<< Viva La Revolution / The Adicts (Songs Of Praise 収録) home Smells Like Teen Spirit / Eric Lewis (ROCKJAZZ Vol.1 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. THE ADICTS@LIQUIDROOM (guest:LAUGHIN`NOSE、SA、HAT TRICKERS) 感想&セットリスト

結成から30年以上を数えるUKパンクのベテランバンド、THE ADICTSジ・アディクツ)の来日公演を見に恵比寿はLIQUIDROOMへ行ってまいりました。

ラインナップは以下。
・LINE UP
THE ADICTS
<GUEST>LAUGHIN`NOSE / SA / HAT TRICKERS
<DJ>ヒカル / YOUicTHi-raw


アディクツのレポが長くなるので、前3組は簡単に。

トップバッターは、HAT TRICKERS
名前も初めて聞くバンドでしたが、結構良かった。
まぁギターが3人いたりして、そんなに必要か?とはおもったけど、1人は変わった音だしてたりしてたのでいっか。
マスクをつけた衣裳が面白い。


次は、LAUGHIN`NOSE
ベテランを迎え撃つにはこちらもベテランで。
CHARMYのあの髪形は健在ですね。
パワフルなライブでした。


3組目は、SA
こちらもベテランですね。
ライブを見るのはお初。
Vo.タイセイの髪形もCHARMY同様ばっちり決まっててかっこいい。
パンクに髪型の決まりなんてないよね。
シンガロングさせる曲が多くて、曲を覚えていったらもっと楽しかっただろうな。


ラストはいよいよTHE ADICTS
17時半開場の18時半開演の本公演のトリのTHE ADICTSの出番は21:10頃。

『時計仕掛けのオレンジ』の音楽が鳴り、ステージの幕が開くとそこには、Vo.のモンキー以外のメンバーの姿が!
(残念ながらヴァイオリニストはいなかったです)


そして"Ode to Joy"の演奏が始まり、途中でついにモンキー登場!!

そのまま"Joker in the Pack"へなだれ込む。
もちろんモンキーは例のあの白塗りのピエロメイクで登場し、客席に向けトランプを飛ばしまくる!
まさにトランプマン!!(ちょっと古いか・・・。てかジョーカーだからトランプなんだよね?)

一気に会場は興奮の坩堝へ。
モッシュとダイブが始まる。
そしてもちろんサビの大合唱!!

先に演ったSAなんかもシンガロングする曲が多かったけど、そんなの比じゃないくらい。
次の"Tune in, turn on, drop out"もその次の・・・といちいち挙げてたらきりがないくらい全ての曲に1度聴いたらすぐに口ずさめてしまうようなキャッチーなフレーズがあるってすごい!

後は視覚的な演出もすごくて、"Tango"ではモンキーが黒い傘をもって歌ってて、途中で傘を開くとそこから紙吹雪とビニールテープが飛びだしたり、
"Easy Way Out"では口からビニールテープが出てきたり、
"Troubadour"では青い猿のぬいぐるみ2つ(モンキーだから?)を持って歌ったりと。

てか、とにかく紙吹雪と紙テープとビニールテープの消費量がハンパない。
すきを見ればテープを投げたりマイクスタンドに絡みつけたり、紙吹雪が舞い散ったり。
ま、見た目のインパクトはかなり大きいけど、どれも安い素材なのでコストパフォーマンスがいいところはさすが!!(笑)

序盤で早速聞きたかった"Numbers"が聴けたのは嬉しかった。
(もちろん、1,2,3,4・・・って掛け声もやりました!)
後、"Just Like Me"も超良かった。


最初のMCでは、日本に久々に来れて嬉しいって話とか、もうおじいちゃんになっちゃったよって話をして、そこから"Life Goes On"につなげるって流れもかなり憎いですねぇ。


また、"Bad Girl"ではお客の女の子をたくさんステージに上げて踊らせたり。
ちなみに一緒に行った友人も上に上がろうとしたけど、無残にも定員に達して断られてましたが・・・

そして、そこからの流れで"Chinese Takeaway"へ。
この曲のあのコーラスをもって盛り上がるなという方が無理な話で、フロアはもはやカオス状態。


モンキーが一旦ステージを去り、残されたメンバーで「かなり古い曲」と言って"Mary Whitehouse"を演奏。
メインヴォーカルを最もセクシーなメンバー(笑)、ドラムのKid Deeがとってサビを他のメンバーで歌うって感じで。


その間に衣装チェンジをしてたモンキーが再登場、「サビでこぶしを突き上げて歌うんだ」みたいなこと言って始まったのが、待ってましたの"Viva la Revolution"。
モッシュ渦巻くフロアで思わず拳を上げて熱唱したら、おもっきり声が嗄れた。。
(元々、風邪気味&フロアでタバコ吸ってる人が多かったのもありますが・・・)

ここでも思いっきり紙吹雪が舞ってましたね。

超楽しい!!

その熱狂は"Steamroller"あたりまで続いた。


その後は"雨に歌えば"(←これも「時計仕掛けのオレンジ」繋がり?)やったり、モンキーが変なヅラ(エルビス風?)被って"Be Bop A Lula"なんか歌ったりして本編終了。


アンコールではモンキーがビールを飲みながら登場。
そして、その流れで"Who Split My Beer?"。

演出に全て意味を持たせてるとこが素敵!

そして、サッカーのプレミアリーグ、リバプールFCの応援歌でも有名な"You'll Never Walk Alone"に突入し、ステージからはシャボン玉が出てくるし、さらに客席に向けて大きなビーチボールが無数に投げ込まれ熱狂のまま最後の曲"Bad Boy"が始まり、大団円。

正直、最後の2曲はビーチボールに気を取られ過ぎて(気を抜くと頭にあたって首をやられる・・)ちゃんと聴けてなかった気もするけど、まぁ楽しかったから無問題。


ホント楽しかったの一言。

メンバーの若々しさもすごいし、何より曲が良すぎるのを実感した一夜でした。

またライブ観たい。
もっと来日して!!

セットリストは多分こんな感じ。
間違ってたらご指摘よろしく。

2010.11.12 THE ADICTS@LIQUIDROOM Setlist

01. A clockwork orange intro
02. Ode to Joy
03. Joker in the Pack
04. Tune in, turn on, drop out
05. Tango
06. Spank me baby
07. Easy Way Out
08. Numbers
09. Troubadour
10. Fuck It Up
11. Just Like Me
12. 4321
13. Life Goes On
14. England
15. Angel
16. Go Genie Go
17. I Am Yours
18. Bad Girl
19. Chinese Takeaway
20. You're All Fools
21. Mary Whitehouse
22. Viva la Revolution
23. Let's Go
24. Steamroller
25. Singing in the rain
26. Crazy (with Can't Help Falling In Love and Be Bop A Lula)
27. Ode to Joy
---encore---
28. Who Split My Beer?
29. You'll Never Walk Alone
30. Bad Boy

●THE ADICTS JAPAN TOUR 2010 日程
・11/12(FRI)@恵比寿 LIQUIDROOM
THE ADICTS
SA
LAUGHIN′NOSE
HAT TRICKERS
DJ ヒカル / YOUicTHi-raw

・11/13(SAT)@名古屋 THE BOTTOM LINE
THE ADICTS
LAUGHIN′NOSE
Oi-SKALLMATES
DJ TSUTOM / PeCO

・11/14(SUN)@心斎橋 SHANGRILA
THE ADICTS
COBRA
EXTINCT GOVERNMENT
RADIOTS
DJSHIGA-CHANG / MINAMI

【サイト内関連記事】
Viva La Revolution / The Adicts (Songs Of Praise 収録)
Chinese Takeaway / THE ADICTS (SOUND OF MUSIC 収録)



【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(0)  
2010年11月12日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails