<< 史上最高のギター・リフ TOP50 発表 home Uprising / Muse (THE RESISTANCE 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Punk / Hardcore
  3. Rusted from the Rain / Billy Talent (Billy Talent III 収録)

 カナダ版グラミー賞でもあるJUNO AWARDにて「ベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤー」や「ベスト・バンド・オブ・ザ・イヤー」の受賞歴を誇るカナダの国民的バンドともいっていい4人組、Billy Talentビリー・タレント)が、前身バンドPEZZ時代から数えて4枚目、ビリー・タレントと改名してから3枚目となるアルバム『Billy Talent III』をリリース。プロデュースはBrendan O'Brienブレンダン・オブライエン)。

 この"Rusted from the Rain"はアルバムからの1stシングルで、カナダチャートで9位。European Hot 100 Singlesでは53位を記録。ヴォーカルのベン・コワルヴィックスが語るところによると、歌詞は「結婚の破局」(離婚?)について歌ったものらしい。そしてSoundgardenのようなリフをきっかけにできた曲とのこと。確かに、雰囲気はありますね。てか、声がちょっとクリス・コーネルっぽい瞬間も。パンクを下敷きにしつつも、モダンロックな音も加味されててすごくカッコイイ曲です。

 ほんとアルバムのどの曲もメロが立ってて拳を握り締めて盛り上がれる曲ばかり。特に個人的なお気に入りは"White Sparrows"とかですかね。ちょっとAt The Drive-Inを思い出せてくれます。

 一応メンバー紹介。
Billy Talent are
Benjamin Kowalewicz(ベンジャミン・コワルヴィックス) – lead vocals
Ian D'Sa(イアン・ディーサ) – lead guitar, vocals
Jonathan Gallant(ジョナサン・ギャラント) – bass, backing vocals
Aaron Solowoniuk(アーロン・ソロウォニアク) – drums, percussion

 このメンバーで1993年にカナダはオンタリオ州、ミシサガで結成。当初PEZZと名乗って活動し1stアルバム『WATOOSH!』をリリース後、2001年、アメリカに既に同名のバンドが存在していることが判明。バンド名をBILLY TALENTへと改名(マイケル・ターナーによる『HARD CORE LOGO』という小説に出てくるギタリストの名前からとったらしい)、そこで発表した『BILLY TALENT』で一気にブレイク。『BILLY TALENT 』で更なる飛躍を遂げ、今作『BILLY TALENT 』にいたる、という感じ。

 ちなみにこのアルバムは、カナダでは当然のようにNo.1を記録したほか、ドイツとオーストリアでは2位、フィンランドとスイスでは3位とヨーロッパでもヒット。イギリスでも35位。残すは、日本とアメリカ(ちなみに107位)くらいじゃないでしょうか。


・Billy Talentの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Billy Talent

【同じカテゴリの最新記事】
・Billy Talent Rusted from the Rain Official Video


・Billy Talent - Rusted from the rain (Live Rock am Ring 2009)


・White Sparrows - Billy Talent with lyrics
カテゴリ : Punk / Hardcore ・ comments(0)  
2009年12月02日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails