<< Atom Heart Mother / Pink Floyd (Atom Heart Mother 収録) home ボクのために歌う吟 / plenty (拝啓。皆さま 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. JAZZ
  3. Don't Stop The Music / Jamie Cullum (The Pursuit 収録)

 UK JAZZ界の貴公子ことJamie Cullumジェイミー・カラム)が、前作『Catching Tales』から、ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたクリント・イーストウッドの映画『グラン・トリノ』の主題歌を挟んで、4年ぶりにオリジナルアルバム『The Pursuit』を発表。全英16位。アルバムタイトルは1940年代〜70年代に活躍したイギリス人女流作家Nancy Mitford(ナンシー・ミットフォード)の名作小説『THE PURSUIT OF LOVE』より取られています。

・Jamie Cullum - Don't Stop the Music


 そんな久しぶりの新作を何気なく聞いてたら、どっかで聞いたことあるメロディと歌詞が…。よくよく聴いてみると、Rihannaリアーナ)の大ヒット曲"Don't Stop The Music"じゃないですか!原曲は一時期毎日聴いてたくらいハマった曲だったので、それをジェイミーが歌ってるってだけで興奮。すっかりジェイミー節の曲になっててビックリしつつも、もちろん曲そのものの良さも折り紙付きなので、そのかっこよさに即やられてしまいました。それにしてもジェイミーのカヴァー曲のセンスの良さは文句のつけようがないですね。

・Rihanna - Don't Stop The Music


 コール・ポーター作のスタンダードをカウント・ベイシー・オーケストラとライブ録音した、それこそジャジーな1曲目"Just One of Those Things"から、疾走感のある"Wheels"、極上のバラードを聞かせる"Love Ain't Gonna Let You Down"、ロッキンな"Music Is Through"等など、相変わらずジャズという枠に収まりきらないサウンドを聞かせています。

 ちなみにアルバムタイトル『ザ・パースート』について、
これは「追及(Pursuit)の旅」、30才になって色んな変化があった。人生は旅そのもので、目的やゴールは問題じゃない。僕自身このアルバムで何かに手を伸ばそうとしてると思い『ザ・パースート』に決めたんだ
と、語っています。その話を聞くとなんか、グランドピアノが爆発しているジャケットが象徴的ですね。この"Don't Stop The Music"のミュージックビデオでもそんなシーンが出てきます。

 そして、なんと行ってもジェイミー・カラムといえば、ライブがすごい!初めてフジロックでライブ観たときは衝撃だった。朝一の出番だったのでマッタリ座って見ようかと思ってたら、座って見てなんかいられないくらいエキサイティングなライブでした。そんなジェイミーの来日が決定。日程は以下。ぜひ観にいきたい!

・Jamie Cullum Japan Tour 2010
大阪 4月5日(月)大阪NAMBA HATCH
東京 4月7日(水)JCB HALL (SEAT DAY)
東京 4月8日(木)ZEPP TOKYO (STANDING DAY)

【サイト内関連記事】
Don't Stop The Music / Rihanna (Good Girl Gone Bad 収録)
Lover, You Should Have Come Over / Jamie Cullum (Twentysomething 収録)
CATCH THE SUN / JAMIE CULLUM (CATCHING TALES 収録)
GET YOUR WAY / JAMIE CULLUM (CATCHING TALES 収録)
WISM? 2008@恵比寿ザ・ガーデンホール (JAMIE CULLUM、Soil & Pimp Sessions、MEDESKI MARTIN & WOOD、CYRO BAPTISTA and B


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : JAZZ ・ comments(0)  
2010年02月16日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails