<< plenty@恵比寿LIQUIDROOM tour 「ボクたちの世界」 感想&セットリスト home サマソニ2010、出演アーティスト第15弾&稲川淳二の怪談ナイト開催発表! >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. UNIT 6th Anniversary Premier Showcase feat. Cluster@代官山UNIT (Cluster、Boris、evala 他)

代官山のクラブ/ライブハウス、UNITがオープン6周年を迎えたということで、それを記念するイベント、

UNIT 6th Anniversary Premier Showcase feat.Cluster

に行ってきました。

イベントとは関係ないけど、
UNITといえば思い出すのが、UNITができる前にはここに「夜光虫」ってBARがあって、
自分が大学生の時のサークルの忘年会の2次会で使ったそのバーがここだったこと。

懐かしい。


と、無駄話は置いといて、
主な出演者は以下。

LINE UP:
SPECIAL LIVE : Cluster

LIVE :
Boris / evala

DJ :
Fumiya Tanaka / KENJI TAKIMI / TEN
VJ : SO IN THE HOUSE

SALOON (B3F) "DREAM MATCH"
YoshikiYone-KoKazuhiro TanabeKo-JaxDJ MasdaMiyabi

UNICE (B1F CAFE)
L?K?OINNER SCIENCEタカラダミチノブAmetsubHiyoshi


目玉は何と言ってもClusterクラスター)。

ハンス・ホアキム・ローデリウスディーター・メビウスによる、ジャーマンプログレ/クラウトロック、そして電子音楽のパイオニアともいえる伝説的ユニット。


そんな大御所の他にも多数のDJを含む出演者がいっぱいで、今回は、UNITのほか、SALOONUNICEの2フロアも全面開放して3フロアで同時進行。


私はスタートから1時間半くらい過ぎたとこで会場に到着。

とりあえずメインフロア以外の2フロアもちらちら見ながらも基本はメインで。

以下、簡単に。


まずは、日本のヘヴィロック/ポストハードコアバンドBorisのライブ。
(今話題の映画『告白』のサントラにも参加してます)

登場するなり銅鑼が打ち鳴らされ耳がやられた・・
そして、Vo.TAKESHIのベースとダブルネックになってるギターに目が釘付け。

そして、鳴らされる轟音。
Wataがメインヴォーカルを取った2曲目以外は、全て轟音が鳴らされた。

初っ端からなかなか濃いものを見たな。


Borisが終わり、DJプレイを聴きつつ、ちょっと休憩。


そして、深夜1時半。
いよいよメインのClusterが登場。

出てきた2人は、気さくなおじさん(おじいさん?)てな風貌でした。


機材を挟んで向かい合う2人が音作っていく。

ダンスミュージックとしての電子音楽というよりも、アンビエント/ドローンなサウンドであるため、速攻性があるわけではないけど、徐々に徐々に彼らの音にのまれていく感じ。

まぁあまりにもストイックな感じだったため、途中で抜けてく人が結構いたのは残念でしたが。

それにしてもバックで流れてる映像が気になった。

どっかヨーロッパの田舎っぽいとこの建物で、そこから農夫みたいなおっさんが出てきて歩いて行ったり、戻ってきたりするだけの映像がただひたすらとリピート。

これが延々と1時間流れてるのはちょっとつらかった。

ま、そんなこともいいつつ、最後のほうはやっぱり盛り上げて終わってくれました。

客のアンコールにも応えて、予定時間より長くやってくれたし。


今年前半に見たクラウス・シュルツのように座席指定の会場で落ち着いて見てみたい気もしましたが。


クラスター終りで人がごった返す中、各フロアをプラプラ。

あ、この時お客来てたと思われるロックバンドHiGEのギターの斎藤氏を見かけた。
最近彼らのライブを見たばかりだったのでちょっとビックリ。


そんなこんなあって、お次はevalaを見る。

かなり変わった音を鳴らしてた。

なんかAphex TwinとかAutechreあたりの曲で出てきそうな尖がった音を鳴らしてたんだけど、ちょっと踊るには難しいし、ずっと聴いてるには先鋭すぎて途中で退散してしまいました。。


で、またプラプラして戻ってきて、田中フミヤのプレイで軽く踊ってから、会場を後に。


なかなか濃いイベントでした。

7周年は誰を呼んでくれるのか今から楽しみ♪

【サイト内関連記事】
Michael Rother × OGRE YOU ASSHOLE@代官山UNIT 『DELAY 2016』 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(0)  
2010年07月04日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails