<< アルクアラウンド / サカナクション (kikUUiki 収録) home フジロック2010、出演アーティスト第2弾発表 >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 目が明く藍色 / サカナクション (kikUUiki 収録)

悲しみの終着点は喜びへの執着さ 藍色の空が青になる その時がきたら いつか いつか♪

 北海道出身の5人組、サカナクションが前作『シンシロ』以来約1年ぶりとなる4thアルバム『kikUUiki』を2010年3月17日にリリース。タイトルは、海水と淡水が交わる水域「汽水域」から創られた造語。漢字で書くと「汽空域」と書くようです。ロックとクラブミュージック、田舎と都会など、本来相容れないものが混ざり合うところという意味が込められているらしい。

・サカナクション - 目が明く藍色(MUSIC VIDEO)


 この"目が明く藍色"はそんな『kikUUiki』を1曲で表現している曲であるとVo.の山口は語っています。山口が9年前からあたためていた楽曲で、「今のサカナクションであり、今後のサカナクションの始まりでもある曲と断言できる曲」とも語っています。

 まず最初に聴いて印象に残るのは、やはりなんと言っても、合唱コンクールのようなコーラス部分でしょう。雰囲気としてはQUEENの"Bohemian Rhapsody"といった感じ。そして、後半のストリングスとコーラスによって上昇していくエンディングがカッコよすぎてやばいです。この曲を聴いてるとくるりに通じる「和と洋」、「ポップさとマニアックさ」が交じり合った、まさに「kikUUiki」な雰囲気を感じます。後は、アルバムジャケットの藍色と青色が混ざり合う様子とこの曲の歌詞がマッチしてて良いですね。

 「目が明く藍色」という不思議な日本語ですが、歌詞ではカタカナで「メガアクアイイロ」となっています。その後に同じくカタカナで「メガアカイイロ」とも出て来るのですが、これをそれぞれローマ字で表記すると「MEGAAKUAIIRO」と「MEGAAKAIIRO」となりその2つの間には「U」が欠如しています。つまり「U」=「You」=「君」と考えると、「君がいないと目が赤い色になる」となるというトリックがあるんだとか。それを踏まえつつ歌詞を読み解いていくとまた違った味わいがありますね。アルバムタイトルも「U」だけが大文字になっているのも面白い。作品に触れる人それぞれにとっての「U」が誰になるかで違った解釈ができるのも面白いです。

 "目が明く藍色"はアルバムのリード曲にもなっていて、ミュージックビデオも作られています。彼らのPVは凝ったものが多いので、これも必見。YouTubeで積極的にPVを公開してるのもいいですね。最近、「埋め込み禁止」とかにされてるPVも多いですが、あれってほんと意味不明だと思うんですが・・・。

 と、話がそれましたが、アルバムの他の曲についても簡単に触れておきます。

 新たな何かが始まる予感を感じさせる冒頭2曲"intro = 汽空域"〜""から、前作収録の"ネイティブダンサー"のような切ないファルセットが印象的な"YES NO"、先行シングル"アルクアラウンド"、「僕らしさをみつけたら それが全て 全ての始まりです」と激しいギターサウンドで歌われる"Klee"、ライブでもきっと披露されるであろうインスト曲"21.1"。

 そんなインストをはさんで、Kraftwerkとギターロックを融合させたような"アンダー"、Underworld等の90年代テクノっぽい雰囲気のある"シーラカンスと僕"、四つ打ちのビートが気持ちいいダンスナンバー"明日から"、女性メンバーのコーラスが印象的なラブソング(?)"表参道26時"、東京に出てきたばかりのころを歌ったかのような歌詞をもつ""、そしてこの"目が明く藍色"とバラエティに富んだ楽曲が集まっています。さらに初回限定盤にはダビーなナンバー"Paradise of Sunny"が収録されています。

 そしてどの曲も日本語で綴られており、全ての曲がアルバム『kikUUiki』の世界観を構成しているところがいいですね。個人的には日本語を大事にしてるバンドって好きです。それにしても、00年代後半に登場したバンドの中でメキメキ頭角を現し、2010年代の日本のロックシーンを担う存在と目されていたサカナクションのこの新作への期待感はかなり大きかったと思うけど、その期待に潰されることなくこの力作を出してきたのは凄いと思います。正直、"アルクアラウンド"のようなハイパーな楽曲を集めて1つのアルバムを作ることもできたと思うし、そのほうが売れるような気もするけど、今作のようなある意味地に足の着いた作品になったことで、長く愛聴できる作品になっていると思います。

 そして、新作が出たら気になるのがライブ。私は昨年結構彼らのライブを見ることができましたが、毎回ほとんど同じセットリストで、そろそろ飽きがきはじめてたんですが、今作の曲が加わることによって確実に変わるので楽しみですね。現在発表されてるツアースケジュールも下の方に載せておきます。


サカナクション -『kikUUiki』収録曲リスト
1. intro = 汽空域 (0:53)(作曲:サカナクション)
2. 潮 (5:20)(作詞:山口一郎 作曲:山口一郎・岩寺基晴)
3. YES NO (3:57)
4. アルクアラウンド (4:23)
5. Klee (4:16)
6. 21.1 (4:04)(作曲:サカナクション)
7. アンダー (4:35)
8. シーラカンスと僕 (5:10)
9. 明日から (4:02)
10. 表参道26時 (4:16)
11. 壁 (3:36)
12. 目が明く藍色 (6:55)
bonus track
13. Paradise of Sunny (6:17)(初回限定盤のみ収録)(作曲:サカナクション)
※クレジットに記載のないものは全て作詞・作曲は山口一郎
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
サンプル / サカナクション (NIGHT FISHING 収録)
ネイティブダンサー / サカナクション (シンシロ 収録)
Ame(B) / サカナクション (シンシロ 収録)
アルクアラウンド / サカナクション (kikUUiki 収録)
サカナクション@日本武道館 「SAKANAQUARIUM 21.1 (B)」 感想&セットリスト
BOOM BOOM SATELLITES→サカナクション@新木場STUDIO COAST
夜の踊り子 / サカナクション (夜の踊り子 収録)
朝の歌 / サカナクション (sakanaction 収録)
ユリイカ / サカナクション (グッドバイ/ユリイカ 収録)
サカナクション@Tokyo Dome City Hall 感想&セットリスト #sakanaction
新宝島 / サカナクション (新宝島 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
『SAKANAQUARIUM 2010“kikUUiki”』
4/02(金) 大阪@なんばHatch
4/09(金) 愛知@名古屋CLUB DIAMOND HALL
4/11(日) 新潟@CLUB JNUK BOX
4/16(金) 宮城@仙台DARWIN
4/17(土) 福島@郡山HIP SHOT
4/24(土) 鹿児島@CAPARVO HALL
4/25(日) 福岡@DRUM LOGOS
4/28(水) 広島@NAMIKI JUNCTION
4/29(祝) 岡山@IMAGE
5/01(土) 京都@MUSE
5/02(日) 石川@金沢AZ
5/08(土) 北海[email protected] SAPPORO
5/15(土) 東京@新木場スタジオコースト

(2017.03.21最終更新)
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0)  
2010年03月19日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails