<< くるり@NHKホール 「くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜」 感想&セットリスト home 裸の太陽 / ユニコーン (裸の太陽 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. チャットモンチー@新木場STUDIO COAST 「顔 to 顔 ツアー」 感想&セットリスト

チャットモンチーのライブを観に新木場のSTUDIO COASTまで行ってまいりました。

カップリング曲を集めたアルバム『表情 〈Coupling Collection〉』を引っ提げてのツアー『顔 to 顔 ツアー』の東京2日目。
ツアー全体ではセミファイナルにあたります。
(ファイナルはバンドの出身地の徳島)

カップリングベストを引っ提げてのツアーってことで、そう、もちろんシングルのカップリング曲ばかりをやるツアー。
あれ?昨日はくるりで似たようなものを見に行ったような・・・


というわけで、私の中で2日連続「B面祭」であります。

何気にチャットモンチーのワンマンライブを観るのは今日が初めてだったりする。
初めてがこれでいいのか・・・

ちなみに初めて彼女たちのライブを観たのは2005年の年末のとあるイベント。
あの頃は、「これからでる私たちの1st("恋の煙")を聞いてください」とかMCで言ってたから、良く考えるとかなり初期のライブだったんだな・・・


ま、それはさておき今日のライブの感想を簡単に。

"愛捨てた"からライブはスタート。
ミドルテンポの曲から始まりましたね。

続く"RPG"と2曲連続シングル「染まるよ」のカップリング曲。
こちらはノリの良いナンバー。

最初の2曲を聞いただけでも、バラエティに富んでる上に、曲のクオリティの高さ、そして何よりも3人のプレイヤビリティーの高さに驚かされますね。


カップリング曲をやるツアーと聞いて、一番聞きたかったのは"湯気"。
この曲、昔から好き。
先述の初めて観たライブのときはやったのかどうかはっきり覚えてないけど、初期のころは結構ライブでやってたみたいで、昔TVKあたりの番組でライブ映像を流してて、録画したその映像は何度も観てた記憶があります。

というわけで念願の"湯気"。
どうやら人気があるようで、今日唯一客から「オイッ、オイッ」って掛け声も上がってました。
そして、やはりこの曲カッコよすぎる。。


そんなカッコイイ演奏をする3人は、MCでは方言丸出し。
中心になって仕切ろうとがんばるベースの福岡晃子をしり目に、ドラムの高橋久美子のおっとりしたしゃべりと、ギター橋本絵莉子のほわっとしたしゃべりでボケをかますという3人の掛け合いが楽しい。
なんか普段からこんなんなんだろうなってとこがいいね。


中盤では今ツアー恒例というご当地ソングコーナー。

なんと客から歌詞を募集して1曲作ってしまうという。
広島では"跳ねる土だんご"なる迷曲が生まれたのだとか。

で、今日の東京2日目でできた曲目は、"沼袋ドッグ"。

歌詞はこんな感じ。

・沼袋ドッグ 歌詞
大泉の母(母) 高尾山登る(登る)
いけふくろう様(様) 稲城市に移転(移転)

池袋にある原宿ドッグ
(池袋にあるブクロドッグ)
ピーポ君は好きかな?
(ピーポ君は好きかな?)

ピーポー(ピーポー)・・・

(カッコ内はコールアンドレスポンスの客のレスポンス部分です)

B面だけにB級なフレーズを集めたんですが・・・「沼袋」って。。
西武新宿線ですね。

B級で収まるかどうか・・・って、沼袋関係者(誰?)ごめんなさい。


それにしても、これに短時間でメロディをつけてしまうえっちゃんと、アレンジをしてしまう3人はすごい。
普段こうやって曲作ってんのかなぁって想像しながら見るとかなり面白いですね。


まぁそんな貴重な(?)場面も観ることができたりと、なんとも楽しいライブ。
あえてB面の曲ばっかりやると言われずにこのセットリストでも普通に納得できてしまうような・・・

捨て曲なしなんてよく言うけど、まさにそれ。

MCでも言ってたけど、確かにこの曲群があまり聞かれずにいるのは本当にもったいないですね。


カップリング曲ながらCMソングにもなった"バスロマンス"や"three sheep"などをやって本編終了。


結構時間が空いてアンコール。

本編では3人とも黒と白のボーダーのシャツ着てたけど、それもツアーTに着替えてたね。

で、曲をやる前に物販の宣伝等々。
なんかこれも昨日見たくるりを彷彿させる。。

「普段よりかわいく見える鏡」やら、「普段より電話がかかってくる携帯ストラップ」やら、「えっちゃんの声がさらに天使のように聞こえるイヤホンアクセサリー(イヤホンカバー?)」やら。

そして、クミコンの詞の個展が開かれることと、10月に新曲のリリースがあることが発表されました。

楽しみですねぇ。


それからアンコール。

B面の曲ばっかりやってたらA面の曲もやりたくなると言って、"Last Love Letter"と"シャングリラ"の2連発。

まぁ曲のクオリティの差はB面曲とそれほどの差は感じないものの、盛り上がりの違いは歴然といえば歴然。
そういう意味では、普段やらない曲にスポットを当てるのはいいですね。


シメは、またカップリング曲に戻って、『表情』でもラストを飾る"推進力"。


楽しかった。

でもなんだかんだで普段のライブも観たいと思っちゃうのは仕方ないですね・・・


以下、セットリスト。

2010.06.03 チャットモンチー@新木場STUDIO COAST Setlist 

01. 愛捨てた (9thシングル「染まるよ」)
02. RPG (9thシングル「染まるよ」)
03. 手の中の残り日 (2ndシングル「恋愛スピリッツ」)
04. 湯気 (1stシングル「恋の煙」)
05. 小さなキラキラ (3rdシングル「シャングリラ」)
06. 春夏秋 (4thシングル「女子たちに明日はない」)
07. ドッペルゲンガー (7thシングル「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」)
08. 片道切符 (10thシングル「Last Love Letter」)
09. 沼袋ドッグ(ご当地曲東京ver)
10. 迷迷ひつじ (3rdシングル「シャングリラ」)
11. 意気地アリ (7thシングル「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」)
12. コスモタウン (6thシングル「橙」)
13. Y氏の夕方 (2ndシングル「恋愛スピリッツ」)
14. リアル (6thシングル「橙」)
15. Good Luck My Sister (10thシングル「Last Love Letter」)
16. バスロマンス(4thシングル「女子たちに明日はない」)
17. three sheep (8thシングル「風吹けば恋」)
---encore---
18. Last Love Letter
19. シャングリラ
20. 推進力 (8thシングル「風吹けば恋」)

【サイト内関連記事】
VINTAGE × DI : GA 2005@CLUB QUATTRO(チャットモンチー、bonobos、Sparta Locals 他)
ハナノユメ / チャットモンチー (chatmonchy has come 収録)
シャングリラ / チャットモンチー (Shangrila 収録)
Yes or No or Love / チャットモンチー (変身 収録)
こころとあたま / チャットモンチー (こころとあたま / いたちごっこ 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(0)  
2010年06月03日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails