<< Trans-Europe Express / Kraftwerk (Trans-Europe Express 収録) home Guns N' Roses@東京ドーム(opening act:ムック) 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. Hard Rock / Heavy Metal
  3. Sweet Child O' Mine / Guns N' Roses (Appetite For Destruction 収録)

 Axl Roseアクセル・ローズ)率いるGuns N' Rosesガンズ・アンド・ローゼズ)の1987年にリリースした記念すべきデビューアルバム『Appetite For Destruction』は、ビルボードアルバムチャートでは182位に初登場し、50週間かけて全米1位(全英5位)まで上り詰め、現在までに米国内で1800万枚、全世界累計2800万枚もの売り上げを記録しているまさにモンスターアルバム。

 そんな作品からの3rdシングルとしてリリースされ、Billboard Hot 100でも見事1位(全英では6位)に輝いたのがこの"Sweet Child O' Mine"です。アクセルの当時の彼女(後に結婚、そして離婚)であるErin Everlyへ捧げられた曲で、歌詞のほうは純粋な気持ちを歌ったラブソングになっており、曲はギタリストのSlashスラッシュ)がテキトーにギターを弾いてるところからインスピレーションを得てアクセルが一気に書き上げたそうです。

 確かに言われてみればものすごく印象的なギターのフレーズであることは間違いないけど、シンプルといえば超シンプルですよね。シンプルなフレーズで歴史に残る曲を残せるのはむしろすごいことですよね。ちなみにこの曲のラジオ局等で流されたEditヴァージョンでは、スラッシュのギターソロがカットされており、それに対してアクセルは「スラッシュのギターこそがこの曲で重要だ」と激怒したそうです。そんなアクセルとスラッシュが袂を分かっている今の状況はかなり悲しいですが…

 "Sweet Child O' Mine"は様々なランキングでも上位に入っています。いくつか以下に示します。
・『Guitar World』 - "100 Greatest Guitar Solos" 37位
・『Blender』 - "500 Greatest Songs Since You Were Born" 3位
・『Rolling Stone』 - "The 500 Greatest Songs of All Time" 196位
・『Rolling Stone』 - "40 Greatest Songs that Changed the World"
・『Q magazine』 - "the 100 Greatest Guitar Tracks" 6位
・『VH1』 - "100 Best Songs of the 80s" 7位
・『BBC』 - "greatest guitar riff ever"

 そんな大ヒット曲を収録した『Appetite For Destruction』の後、『Use Your Illusion I』と『Use Your Illusion II』の2作同時リリースで全米1位・2位を獲得後は、カヴァーアルバムやライブ盤、ベスト盤などはありましたが沈黙。それが昨年、オリジナルとしてはなんと17年ぶりの『Chinese Democracy』(全米3位・全英2位)を発表。

 そして、2002年のサマソニ、2007年には単独と何気に来日はしてますが、『チャイニーズ・デモクラシー』リリース後、初の来日公演が昨日12月16日の京セラドーム大阪よりスタート。今回は、大阪・東京の2公演のみですが…。で、なんと昨日の大阪公演は、機材トラブルによる(ほんとか?)スタートの遅れはあったものの、3時間を超すパフォーマンスでなんと終演したのは日付をまたいだ後だったとのこと。日本に来る直前の韓国や台湾公演よりも断然局数も多かったようで、東京のライブに参戦予定の私は、ちゃんとライブをやるのか(やれるのか?)という不安と、それ以上の期待でいっぱいです。(参考までに先日の大阪公演のセットリストを下のほうに載せておきます)
 


【サイト内関連記事】
SLITHER / VELVET REVOLVER (CONTRABAND 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Sweet Child O' Mine Music Video


・Guns N Roses - Sweet Child O Mine - Live


・Sweet Child O' Mine - Guns N' Roses (Live in Paris)



2009.12.16 Guns N' Roses@京セラドーム大阪 Setlist

01. Chinese Democracy
02. Welcome To The Jungle
03. It's So Easy
04. Mr. Brownstone
05. Shackler's Revenge
06. If the World
07. Richard Fortus Guitar Solo
08. Live And Let Die (Paul McCartney cover)
09. Sorry
10. Rocket Queen
11. Prostitute
12. Dizzy Reed Piano Solo
13. Street Of Dreams
14. Scraped
15. Frank Ferrer Drum Solo
16. You Could Be Mine
17. Axl Rose Piano Solo
18. November Rain
19. I.R.S.
20. DJ Ashba Guitar Solo
21. Sweet Child O' Mine
22. Catcher in the Rye
23. Out Ta Get Me
24. Bumblefoot Guitar Solo
25. Knockin' On Heaven's Door (Bob Dylan cover)
26. Whole Lotta Rosie (AC/DC cover)
27. This I Love
28. Nightrain
---encore---
29. Madagascar
30. Better
31. Sonic Reducer (Dead Boys cover)
32. Patience
33. Paradise City

カテゴリ : Hard Rock / Heavy Metal ・ comments(0)  
2009年12月17日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails