<< Mind Eraser, No Chaser / Them Crooked Vultures (Them Crooked Vultures 収録) home ISIS@Shibuya O-EAST 「TOUR IN JAPAN 2010」 (Special guest:BARONESS) 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. Placebo@赤坂BLITZ 「Japan Tour 2010」 感想&セットリスト

UK出身のバンド、Placeboプラシーボ)のジャパンツアー2010の初日、赤坂BLITZ公演に行ってきました。

昨年のSUMMER SONICでも観ましたが、フルセットで観たくて行って来ました。

ほぼ定刻どおりに暗転し、バックのスクリーンに最新作『Battle For The Sun』のジャケットのように太陽の映像が映し出される中、メンバー登場。

Brian Molko(ブライアン・モルコ)、Stefan Olsdal(ステファン・オルスダル)のオリジナルメンバー2人と、2008年加入のドラマーSteve Forrest(スティーブ・フォレスト)の3人に加え、サポートで3人。
昨年のサマソニの時にかなり目を奪われた、あのブロンド美女もいました♪
(Fiona Briceって名前らしいです)

そんな6人編成でライブスタート。

1曲目は最新作から"For What Its Worth"。
いきなり赤坂ブリッツの床が揺れるほどの盛り上がり。
バックのスクリーンの映像も効果的に使われてて、カッコイイ。

上半身がタトゥーで埋め尽くされたドラマー、スティーヴは見た目の厳つさと若さに、パワフルなドラミングがあって、激しい曲にすごくマッチしててイイ!

続く2曲目、"Ashtray Heart"もキャッチーなコーラスがあってすごく盛り上がる。

そして、個人的には前半のハイライト、"Battle For The Sun"。
この曲の重厚さと、緩急のついた曲展開が無茶苦茶かっこよくて好き。
例の金髪美女フィオナのエレクトリック・ヴァイオリンが曲の重厚さをさらに増してて超カッコイイ。

ちなみに彼女はヴァイオリンのほか、キーボードやテルミンを演奏。
他のサポートの2人も、キーボード弾いたり、ギター弾いたり、ベース弾いたりと、かなりフレキシブルな編成でした。
で、途中で気づいたけど、ステファンはメインでギターを弾いてたけど、彼がベースを弾くときの曲は、たいていベースのフレーズがカッコイイ曲だった気がする。

と、話が脱線したけど、"Battle For The Sun"が聴けて大満足。
直前のオーストラリアツアーではたまにやらない日があったりしたのでちょっと心配だったもので。
曲の最後に合唱とかも起こって超良かった。

ここからしばらくミドルテンポの曲が続き、ブライアンの歌に聞きほれる。

そして、"Every You Every Me"で再び爆発。
モッシュが起こる。
プラシーボといえば、本国イギリスやヨーロッパでの人気は絶大なもので、フェスではヘッドライナー級、アリーナクラスの会場でライブをするビッグバンドだったりするので、客もかなりの割合で外国人がいて、ガタイのよい彼らのモッシュはすごかったね。。
ま、激しさでは日本人の方が勝ってたような気がしたけど。
てか、今回のライブではダイバーまでいましたね。
"Breathe Underwater"の時の盛り上がりとかすごかった。

それにしても『Battle For The Sun』収録の曲って、激しい曲はさらに激しく、壮大な曲はさらに壮大に、ライブで聴くとさらに魅力的なサウンドになっててすごく良い!
後半の"Come Undone"とか超良かった!!

とりあえず"Devil in the Details"で新作モードは一段落し、次の"Meds"
から過去曲のオンパレード。
彼らをビッグバンドにしていった名曲たち。
昨年のサマソニまで何年も来日してなかった分を一気に堪能。

"Special K"〜"The Bitter End"の超最高な盛り上がりで本編終了。
もちろんアンコール!
ちなみにアンコールを待つ間、バックのスクリーンには裸の女性がくるくる回り踊る怪しい映像が流れてました。

そして、再び出てきたメンバー。
アンコール1曲目は今のところの最新シングル"Bright Lights"から。
アンコールはエレクトリックなリズムとギターサウンドが融合してるような比較的グルーヴィーなナンバーが続く。
"Infra-red"とか良かった!

そしてついにラストの"Taste in Men"。
海外のセットリストとか見てて、この曲でライブが終わるのは分かってたので、「あーもう終わりかぁ」って残念に思いつつも、それ以上にカッコイイ演奏に心奪われた。
前半はステファンが腕を組んで仁王立ちしてて、その姿が曲にマッチしてて超カッコよく、さらに中盤から一気に前に出てきて演奏に加わるとことかヤバカッタ。
大満足。

最後は、メンバー6人で肩を組んで挨拶して去っていきました。

それにしても、あんまり感想で触れなかったけど、ブライアンがかっこよすぎた。
もう40近いはずなのにデビュー当時と変わらぬルックス。
さらにパワーを増す楽曲群。

欧米の人気には負けるかもしれないけど、明日の赤坂ブリッツ2日目はチケットソールドアウトだし、日本にもっともっとライブしにきて欲しいですね!

以下、セットリスト。


2010.03.05 Placebo@赤坂BLITZ Setlist

01. For What Its Worth
02. Ashtray Heart
03. Battle For The Sun
04. Soulmates
05. Speak In Tongues
06. Cops
07. Every You Every Me
08. Special Needs
09. Breathe Underwater
10. Julien
11. The Never-Ending Why
12. Come Undone
13. Devil in the Details
14. Meds
15. Song To Say Goodbye
16. Special K
17. The Bitter End
---encore---
18. Bright Lights
19. Trigger Happy
20. Infra-red
21. Taste in Men

・PLACEBO JAPAN TOUR 2010 日程
3/5(金) 東京 赤坂 Blitz
3/6(土) 東京 赤坂 Blitz
3/8(月) 大阪 心斎橋 Club Quattro
3/9(火) 名古屋 Club Quattro

【サイト内関連記事】
PURE MORNING / PLACEBO (ONCE MORE WITH FEELING SINGLES 1996-2004 収録)
BATTLE FOR THE SUN / PLACEBO (BATTLE FOR THE SUN 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(2)  
2010年03月05日(金)

COMMENT
K    (2010.03.17 Wed 17:03)
>MIYA--Nさん
大阪のライブはいかがでしたか?
サマソニ大阪では残念なことになったので、大阪でのお客さんの期待度は東京の比じゃなかったのではないでしょうか。

日本でもソールドアウトになるくらい人気あるんだから、もっと頻繁に来日してほしいですね!
MIYA--N    (2010.03.06 Sat 00:46)
こんばんは♪ すごくいいライブだったみたいですね。読んでるだけでドキドキしてきました〜。
私は8日の大阪です!サマソニのリベンジも込めて期待してます。また明日も頑張ってほしいですね?
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails