<< TEENAGE FANCLUB@Shibuya O-EAST 感想&セットリスト home コマ企画Vol.8 奇跡の“おっさんです”祭 @高円寺グリーンアップル (ギターパンダ、ハッチハッチェル) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. J-POP / Half-Life (table 収録)

 3人組ロックバンド、Half-Lifeハーフ・ライフ)の最新シングル"J-POP"。今年の夏に放送されていたテレビ東京系・ドラマ24・第20弾・特別企画「モテキ」のエンディングテーマになっていました。4月にリリースした1st EP『Many comes, many past.ep』のDVDにライブ映像として収録されてます。

・Half-Life / J-POP


 私自身、この曲との出会いもやっぱりそのドラマ「モテキ」。作中で毎回印象的に様々な楽曲(モテ曲)が使われていたこのドラマ。そのエンディングに流れる「本当はJ-POPが好きで、本当はLOVESONGが好きだった。これで成立するでしょ?ねえ?ねえ?もう無え。。。」っていう歌詞とメロディが毎回毎回ドラマが終わるたびに耳に残って仕方がなかった曲。

 というわけで最初から最後まで聴いてみた。3ピースだけど広がりのあるギターサウンド。メロディや曲展開もひねりがあって、TVで一部分だけ聴いてたのとは印象がかなり変わって一筋縄ではいかない感じが面白い。そして最後に出てくるあのフレーズが出てきて、「オォー」って盛り上がる。

 実際この歌詞はヴォーカルの上里の失恋体験から生まれたらしく、「J-POPが嫌いと言いながらも実は少しは好きだったりして、そんな本音を素直に言えてたらこの恋は終わることもなかったかも」という思い、要するに「あの時こう言えてたら・・・」っていうものの例えが「J-POP」みたいです。まぁそんなこと言ったら元も子もないけど「その駆け引きを少しでも、そう少しでも 間違えた僕、一瞬で 大事な何かを失ってしまったよ」ってとこがなかなか切実ですねぇ・・・。

 ちなみにドラマ「モテキ」の監督・脚本を務めた大根仁曰く「ボーカルの子にいろいろ話をきいたんですけど。恋愛話とかきいたら、まあ、やっぱり幸世(モテキの主人公)的な感じで(笑)。またしみったれた話でさ」と語ってます(ro69より)。そんな大根仁が監督を務めたPVも必見。

 11月24日には"J-POP"も収録予定の2ndアルバム『table』も発売決定。また、11月26日に発売される、『モテキDVD-BOX(5枚組)』には、「エンディングテーマ Half-Life“J-POP”PVモテキmix ver !!」として、"J-POP"のスペシャルミュージックビデオが収録予定となっています。

・Half-LifeのJ-POPを試聴&ダウンロードする⇒J-POP


【サイト内関連記事】
夜明けのBEAT / フジファブリック (MUSIC 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
ごめんなさいは簡単に
口から出てくるのに
愛してるはなかなかどうも口から
出てこないんです

同じ空気を毎日吸って
同じ空気を吐き出してるのに
この口は深呼吸しては
ため息ばかり吐くんです

for言う? 4you? for you?

おはよう おやすみ
向き合ってた言葉は
時が過ぎたら背と背
君のこと分かってきた分だけ
僕のことを忘れたの?

君はJ-POPが嫌いで
僕はLOVESONGが嫌いだ
じゃあこの詩は何て言うんだい?ねえ?
そういう矛盾感が切なかったりして

分かりあえる事は出来ない
人間それぞれ違うから
感情の統一なんて
難しいもんだっていい訳

今日 言う? 共有? for you...?

ただいま おかえりの繰り返し
さよなら ごめんの繰り返しを
同じようにループして
繰り返し 繰り返し
何処で途切れたの?

この目も この手のひらも
君を感じる為だけに あったなら
この体 この心臓
この際 もういらなくなっちゃいました..嗚呼

おはよう おやすみ
重なった言葉は
時が過ぎても 手と手
僕のことを忘れない様にと
君のことを忘れたの

感情のままに生きていくというのは
時に誰かを傷つけてしまい
思ったことを口に出せないのは
時に誰かを孤独にさせてゆく

その駆け引きを少しでも
そう少しでも 間違えた僕
一瞬で 大事な何かを失ってしまったよ

本当はJ-POPが好きで
本当はLOVESONGが好きだった
これで成立するでしょ?ねえ?ねえ?もう無え。。。

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2010年10月22日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails