<< Drunk Girls / LCD Soundsystem (This Is Happening 収録) home FEEDER@代官山UNIT 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2010年代)
  3. Harrowdown Hill / Thom Yorke (The Eraser 収録)

 現代最高のロックバンドとしばしば評されるRadioheadレディオヘッド)の頭脳、Thom Yorkeトム・ヨーク)が2006年にリリースしたソロアルバム『The Eraser』(全英3位・全米2位)。プロデュースはレディオヘッドの第6のメンバーと言っても過言ではないNigel Godrichナイジェル・ゴドリッチ)。

 "Harrowdown Hill"はそこからの1stシングル。限定盤として発売され全英23位を記録。跳ねるようなベースと、エレクトリックなビート。『Kid A』期のレディヘをさらに陰鬱に、しかしメロディアスにしたようなサウンド。よりトム・ヨークその人に近づいたって感じでしょうか。ちなみにトムはこの曲について、「自分がこれまでの人生で書いた曲で、一番怒りに満ちた曲」と語っています。曲のテーマとしては、2003年のイラク戦争関連でイギリスの生物兵器の専門家デビッド・ケリー博士が不審な自殺を遂げたことについて書かれています。この事件の内容はこの辺のサイトに詳しく書かれますので興味のある方は読んでみては?

 そんなトムのソロですが、『Spitting Feathers』ってEPやリミックスアルバム等を出してた後は、ご存知のようにレディへ本体のほうの活動が再開し名作『In Rainbows』のリリース、そしてツアーがあって、ソロのほうは単発のライブがいくつかあったのみだったんですが、それが2009年からまた本格化。しかも、今作の収録曲から名前をとってAtoms for Peaceアトムズ・フォー・ピース)って名前のバンドに発展。さらにそのメンツがヤバい。

・Atoms for Peace member
Thom Yorke – lead vocals, guitar, piano, keyboards, percussion
Flea – bass guitar, melodica
Nigel Godrich – keyboards, guitar, backing vocals, percussion
Mauro Refosco – percussion
Joey Waronker – drums

 レッチリのフリーって・・・。この"Harrowdown Hill"とかフリーのベースで聴けたらかなりカッコイイだろうなぁ。

 そして、この編成でなんとフジロックフェスティヴァルへの出演が決定。ついにトム・ヨークが苗場に降臨です。はぁもう興奮して寝れない日が続きそうです。。

・Thom Yorkeの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Thom


【サイト内関連記事】
ALL I NEED / RADIOHEAD (IN RAINBOWS 収録)
Where I End and You Begin (The Sky is Falling in.) / Radiohead (Hail to the Thief. 収録)
ANYONE CAN PLAY GUITAR / RADIOHEAD (PABLO HONEY 収録)
POP IS DEAD / RADIOHEAD (POP IS DEAD 収録)
PROVE YOURSELF / RADIOHEAD (PABLO HONEY 収録)
my iron lung / RADIOHEAD (the bends 収録)
There There. (The Boney King of Nowhere.) / Radiohead (Hail to the Thief 収録)
RADIOHEAD Japan Tour 2008@さいたまスーパーアリーナ 2日目
【同じカテゴリの最新記事】
・Thom Yorke "Harrowdown Hill"


・Atoms for Peace (FIRST SHOW EVER) play "Harrowdown Hill" at the Echoplex
カテゴリ : UK Rock (2010年代) ・ comments(0)  
2010年06月28日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails