<< サマソニ2010、出演アーティスト第15弾&稲川淳二の怪談ナイト開催発表! home XXXO / M.I.A. (MAYA 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Dance / Techno / House
  3. ..And the World Laughs with You / Flying Lotus (Cosmogramma 収録)

  Steven Ellisonスティーヴン・エリソン)によるソロユニット、 Flying Lotusフライング・ロータス)がイギリスの名門テクノレーベルWARPよりアルバム『Cosmogramma』をリリース。彼はJAZZ界のレジェンド、Alice Coltrane(アリス・コルトレーン)を叔母に、John Coltrane(ジョン・コルトレーン)を叔父にもつことで知られています。アルバムタイトル『Cosmogramma』は、アリスがとあるインタビューで言った「cosmic drama」という言葉を聞き間違えたことからつけたらしい。

 今作でまず話題になったのが、この"..And the World Laughs with You"にRadioheadTHOM YORKEトム・ヨーク)が参加していること。まず一聴して思いっきり、『Kid A』期のレディへなメロディだったのに思わず笑ってしまった。。この曲ではトムから多くの影響を受けてそうだけど、逆にFlying Lotusの音が次のレディへの作品に影響を与えるのかどうかが気になるところではあります。

 で、そんなトム・ヨーク参加がロックファンの間では話題ですが、はっきり言って、アルバム全体から言えば軽く客寄せパンダに近い気もしてくるほど他の曲、というかアルバム全体の雰囲気、流れが素晴らしすぎる。JAZZYで洗練された・・・って書くと下手するとイージーリスニング的なイメージを持ってしまうかもしれませんが、そんなゆるさは微塵も感じさせないビートと音づくり。スペイシーで外への広がりがありながらも、逆に内的宇宙とでもいうようなスピリチュアルな雰囲気のサウンドが詰まっています。スピリチュアルといえば、彼の叔母にあたるアリス・コルトレーンの音楽もそう表現されることがありますが、彼女からの影響は大きいのかもしれませんね。

 ちなみに私は、昨年のWARPをフィーチャーしたエレグラでFlying Lotusのライブを見ましたが、CDで聴くのとはまた違った強靭なビート感(かなりヒップ・ホップ的)に衝撃を受けました。今年行われた来日公演は観ることができませんでしたが、またどこかで観たいですね。アメリカではトム・ヨークのニュー・バンド、Atoms For Peaceのサポート・アクトとしてほぼ全公演に帯同したらしいし、それを日本でも実現してくれないかなぁ・・・。

・Flying Lotusの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Flying


【サイト内関連記事】
electraglide Presents WARP 20@幕張メッセ(Battles、Chris Cunningham Live、!!!、LFO、Andrew Weatherall、Flying Lotus 他)
Harrowdown Hill / Thom Yorke (The Eraser 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Flying Lotus - And The World Laughs With You


・Flying Lotus - Warp SXSW 2010 Showcase Intro
カテゴリ : Dance / Techno / House ・ comments(0)  
2010年07月06日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails