<< ニライカナイ / Cocco (エメラルド 収録) home クラムボン@ヨコハマ創造都市センター 1F ホール(YCC) clammbon tour「2010」 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. Progressive Rock
  3. Hocus Pocus / Focus (Moving Waves 収録)

 オランダのプログレバンド、Focusフォーカス)の1971年リリースの楽曲"Hocus Pocus"(邦題「悪魔の呪文」)。全米9位、全英20位を記録したヒット曲。この曲の収録された2ndアルバム『Moving Waves』もアルバムチャートで米8位、英2位の大ヒットとなりフォーカスの代表作として知られています。

・Focus - Hocus Pocus Live '73


 なぜ今日この曲かというと、本日6月11日よりサッカーのワールドカップ2010がついに開幕したんですが、このW杯に合わせて制作されたスポーツ用品メーカーのNIKEのCM「WRITE THE FUTURE 未来をかきかえろ」でこの曲が使われていたから。

・NIKE FOOTBALL WRITE THE FUTURE - FULL LENGTH VERSION


 初めてこのCMを観た時、超面白い!って思うと同時に、イングランド代表のウェイン・ルーニーがメインになるシーンで流れ出すこの曲に耳が釘付けになりました。Jan Akkerman(ヤン・アッカーマン)による、リッチー・ブラックモアばりにテクニカルなブリティッシュハードロックを想起させるギターもさることながら、Thijs van Leer(テイス・ヴァン・レール)のヨーデルヴォイスに一発ノックアウト。彼の弾くオルガンもむっちゃかっこいいのですが、途中で飛び出すフルートにさらにやられてしまいました。

 とにかく、今日から始まるW杯で、ルーニーが活躍しちゃった日にはこの曲が頭の中をエンドレスリピートしてしまいそうです。同じような人がいるのか、イギリスでは、今年の6月6日付のチャートでこの曲が57位に再登場しています。あ、日本と対戦するオランダのバンドなので、オランダ戦の時もエンドレスリピートになりそうな予感・・・

 ちなみに私がこのCMで他に把握できた選手は、ディディエ・ドログバ、ファビオ・カンナバーロ、フランク・リベリー、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガス、ジェラール・ピケ、ロナウジーニョ、クリスティアーノ・ロナウド。他にもまだまだいるのかな?

 話をFocusに戻します。実は私自身フォーカスは、この曲だけたまたま持っていたクラシックロックのコンピに入っていたので以前から知ってたのですが、これを機に『Moving Waves』を聞いてみました。すると、1曲目を飾るこの曲以降は、インスト主体のクラシカルな雰囲気漂うヨーロピアンなサウンドでビックリ。タイトルトラック"Moving Waves"で歌ってる人とこの"Hocus Pocus"で歌ってる人が同一人物だとは思えないくらい。しかし、これがまたいいんだ。23分を超える組曲形式になっているラスト曲もかなり良いです。他のアルバムも聞いてみたくなりました。


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Progressive Rock ・ comments(0)  
2010年06月11日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails