<< 幻の命 / 世界の終わり (EARTH 収録) home BRASSNECK / THE WEDDING PRESENT (BIZARRO 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ (山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナ、カヒミ・カリィ+菊地成孔) 感想&セットリスト

ゴールデンウィークですね。
とはいいつつ毎日のように仕事ですが、その間を縫ってJ-WAVEと六本木ヒルズ主催の『TOKYO M.A.P.S』というフリーイベントに行ってきた。
@六本木ヒルズアリーナ。
今年2010年で3回目の開催。

第1回目の一昨年は、GO!GO!7188のフリーライブがあって見に行きました

今回はイベントのオーガナイザーに、東京ザヴィヌルバッハDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、ソロ等々さまざまな形態で活動するサックス奏者・エッセイスト・大学講師の菊地成孔(きくちなるよし)を迎えて開催。

5月3日、4日と2日間にわたって開催されましたが、私が見れたのは2日目の後ろの2組だけです。

まずは山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナ
今日のお目当て。

日本を代表する超大物ジャズピアニストの山下洋輔のライブがただで観れるなんておいしすぎです。
で、今回は小学生のころから天才少女と言われていたというサックス奏者、寺久保エレナ(なんとまだ高校生)をフィーチャーした形で、バックにも若手ジャズミュージシャンを従えて。

まずは、山下&エレナに加えベースに楠井五月、ドラムに長谷川学という編成で。
寺久保エレナのアルトサックスも私のような素人目にもその上手さがビシバシ伝わってくるものでしたが、山下さんのピアノはやはり別格でしたね。

ちなみに1曲目は、寺久保エレナが最近レコーディングした(しかもNY録音)デビューアルバムのタイトルトラックの"North Bird"だそうです。
曲が終わるたびに山下さんの解説が入るんですが、そこで触れていたんですが、寺久保エレナは小学生の時にチャーリー・パーカーをマスターしてしまったんだとか。
うーんすごい。
もちろん、チャーリー・パーカーといえば、愛称がバード(もしくはヤードバード)ですね。
そして、北海道出身の寺久保エレナ。
まさに「北のチャーリー・パーカー」ってとこでしょうか。

その後も若手ピアニストの若井優也などが加わったりしながら演奏が続いて行きました。

どの曲もすごくよかったんですが、最後にやった山下洋輔の"Kurdish Dance"が軽くちびってしまいそうなくらいかっこよかった。

最後のほうとかほとんどインプロだったのかな?


山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナが終わり、次のライブまで2時間ほど時間があるので軽く六本木ヒルズを1時間ほどプラプラしてきて、アリーナに戻ってくると、次のカヒミ・カリィ+菊地成孔が普通に本人が音合わせしてた。

で、良く見ると、2人のほかに大友良英Jim O'rourkeジム・オルーク)がいるし。
むちゃくちゃ豪華。
なんでも、2人はカヒミ・カリィと一緒にツアーを回ったりしてたらしいです。

てか、ジム・オルークはまだ東京に住んでるのね。。
さっさとアメリカ帰ってプロデューサーやるなり自身の活動するなりすりゃいいのに。。

と、そんな音合わせの約1時間後、そんな感じのメンバーでのライブ。


辺りはすっかり暗くなって、昼間の陽気から一転、ひんやりとした夜の空気に。
そんな空気にカヒミ・カリィのウィスパーヴォイスがハマりすぎ。

まずは、カヒミ&大友&ジムの3人の演奏とタップダンサー熊谷和徳(後で知ったんだけど、カヒミ・カリィの旦那さんだそうです)のコラボレーションから。

タップのビートと軋みとささやき声、静謐な雰囲気を切り裂くように時折入ってくる大友&ジムの弦楽器というなかなか面白いコラボでした。


もちろんライブ中盤ではオーガナイザーの菊地成孔も登場し、歌とサックスを聴かせてくれました。

最後は、カヒミ&大友&ジム&熊谷&菊地の全員でのセッションで終了。
なんとも豪華な一夜になりました。


ちなみに、2日間の出演者リストはこんな感じ。

・5月3日
矢野沙織
J.A.M
quasimode
菊地成孔クインテット・ライブ・ダブ
naomi & goro

・5月4日
口口口(クチロロ)
坪口昌恭
BEATSICK.JP
カヒミ・カリィ
山下洋輔
寺久保エレナ


以下、セットリスト。

2010.05.04 TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ Setlist

・山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナ
01. North Bird
02. It's You or No One
03. Tim Tam Time
04. Like the Sunlight
05. Kurdish Dance

・カヒミ・カリィ+菊地成孔
01. 呼読
02. Divers
03. He shoots the sun
04. The Look of love
05. This guy's in love with you
06. KISKI
07. You are here for a light

【サイト内関連記事】
GO!GO!7188@六本木ヒルズアリーナ(TOKYO M.A.P.S) 感想&セットリスト
TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ (安藤裕子、TYTYT 他)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(0)  
2010年05月04日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails