<< COUNTDOWN JAPAN 09/10 初日@幕張メッセ国際展示場1〜8ホール 感想&セットリスト Part1 home ユニコーン@幕張メッセ国際展示場 COUNTDOWN JAPAN 09/10 感想 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. COUNTDOWN JAPAN 09/10 初日@幕張メッセ国際展示場1〜8ホール 感想&セットリスト Part2

COUNTDOWN JAPAN 09/10の初日の感想、Part1に続いてPart2です。

民生の弾き語り後、涙を抑えEarth Stageへ移動し、筋肉少女帯をみる。
もうね、なんつーかこのステージを見てある意味救われた。
もう楽しもう!って感じ。
あ、フジロックではホワイトを超満員にしてたけど、今日は少し客数がさびしかったな・・・
そんなフジも最高だったけど、今日も良かった。
大槻ケンジがPerfumeに触発されて「ディスコ!」って叫んだり、
「通じるかな?自分を信じて言ってみよう!」って言って「高木ー!」って叫ぶと客席から「ブー」っとコール・アンド・レスポンスもバッチリ。
マジ、オーケン、ウケるなぁ。
そして、「今日は海外からゲストを呼んでいる。遠くアフリカから」って言って呼び込まれたのは、芸人の大西ライオン
でて来て例の「心配ないさー!」と歌って「思いっきりPon!」(←日テレの番組の宣伝)と叫んで去ってきました。
ま、ライオンはともかく、筋少楽しかった♪


次は入場規制のかかるほどの大入りの隣のCosmo Stageへ。
TRICERATOPSを途中から観る。
外まで人があふれていたけど、何とか中へ。
その時、和田唱が「シムシム、聴いていてくれ」と言って始まったのはフジファブリックの"陽炎"。
もちろん「シムシム」とは志村正彦のこと。
結果的に志村のラストライブになってしまった先日のtacicaのイベント『三大博物館』(私も行きました)で対バンした際も、その仲の良さが伝わってきましたね。
ちなみに和田は志村本人に"陽炎"が特に好きだと語っていたそうです。
そんな"陽炎"は元々の切ないメロディをトライセラならではの力強いサウンドで奏でられ、かなりグッときました。
そして、感傷に浸ることなく最後の"Groove Walk"まで踊れるロックをかましてくれました。


トライセラ終わりで、ちょっと腹ごしらえ。
ドネルケバブを購入し、食べながらアースへ。

木村カエラを見る。
アースについたら"マスタッシュ"を演奏中。
そこから立て続けに"YELLOW"〜"TREE CLIMBERS"と私の大好きなナンバーを連発。
相変わらずバックのメンバーはドラムのtoeの柏倉をはじめ豪華。
インディーズオールスターズみたいなメンバーでこのロックな曲の連発はやばいね。
しゃべりだすとちょっとぶりっ子なんじゃないかと思うくらいかわいいのに、歌いだすと一気にロックな感じになるんだよなぁ。
あ、「michael jackson」Tシャツがイケてた。
その後も、シングル曲を中心に惜しみなく代表曲を披露。
"Beat"で民生出てこないかなぁって期待したけど、それはかなわずでした。。


最後の"BANZAI"を聴きながらGalaxy Stageへ移動開始。
佐野元春&THE COYOTE BANDを観る。
ちょっと集客はさびしい感じだったけど、おかげでかなり前で観れた。
で、ライブなんだけど、「なんで皆見に来ないの?」っていうくらいかっこよかった。
なんつうか格が違うんだよねぇ。
正直曲はそんなに知らないんだけど、そんなの関係ないって感じ。
"Someday"とかやんなかったけど、全然満足。
歌だけでなくしゃべるだけでその声から音楽が感じられる雰囲気も素敵。
「2010年は景気良くする」と言って、そのためのコールアンドレスポンス。
佐野:「愛する気持ちさえ分け合えれば、I Love You」
客:「You Love Me」
ってのが最高でした。
そして、去っていくときの挨拶が超紳士的でかっこよかった。
気づけば、ギャラクシーステージは人がいっぱいになってた。さすが!


次は、コスモに移動し、avengers in sci-fiを観よう
・・・と思ってステージ入り口に行ったところで先ほど別れた友人を発見し、話してるうちに目の前で入場規制。。

しかたなくアースに行って、ゴスペラーズを観る。
こんな機会でもなければ見ることもなさそうだし。
イベント的にだいぶ浮きまくってたけど、悪くはなかったです。
RCサクセションの名曲"スローバラード"等も披露してました。


次はギャラクシーに移動し坂本龍一
佐野元春に続いて大物第2弾。
ピアノが2台並べてあり、1台は教授が、もう1台は自動演奏。
バックの映像も含め、超良かったんだけど、幕張メッセのオールスタンディングで聴く音楽じゃないかな。
国際フォーラムとかで観たいな。
あ、意外と夜のフジロックで観たら良いかも。


教授を途中で抜け、コスモで阿部真央をチラ観。
カントリーロードで登場。2曲ほど聴いた。
歌いながら「こんばんはー阿部真央です!」って言ってた。


アースでくるりを。
阿部真央を早々に切り上げたのは、なんとなく今日のくるりは最初から飛ばしそうな気がしたから。
そしたら案の定1発目から"ワンダーフォーゲル"。
今回のメンバーは岸田と佐藤の2人と、おなじみ54-71のボボ、キーボードに女性シンガーの世武裕子の布陣。
"ばらの花"では世武裕子のコーラスがいい感じで効いてた。
そして、岸田の「デフレの申し子くるりです」ってMCとともに新曲がコンビニで買えると言う話に。
松任谷由実とコラボしたあの曲の話ですね。
で、「素晴らしいゲストがきてくれて・・・」って言い出したので、どうせ「きてくれてません」って言うかと思ったら、なんとホントにユーミン登場。
まさかの大物第3弾。
そして"シャツを洗えば"を熱唱。
岸田が「みんな、ええもん観たなあ」つってたけど、ほんといいもの見たわ。
てか、1曲だけのためにユーミン出てくるってどんだけ豪華なんじゃい!
その後は"魂のゆくえ"〜"太陽のブルース"という濃密な2曲でシメ。
「えっ?もう終わり?」ってくらい短く感じた。

ちなみに後でいろいろ調べると、岸田は歌いながら泣いていたと言う噂。
"ばらの花"は志村が好きな曲・・・
ダメだ・・・なんか全てに意味を求めてしまう・・・

真意の程は分かりません。


アースからでて、コスモからもれ聞こえる椿屋四重奏を聴きながら友人と軽く腹ごしらえ。
してたら、別の友人と偶然会ったのでそのまま合流し、アースへ。

もちろん、お目当てはUNICORN
私にとっての2009年はユニコーンのためにあったと言っても過言ではないくらい好き。

というわけで、感想は別記事で。

以下、これまでのセットリスト。


2009.12.28 COUNTDOWN JAPAN 09/10 初日@幕張メッセ国際展示場1〜8ホール 後半 Setlist

・筋肉少女帯 Setlist
01. 踊るダメ人間
02. 日本印度化計画
03. ロシアンルーレット・マイライフ
04. 元祖 高木ブー伝説
05. 人間嫌いの歌
06. じーさんはいい塩梅
07. イワンのばか
08. 釈迦

・トライセラトップス Setlist
01. Going To The Moon
02. FUTURE FOLDER
03. 陽炎(フジファブリク cover)
04. 爆音time
05. I GO WILD
06. Groove Walk

・木村カエラ Setlist
01. マスタッシュ
02. YELLOW
03. TREE CLIMBERS
04. Phone
05. Butterfly
06. 新曲
07. Beat
08. Jasper
09. BANZAI

・佐野元春&THE COYOTE BAND Setlist
01. 星の下 路の上
02. 君が気高い孤独なら
03. ヒナギク月に照らされて
04. 裸の瞳
05. 夜空の果てまで
06. 世界は誰のために
07. アンジェリーナ〜メドレー(メンバー紹介)

・ゴスペラーズ Setlist
01. いろは
02. ひとり
03. ミモザ
04. ウィスキーはお好きでしょ
05. スローバラード(RC サクセション cover)
06. 1,2,3 for
07. 永遠に
08. 東京スヰート

・坂本龍一 Setlist
01. Amore
02. 美貌の青空
03. Behind the Mask
04. Happy End
05. Tibetan Dance
06. Thousand Knives
07. Merry Christmas, Mr.Lawrence (戦場のメリークリスマス)

・阿部真央 Setlist
01. ふりぃ
02. 人見知りの唄
03. いつの日も
04. マージナルマン
05. 貴方の恋人になりたいのです
06. I wanna see you

・くるり Setlist
01. ワンダーフォーゲル
02. トレイン・ロック・フェスティバル
03. ベベブ
04. ばらの花
05. シャツを洗えば
06. 魂のゆくえ
07. 太陽のブルース

・椿屋四重奏 Setlist
01. 螺旋階段
02. CRAZY ABOUT YOU
03. 恋わずらい
04. シンデレラ
05. 成れの果て
06. フィナーレ
07. LOVE CREATURES
09. 空中分解
10. 幻惑

【サイト内関連記事】
ユニコーン 川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年@日本武道館 2日目(UNICORN、PUFFY、BLACK BORDERS、くるり) 感想
ハイウェイ(Alternative) / くるり (ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
東京 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
WORLD'S END SUPERNOVA / くるり (THE WORLD IS MINE 収録)
BABY I LOVE YOU / くるり (BABY I LOVE YOU 収録)
ばらの花 / くるり (TEAM ROCK 収録)
虹 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
三日月 / くるり (三日月 収録)
くるり@Zepp Tokyo くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜
J-WAVE PLATOn LIVE(くるり、the pillows、サカナクション)@Zepp Tokyo
リルラ リルハ / 木村カエラ (Circle 収録)
Level 42 / 木村カエラ (KAELA 収録)
BEAT / 木村カエラ (BEAT 収録)
TREE CLIMBERS / 木村カエラ (TREE CLIMBERS 収録)
L.Drunk / 木村カエラ (Scratch 収録)
奥田民生 [email protected] LEAGUE 『TRIPLEHEADER SPECIAL!!!』@Zepp Tokyo (guest:木村カエラ、B-DASH)
【同じカテゴリの最新記事】
・観てないけどセットリストだけ

・UNCHAIN Setlist
00. Movin' my soul(リハ)
01. Quarter(ショートバージョン)
02. Show Me Your Height
03. The World Is Yours(新曲)
04. Train In Vain(The Clash cover)
05. make it glow
06. Gravity

・People In The Box Setlist
01. 月曜日 / 無菌室
02. 水曜日 / 密室
03. 火曜日 / 空室
04. 天使の胃袋(新曲)
05. ペーパートリップ
06. ヨーロッパ

・the band apart Setlist
01. coral reef
02. beautiful vanity
03. I love you Wasted Junks & Greens
04. flower tone
05. shine on me
06. the noise
07. higher
08. quake and brook
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0)  
2009年12月28日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails