<< Fuji Rock Festival 10 日記 7/30(金) 初日 part2 home フジロック2010 備忘録 2日目 >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '10
  3. Fuji Rock Festival 10 日記 7/30(金) 初日 part3

Fuji Rock Festival 10 日記 7/30(金) 初日 part2より続く。

CABARET FIESTAから外へ出た時には雨も上がっていた。

Orange Courtへ引き返すとDirty Projectorsが始まっていた。
ま、彼らは明日のレッドにも出演が予定されてるし、春のワンマンも観てるので、ここはぐっと我慢してオレンジ通過。


そのまま、ヘブン〜アヴァロン〜ホワイト〜グリーンと抜け、Red Marqueeまで大移動。
The XXを見る。
と言っても最後の1曲しか見れませんでしたが・・・
フジ行く前は、ダーティー・プロジェクターズと時間が被ってどっちも観たいなぁとか言ってたくせに、どっちもちょっとしかみれないというね・・・。
ま、こんなことフジじゃ日常茶飯事ですが(笑)
で、1曲しか見れませんでしたが、ダウナーながらくせになるグルーヴは体験できたかと。


The XXはちょっとしか見れなくて残念だったけど、ここからが初日のクライマックス。

次は、Green StageにてTHEM CROOKED VULTURESですよ。
言わずと知れたスーパーバンド。
だって、Foo FightersにQueens of the Stone AgeとLed Zeppelingが一緒になるなんてどういうこと!って感じ。
何よりもデイヴ・グロールのドラムが聴けるってのがいいよねぇ。
それにしても、曲の構成的にもツェッペリン的要素が強いからか、サウンドの要はジョン・ポール・ジョーンズ御大のような気がする。
初っ端から変わったベース(横にして置く、スティールギターみたいな形をしたやつ)を弾いてたりして見た目のインパクトも絶大。
そんなジョンとデイヴのリズム隊の絡みが最高過ぎてジョシュのヴォーカルまで耳がいかないって弊害もありますが・・・
それにしても"New Fung"のカッコよさは群を抜いてたかな。



ここでミューズをモッシュピットで観るべく戦闘態勢に入った友人と別れ、WHITE STAGEへCORINNE BAILEY RAEを見に行く。
レッドのBROKEN SOCIAL SCENEと超迷ったんだけど、ここは見る機会が少なそうなコリーヌを選択。

と、急いでホワイトに向かったものの、空腹に襲われ、コリーヌの歌声の聞こえるところ天国にてジャークチキンサンドを購入してからホワイトへ。
一気にチキンを食いつくし、今年初ハイネケンを胃に流し込みながらCDよりもさらに厚みをました極上のサウンドを堪能。
自らギターを弾きながら歌いあげるコリーヌの声のヤバいことヤバいこと。
夜の野外で聴くというシチュエーションも相まってかなり感動的でした。
今年でた2ndのタイトルトラック"The Sea"とか涙が出そうなくらい良かった。



コリーヌのしっとりしながらも熱いステージを見た後は、いよいよフジロック2010初日のヘッドライナー、MUSEを見るためにグリーンへ。
ミューズは2002年と2007年の過去のフジ出演のステージは2回とも見てますが、今年初頭の武道館即完や、40周年グラストンベリーのヘッドラインさえも務めた「今」の彼らのステージはどうしても見ておかねばならないでしょう!

というわけで、ステージになるべく近づきながら彼らの登場を待つ。
予定時間より10分ほど遅れていよいよ登場!
おぉやたらとSFチック(Daft Punkみたい!)な壮大な出で立ち!
さすが!と思って、ライブが始まってみると、宇宙飛行士みたいなヘルメットをとったらそれはドラムのドミニクで、しかも、それをとったら全身タイツ!
モジモジ君!!(笑)
てか、マシューも光るメガネに、キラキラした真っ赤なスーツ。

いやぁさすが笑わせてくれますね。
何事もやりすぎる感じがミューズの魅力!
これを着こなせるのは彼らしかいない!

そんな姿で繰り出される圧倒的な楽曲たち。
どの曲が始まっても大歓声。
セットリスト的には新旧まんべんなく織り交ぜつつも、やはり押さえどころはしっかりって感じ。
やっぱ"New Born"とか"Plug in Baby"の盛り上がりはハンパなかったし、"Time Is Running Out"はもちろん大合唱だし。
マシューのクルクル回りながらギターを弾くアクロバティックなアクションも見れたし、恒例の巨大風船も登場したし、サービス満点でほんと楽しめるステージでした。

ま、それもこれも楽曲群が素晴らしいから成り立つんだろうな。
てか、昔よりもギミックが減った気がする。
(キーボードの下から自ら紙吹雪を取り出して宙にまくとかね・・・)
もはや向かうとこ敵なしのサウンドに下手なギミックはいらない!って感じですかね。


やっぱり何度みても最高なミューズが終わり、初日も終了!

・・・といきたいところですが、もちろんフジロックの楽しみはこれからですね。
毎日朝5時までやってるし。

毎年初日の夜にオレンジでおこなわれるオールナイトフジもあるけど(昨年は無念の中止)、今年は個人的にこの時間からオレンジまで行くほどの魅力を感じなかったので、レッド方面へ。


念願の初MUSEをモッシュピット最前列近くで堪能してきた友人と合流し、オアシスエリアで合流し、大道芸みる。
毎年いつも、大道芸やってるなぁ程度で通り過ぎてたんですが、久々にガッツリ見てみることに。
どれくらい久しぶりかと言うと、2000年に初めてフジロック来た時以来かも。
ひさびさに見たけど、結構楽しいね。
芸以上にトークが上手くて楽しかった。
ちなみにギャラはないそうで、全て客からのカンパだけらしく、それでも毎年黒字になってるとか。
で、赤字になった時点で辞めるとかなんとか。
結局1時間くらい見て終了し、お金を集めだしたときにフラカンの"深夜高速"を流しだしたときは軽く感動しかけたけど、財布に小銭が1円もなくさすがに千円は・・・ということで・・・ごめんなさい。。。



ここで疲労の限界とのことで宿にもどる友人とわかれ、レッドへ。
初日の深夜はPLANET GROOVEと題されていて、その2組目に当たるMAD PROFESSORを。
この時間帯に聴いて悪いはずはもちろんなく、低音響き渡るズブズブのダブサウンドを堪能。
今年の3日目のトリであるMassive Attackネタも予想通り飛び出しました。

この流れで、次のRUSKOもチラ見。
気鋭のダブ・ステップ系のDJですね。
てか、変な髪形してるなぁ。
このチャラチャラした感じが繰り出す音にマッチしてて良かった。
Europeの"Final Countdown"とか使われたらベタだけど盛り上がらないわけにはいかないよねぇ。


と、なかなか楽しかったけどさすがに初日からがんばりすぎるのも良くないので、レッドを後にすることに。

というわけで会場を出て宿へ・・・行く途中にPalace of Wonderで道草。
実は、CRYSTAL PALACE TENTでKITTY DAISY&LEWISが見たかったので。
中に入るとすでにライブが始まってた。
まずなにより、見た目が超クール。
それであの古いんだけど一回りしてそれが逆に新しい音。なかなかカッコイイ。
途中、ゲストとしてスカトランペッターのタンタンも登場。


そんな感じで盛り上がってる中、満足したので宿に帰ることに。


さすがに1日の疲れがあると、宿までの約15分の道のりが果てしなく感じたけど・・・


そんな初日。

Fuji Rock Festival 10 日記 7/31(日) 2日目 part1に続く。

フジロック2010初日セットリスト集


【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09


●初日 7月30日(金)
SUNBURN / MUSE (SHOWBIZ 収録)
SUPERMASSIVE BLACK HOLE / MUSE (BLACK HOLES AND REVELATIONS 収録)
STARLIGHT / MUSE (Black Holes & Revelations 収録)
KNIGHTS OF CYDONIA / MUSE (BLACK HOLES AND Revelations 収録)
THE GALLERY / MUSE (Hullabaloo Soundtrack 収録)
Dead Star / Muse (Hullabaloo Soundtrack 収録)
UPRISING / MUSE (THE RESISTANCE 収録)
Time Is Running Out / Muse (Absolution 収録)

New Fang / Them Crooked Vultures (Them Crooked Vultures 収録)

Spotlight / MUTEMATH (Armistice 収録)
MUTEMATH@duo music exchange(opening act:Cinjun Tate of Remy Zero)

Cheat On Me / The Cribs (Ignore The Ignorant 収録)
The Cribs@赤坂BLITZ(guest:OGRE YOU ASSHOLE)

TWILIGHT OF THE INNOCENTS / ASH (TWILIGHT OF THE INNOCENTS 収録)
You Can't Have It All / Ash (Twilight Of The Innocents 収録)

i spy i spy / Superfly×JET (i spy i spy 収録)

Myth Takes / !!! (Myth Takes 収録)

孤独の発明 / toe (the book about my idle plot on a vague anxiety 収録)
everything means nothing / toe (the book about my idle plot on a vague anxiety 収録)
グッドバイ / toe (new sentimentality e.p. 収録)
STRAIGHTENER Presents "BROKEN SCENE"@新木場STUDIO COAST
ROVO presents MDT FESTIVAL 2008@日比谷野外音楽堂(toe, OKI DUB AINU BAND)
WRENCH@代官山UNIT
toe & Collections of Colonies of Bees@渋谷CLUB QUATTRO
Ballet Mecchanique(クラムボン、toe)@桜坂セントラル
After Image feat. Harada Ikuko / toe (For Long Tomorrow 収録)

光について / Grapevine (Lifetime 収録)
その未来 / GRAPEVINE (d e racin e 収録)
Grapevine@赤坂BLITZ
ROCKIN'ON PRESENTS JAPAN CIRCUIT - vol.32 -@SHIBUYA-AX(GRAPEVINE、スネオヘアー、音速ライン、NICO Touches the Walls)
GRAPEVINE@Shibuya-AX

Crystalised / THE XX (xx 収録)

ヘッドライト / OGRE YOU ASSHOLE (フォグランプ 収録)
ピンホール / OGRE YOU ASSHOLE (ピンホール 収録)
CHAMPION ROAD Vol.1 OGRE YOU ASSHOLE vs DEERHOOF@LIQUIDROOM
version 21.1(サカナクション / ogre you asshole / the telephones)@新木場STUDIO COAST

Stillness Is the Move / The Dirty Projectors (Bitte Orca 収録)
DIRTY PROJECTORS@CLUB QUATTRO (guest:Mt. Eerie)


・MUSE - "New Born" live at Fuji Rock Festival 2002

カテゴリ : Fuji Rock Festival '10 ・ comments(0) K 
2010年07月31日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails