<< HiM with 原田郁子 (from クラムボン)@Shibuya O-nest (竹久圏&L?K?O&ダグ・シャリン) home Joanna Newsom@早稲田奉仕園SCOTTHALL 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. Pearl's Dream / Bat for Lashes (Two Suns 収録)

 パキスタン系イギリス人、Natasha Khanナターシャ・カーン)によるユニット、Bat for Lashesバット・フォー・ラッシェズ)の2ndアルバム『Two Suns』。2009年にリリースされ、全英5位・全米141位を記録。1st『Fur and Gold』に続き、2010年のマーキュリー・プライズにノミネート(Brit Awardsでは彼女自身がBest Female Solo Artistにノミネート)。そんな作品の国内盤がやっと発売されました。

 この"Pearl's Dream"は、アルバムからの2ndシングルで全英173位を記録している曲。エレポップ(テクノポップ?)のようなシンセのメロディが印象的。ナターシャの息遣いまで聞こえる歌声が曲の雰囲気にすごくマッチしてます。後半どんどんとリズムが強調されて行く中歌われる"You know that it's time to go up, up, up, up, up"ってとこの文字通り上昇していくような感覚が、すごく耳に残りますね。ちなみにアルバムタイトル『Two Suns』とは、様々な事象の間にある二重性(二面性)を表しているようで、この"Pearl's Dream"における「Pearl」も、ナターシャのAlter Ego(オルター・エゴ = もう一つの自我)の象徴として描かれています。この曲のビデオに登場するもう1人の金髪のナターシャがパールなのでしょう。

 アルバム全体もジャケットのアートワークのように神秘的で、寓話チックな世界観が貫かれています。Bjorkあたりがよく引き合いに出されてますが、個人的にはビョークっていうよりもKate Bush(ケイト・ブッシュ)なイメージに近いように感じます。後は、今作を作るに当たって、しばらくの間ニューヨークに移り住み、アルバムに参加したYEASAYERGANG GANG DANCETV・オン・ザ・レディオMGMTらNY勢から大きなインスピレーションを得ているとのこと。確かにギャング・ギャング・ダンスに通じるようなトライバルで、どこかシャーマニックな雰囲気もありますね。ナターシャのエキゾチックなルックスの印象が強いだけかもしれないけど。あ、関係ないけど、ナターシャのお父さんは有名なスカッシュ選手らしいです。

 ツアーのオープニングに起用したRadioheadや、M.I.A.、意外なところでは、あのリンゴ・スターや、MUSEマシュー・ベラミーまでもが最近のお気に入りに挙げていたり、伝説的アーティスト、スコット・ウォーカーがゲストで参加した曲("The Big Sleep")があったり、アルバムからの1stシングルで全英TOP40ヒットとなった"Daniel"がMTV Video Music Awardで「breakthrough video of the year」を獲得したりと業界でも話題のBat for Lashes。要チェックですね。ライブには元AshCharlotte Hatherleyなんかがギターを弾いてるらしい。ぜひ来日もしてほしいです。



【サイト内関連記事】
HOUSE JAM / GANG GNAG DANCE (SAINT DYMPHNA 収録)
Golden Age / TV On The Radio (DEAR SCIENCE 収録)
Time to Pretend / MGMT (Oracular Spectacular 収録)
Kids / MGMT (Oracular Spectacular 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Bat For Lashes - Pearls Dream


・Bat for Lashes - Pearl's Dream (Live at Morning Becomes Eclectic)


・Bat for lashes Pearl's Dream Live Glastonbury 2009


・Bat For Lashes-''Daniel'' (Glastonbury 2009)
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(0)  
2010年02月07日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails