバの二番煎じのようなものを出しても仕方ないし。ホーンやストリングスが使われてたりするけど、変にゴージャスになりすぎたりしてないとこのバランス感覚が良い。後は、メロディのブリティッシュ感というか、ヨーロッパを感じさせる曲が多いのも面白いです。The Divine Comedy(ディヴァイン・コメディ)のニール・ハノンなんかが参加("The Fall")してるのもなんか頷けますね。

 ちなみにカール自身はこのアルバムに関して、「これまでの自分の曲の書き方、ギター・バンド的なフォーマットから完全に切り離されたやり方で書いてみたいってところからはじまった」と語っていたりします。

 さてさて、何と言ってもレディング/リーズ・フェスティヴァルでのリバティーンズ再結成という一大事件があった今年、そんなリバは来日はまずありえないですが(ピートがそもそも日本に入国できない。本国イギリスでも今後の活動予定なし。ちなみに私は2003年のフジロックでピート抜きのリバなら観ました)、カール単独での来日公演が決まりました。

 さすがに渋谷クアトロってことで即完売だったようですが、MANIC STREET PREACHERS(マニック・ストリート・プリーチャーズ)の来日公演へのオープニングアクト出演も決定!私もそのスタジオコースト公演に参戦予定なので楽しみです!リバやDPTの曲もやるとかなんとか♪(参考までに海外でのライブのセットリストを下の方に載せておきます)

・Carl Barât 来日公演
11/30(火)東京 渋谷CLUB QUATTRO

・MANIC STREET PREACHERS - POSTCARDS FROM A YOUNG MAN TOUR
11/26(金)東京 新木場STUDIO COAST (with Carl Barât)
11/27(土)横浜 BAY HALL (こちらはカールの出演なし)

・Carl Baratの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Carl Barât


【サイト内関連記事】
Up The Bracket / THE LIBERTINES (up the bracket 収録)
Last Post On The Bugle / THE LIBERTINES (THE LIBERTINES 収録)

La Belle Et La Bete / Babyshambles (Down In Albion 収録)
Fuck Forever / Babyshambles (Fuck Forever 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Carl Barât - Run With The Boys


・Carl Barat playing Run With the Boys live @ Shepard's Bush Empire



2010.11.09 Carl Barât@Mascotte, Zurich, Switzerland Setlist

01. Je Regrette, Je Regrette
02. Run With The Boys
03. The Man Who Would Be King (The Libertines cover)
04. Carve My Name
05. She's Something
06. Deadwood (Dirty Pretty Things cover)
07. The Magus
08. So Long, My Lover
09. Up The Bracket (The Libertines cover)
10. Irony Of Love/What Have I Done
11. Death On The Stairs (The Libertines cover)
12. Bang Bang, You're Dead (Dirty Pretty Things cover)
---encore---
13. 9 Lives
14. France (The Libertines cover)
15. The Fall
16. Truth Begins (Dirty Pretty Things cover)
17. Time For Heroes (The Libertines cover)
18. Music When The Lights Go Out (The Libertines cover)
19. Don't Look Back Into The Sun (The Libertines cover)
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2010年11月25日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails