<< フジロック2010、ステージ別アーティスト発表 home チャットモンチー@新木場STUDIO COAST 「顔 to 顔 ツアー」 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. くるり@NHKホール 「くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜」 感想&セットリスト

くるりの「くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜」のツアー2日目、東京初日のNHKホール公演に行ってきました。
(ちなみにツアータイトルに意味はないそうです・・・)

これまでのシングルのカップリング曲を集めたカップリングベスト『僕の住んでいた街』のリリース(くるり初のオリコン1位獲得!!)を引っ提げてのツアーです。


2010年初くるりかなぁ。
昨年末のCDJ(ユーミン登場とかありましたね)以来か。
指定席で見るくるりなんて、何年振りだろう・・・

ホール3階席で、マッタリとですよ。
ある意味贅沢。


セットリストは下のほうに載せてありますが、カップリングベストを引っ提げたツアー、要するにB面曲をとことんやるライブです。

最初に断っときますが、私、『僕の住んでいた街』聞いてません。。
くるりはアルバムは結構聞いてるだけど、シングルのカップリングはあまり・・・
ということで、8割方初めて聞く感じです。。


開演時間を10分ほど過ぎたころにメンバー登場。
メンバーは、岸田繁佐藤征史、ドラマーもお馴染み54-71ボボの3人。


1曲目は、"東京レレレのレ"。
これはYouTubeで予習してった。
沖縄っぽいメロディがイイ!
演奏中、上から桜吹雪が降ってきて、ステージを埋め尽くす。
曲の最後にバックのスクリーンの幕が開き、真っ赤なバックになったときはちょっと興奮した!


早速MCで今日はカップリング曲と新曲以外はやらないと宣言。
「愛知ではワンダーフォーゲルやっての声が上がったけど、絶対やりません」
と。

そりゃ、聞きたいけど、いいのさ、今日はそれ覚悟できてるから。
こんなセトリのライブなんてなかなか体験できないだろうし。

てか、初めて聞く曲ばかりだけど、どれも前から知ってる曲のようにすんなり耳に入ってくる。
どの曲にもしっかりくるり節がしみ込んでいるというか。

ライブでは初披露するという曲も多かったらしいのですが、演奏も全然滞りなく。
あんまりイメージなかったけど、くるり、演奏上手い!


"サンデーモーニング"での佐藤のコーラスとかもヤバかったなぁ。


カップリング曲意外の新曲群をどどーんと披露。
岸田が「新曲を続けてやるって言いましたが、1曲終わるごとに7分くらいチューニングする」とかMCがね、くるりっぽくてまたよいのです。

まぁ新曲と言われても今日の私にとってはほとんどの曲が新曲同様だったりしますが・・・


新曲が終わり、ここでやっと知ってる曲が。
"ガロン"です。
ま、知ってると言ってもアルバムMixのほうですが。

この曲ができた時は、A面としてリリースしようとしたらしいですよ。。


そして、「人気のある"ばらの花"のカップリングになぜこの曲を選んだのか・・・」と岸田本人すら思う"イメージファイト"。
スラッシュメタルというか。
ちなみにこれも知ってました。


続く"BLUE NAKED BLUE"では「喉の弱い岸田」に代わって佐藤がメインヴォーカルの曲。


そんな感じで、カップリング曲だけあって、アルバムの世界観からも自由に制約のない曲が続いていき、バラエティ豊かな感じですすむ。


ここで、今日のセットの中では群を抜いて有名(だと思う)"すけべな女の子"。
この曲は普段のライブでもやってるし、くるり初期のころからある名曲中の名曲ですよね。
まぁあらためて言うまでもないですが、すごいタイトルだよな・・・



客席から「1位おめでとー」との掛け声が飛ぶ。

これを受けての岸田のMC。(以下、うろ覚え)
「くるりは、1位をとりたいという気持ちがあるバンドだったと」
そして、
「昔ある女性アーティストのライブを見に行ったときに、その彼女が「私はステージの上ではお姫様になれるけど、ステージを降りると普通の人」って言ってた。僕らもそう。今日も電車で来た。」
みたいな話をしてた。

これどっかで聞いたなぁと思ったら、あれだ、Coccoだ。
活動休止前の武道館で言ってたんだ。
スペシャで放送されてたのを観た記憶がある。


売れてても売れてなくても、くるりはくるりのままでいてほしいな。


7月にシングルとしてリリースが決まっている"魔法の絨毯"って曲も披露。
岸田「絨毯についての曲です・・・(笑)」
ってそのまんまやん。。
本人も「シリアスな曲やのに・・・」って言ってましたが。


早いもので、本編ラスト。
"地下鉄"。
ずっとやりたかったけど、できなかった曲らしい。
すごい練習したんだって。

確かに演奏難しそうなアレンジ。
てか、超かっこいい。

今ツアーに限らず、今後も絶対やってほしい。


本編終わり。
アンコールを求める拍手。
うん、もっと聞きたい。


と、ここで最近のお決まりなのか、佐藤1人出てきて物販紹介。
(昨年、Zepp Tokyoでワンマン観た時もやってたね)

まずは9月にくるり主催で京都でおこなわれる「京都音楽博覧会2010 IN 梅小路公園」のお知らせ。
それからグッズ紹介。
もうどれもこれも「これからの季節にピッタリ」なグッズばっかり(笑)

社長のMC面白いわー。


そして、アンコール。
1曲目は"サマースナイパー"でバンジョーが登場。
なんかほっこり。
岸田の社会の窓も全開で(笑)


最後の最後は"尼崎の魚"でシメ。

デビューシングル"東京"のカップリング。

"東京"は名曲すぎる名曲だけど、カップリングもヤバい。
なんて素敵なシングルでデビューしたんだ、くるりってバンドは・・・


"東京"でくるりを知って今年で12年。

増えたり減ったりして今は2人になっちゃったけど、やっぱりくるりっていいなぁって再認識した。

そして、まだまだ聞いてない曲もいっぱいあるし、新しい曲も出るだろうし、これからもくるりから目が離せないと思ったライブ。

以下、セットリスト。

2010.06.02 くるり@NHKホール くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜 Setlist

01. 東京レレレのレ
02. ノッチ5555
03. サンデーモーニング
04. 温泉 (新曲)
05. さよならアメリカ (新曲)
06. 麦茶 (新曲)
07. 目玉のおやじ (新曲)
08. ガロン
09. イメージファイト
10. BLUE NAKED BLUE
11. ギター
12. The Veranda
13. さよなら春の日
14. すけべな女の子
15. ベーコン&エッグ
16. pray
17. 魔法のじゅうたん (新曲)
18. 地下鉄
---encore---
19. サマースナイパー
20. 尼崎の魚

■くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜
2010/5/31(月) 愛知県芸術劇場 大ホール
2010/6/2(水) NHKホール
2010/6/3(木) NHKホール
2010/6/5(土) グランキューブ大阪 メインホール
2010/6/7(月) 京都会館 第一ホール

【サイト内関連記事】
くるり@Zepp Tokyo くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜 感想&セットリスト
glory days / くるり (坩堝の電圧 収録)
くるり@日本武道館 感想&セットリスト
Liberty & Gravity / くるり (THE PIER 収録)
GRAPEVINE / くるり 『MUSIC COMPLEX 2014 winter』@豊洲PIT 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(0)  
2010年06月02日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails